肩こり・腰痛・産後骨盤矯正のことなら

旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス

 0166-32-6779

営業時間 10:00~19:00(最終受付18:00)
定休日  日曜・祝祭日

腰痛

腰痛の原因について

  1. HOME >
  2. 腰痛 >

腰痛の原因について

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。

厚生労働省国民生活調査の症状別統計では、一生のうちで腰痛にかかる確率は60~80%とも言われております。

また、腰痛を訴える割合は男性で1位、女性では2位で、肩こりや関節痛と並んで多くの人が腰痛の症状で悩んでおられます。

そんな腰痛ですがアメリカ政府発行の「腰痛ガイドライン」によると腰痛に対するカイロプラクティックの施術が非常に有効だということが発表されており、諸外国でも腰痛時にはカイロプラクティックの施術を受ける方が多数います。

 

腰痛の原因は1つではございません

腰痛の多くは背骨・骨盤の歪み・筋肉の萎縮や柔軟性の低下などが関係しており、重度の腰痛症ではぎっくり腰を境に慢性化した腰痛や中には腰椎椎間板ヘルニア等になる方も沢山います。

また、心因性腰痛というのもここ最近の研究ではっきりとした見解がなされてきています。

心因性腰痛

医療機関などで原因がはっきりとしない腰痛は今まで「腰痛症」という診断名が付けられていましたが、研究が進み原因が特にハッキリとしない腰痛や長引くような腰痛の背景には心の問題(心因性の腰痛)が関わっていることが分かってきました。

しかし、慢性的に腰痛に悩まされていながら、病院などでは異常が見つからない場合が多いのが現状ですよね。

その様な病院では原因が見つからない時に起こる腰痛の中に、ストレスを感じたときや疲れたときに腰痛がひどくなる、又はその日によって痛み方が違うなどの場合は、心因性の腰痛の可能性もございますので覚えておくと良いかも知れません。

ストレスが無い人はいないですよね

昨今の生活環境において職場での人間関係や家庭での不安など多数存在するかと思います。先ほどもお伝えいたしましたが、それらのストレスが腰痛を引き起こしている場合がございます。

ですから、ストレス性の腰痛(心因性腰痛)の場合には整体やカイロプラクティックといった施術を受けてもそのストレスを解決しない限り腰痛も改善しない場合がございます。

もちろん、心因性腰痛の場合でもしっかりと施術前のカウンセリングで原因を探しだしますので、それに対応した施術を行いますのでご安心してヨシダカイロプラクティックオフィスにお越しください。

まぁ時には物事を前向きに考え悩まないことで腰痛が解消する場合がございますがね・・・

 

侮るな腰痛 腰痛の種類は沢山あります

腰痛にも様々な種類がある

腰痛を引き起こす原因には様々な要因がございます

 

当院に来られる方でも特に多い症状が、慢性的に腰などに違和感を訴える慢性腰痛持ちの方です。

慢性腰痛とは常に腰が痛い・腰が張る・腰に重さを感じるなどの症状のことを指します。

慢性的な腰痛持ちの方の中には我慢をし過ぎたことにより、腰痛が悪化し足のシビレ感やだるさを伴う場合もございます。

この様に足のシビレなど伴うようになると、腰痛の改善はかなりの時間を要しますのでなるべく早めにお越しくださるようにしてください。

我慢をすればするだけ改善するのにも時間がかかりますよ。

また腰痛といっても様々な症状があり、手術が必要なくらい酷い症状の腰痛や普段から重ダルい様な感じの腰痛など・・・

そこで腰痛にはどのような種類があるかをお話していきたいかと思います。

 

腰椎の捻挫による腰痛!!これが「ぎっくり腰」です

一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれている腰痛の症状です。

外国などでは「魔女の一撃」などと呼ばれるほど激痛が走り身動きが出来なくなります。

ぎっくり腰になる原因は様々ですが、急に重いものを持ち上げたり・身体を強く捻ったりとした時に、腰椎や骨盤をつなぐ関節に付く靭帯が伸びて炎症を起こして発症することがあります。

この際には腰周辺の筋肉が非常に強く緊張してしまうことで動けなくなるほどの強い痛みが出てきます。

時として急な動きだけではなく日頃の疲労が溜まったことで特にこれといったきっかけもなく発症する場合もあります。

また、時間と共に症状が悪化する場合もあり、朝に腰に違和感がありそのまま仕事を続けていたら夕方には動けなくなったなどといった場合もあるので腰に違和感を感じたら注意が必要です。

ギックリ腰についてコチラで詳しく説明していますので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ストレスが原因で腰痛を長引かせる(心因性腰痛)

ストレス性腰痛
先程も少しお話いたしましたが、意外に知られていませんがストレスと腰痛には深い関係があります。

ここ最近では日本腰痛学会でもなかなか完治しない腰痛は、実はストレスが原因だったと発表するぐらいですから・・・

現代社会においてストレスを感じないで普段の生活を送ることは中々難しいことですが、ストレスを上手く発散させる事が腰痛改善の近道になり得ることもあるということを頭の隅においておくことも大事なのです。

詳しくはストレスと腰痛についてをご覧になってください。

 

不良姿勢が原因で腰に負担がかかり腰痛を引き起こす

仕事環境の変化により、現代人の多くはデスクワークが大変多くなってきています。

一見、座っていると腰には負担が掛からないかと思いがちですが、この座る姿勢が意外にも腰に負担が掛かるのです。

また、朝出勤し筋肉に疲労が無い状態で座っている時は姿勢を保つ事が容易ですが、普段の運動不足から姿勢を保つ筋肉などが弱ってきており長時間姿勢を保つ事が出来ない為、気が付くと椅子に浅く腰をかけ背中は丸まった状態で背もたれによりかかっていませんか?

