前屈したり反ったりした時の腰痛の原因と予防について

腰痛の男性

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックです。

腰痛と一言で言っても様々な種類の腰痛がございます。

例えば前屈した際に腰が痛い腰を反ると痛くなるなど、どの様な行動をとると痛みが出るのかによって整体院での施術内容が変わってきます。

そこで前屈した際に痛みが出るタイプの腰痛と反った時に痛みが出るタイプの腰痛についてお話させていただきます。

 

前屈をすると腰に痛みが伴う