この姿勢こそがあなたの腰痛を引き起こす原因となる不良姿勢です。

この不良姿勢の状態で長時間いると、腰の筋肉が血行不良を起こして硬くなり、腰椎の歪み・骨盤の歪みを起こしてしまいます。

この不良姿勢による腰痛は慢性的に重ダルイといった症状を訴える方が多いですが、姿勢を改善することにより腰痛も軽減されやすい傾向があります。

スポンサーリンク

運動不足が原因で腰痛を引き起こす

今では一家に一台ある車ですが、車社会が原因で私たちは普段から運動不足になりがちです。

ちょっとそこまで買い物に行こうと思っても、歩くわけでは無く移動の手段はもっぱら車だという方が非常に増えています。

なので、普段から「歩く」という行動が極端に減ってきていますし、自分の健康を意識し「ランニング」をされるという様な方も少ないのが現状かと思います。

また日常では仕事が忙しくてどうしても休みの日などは家でゴロゴロとしてしまいがちになり、自分から運動をされる方も少ないかと思います。

この様に普段から身体を動かす習慣がない様な方は、各関節や筋肉といった身体を動かす際に必要な箇所の可動域が減ったりしますし身体を動かさないので身体の血流などが悪くなる傾向があります。

また普段から歩かない様な方は、下半身の筋肉の柔軟性が低下してきたり筋力が落ちてくることにより腰痛が起こりやすくなります。

例えば、足のもも裏の筋肉(ハムストリング)が硬くなると、床に落ちた物を拾おうとした際に筋肉の柔軟性が無い為一普一般の方に比べると余計に腰に負担が掛かります。

また階段など普段使わない様な方は、足の上げ下げに使う筋肉(腸腰筋)などの筋力低下がみられ腰が反り過ぎになり(骨盤の過前湾)腰痛などを引き起こしやすくなります。

 

骨盤・腰椎・股関節の歪みや可動域に問題があることでの腰痛

骨盤や腰椎・股関節などに歪みが起こったり、関節の可動域の減少が原因で起こる腰痛です。

怪我などの直接的な原因がある場合もありますが、多くは直接的な原因はなく身体を支えている腰周りの関節の動きが悪くなっていたり筋肉や靭帯が緊張し体重のバランスが崩れることで筋肉のアンバランスが生じて腰に痛みを引き起こしています。

この様な方の場合には、先ずはストレッチなどで関節の可動域を十分確保する様にしないといくら腰周辺の筋肉をほぐして直ぐ腰が痛くなります。

またストレッチをする際にも前後左右動かしずらい向きなどがあるので、動かしにくい方向を重点的にストレッチをすると良いでしょう。

そしてストレッチにより各関節の可動域が正常になれば、身体にかかっていた負担も減るので徐々に腰痛などの症状も軽減してくるかと思われます。

ストレッチについてはコチラで様々なストレッチをご紹介していますので是非ご覧ください

 

腰椎椎間板ヘルニア(椎間板障害)による腰痛

腰椎椎間板ヘルニア

よく聞く腰痛の種類で「ヘルニア」という症状がありますよね。

本来であれば腰痛の場合のですと「腰椎椎間板ヘルニア」と呼ばれ、手先などが痺れるような頸椎に原因がある場合には「頸椎椎間板ヘルニア」という病名が付けられてます。

また、椎間板とは背骨の骨と骨の間にあるゼラチン状の髄核とコラーゲンを含む繊維輪から出来ていて、歩く時やジャンプする時など背骨(推骨)にかかる衝撃を和らげる働きを持っています。

「椎間板ヘルニア」とは、この椎間板の中にあるゼラチン状の髄核が繊維輪を破り外に飛び出し神経を圧迫したりする症状です。

 

以前ですと「椎間板ヘルニア」の症状を発症すると即手術だと言われていましたが、近年は医療が発展したことにより椎間板ヘルニアは手術をすることなく完治すると言われる様になりました。

また、最近では椎間板ヘルニアで手術を要するような患者は全体の数%と言われており、逆に手術をすることの方が少なくなった症状です。※手術が必要か不必要かは医師の判断によるものなので自分で安易に不必要だとは断定しない様にしましょう。

そして椎間板ヘルニアの症状ですが、症状が軽い場合には足先の痺れやツッパリ感を感じたり「咳やくしゃみ」「トイレで力む時」など腰に痛みを伴います。

また症状が酷くなると私も経験をしていますが、足に力が入らなくなり歩行が困難になったりします。

ここまで来ると流石に入院などをしなくてはいけなくなるので症状が軽いうちに腰痛を改善するようにしましょう。

 

腰痛をいつまでも我慢しないでヨシダカイロプラクティックまでご相談を

腰痛などの症状になる原因は様々ですが、腰の痛みなどをいつまでも我慢しないで少しでも早くカイロプラクティックの施術でその痛みを解消致しましょう。

また年齢的に若い方の場合には腰痛などの症状がでても2~3日ほど身体を休めれば腰痛は改善される方が多いですが、歳を重ねるにつれ以前は改善した様な症状でもなかなか改善しないで更にツラい症状を引き起こす場合もございます。

その様にいつまでも我慢をし続けると直ぐに改善する腰痛でも中々改善しづらくなることもございますので、「あれっ?腰の調子がおかしいなぁ」って思ったら直ぐにでも旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスまでご相談をください。

症状が軽い方が改善までにかかる時間も短く済みますよ

 

旭川市近郊で腰痛のことならヨシダカイロプラクティックオフィスまでご相談を

腰痛のことなら

 

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

お勧め記事(一部広告含む)

-腰痛
-,

Copyright© 旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2019 All Rights Reserved.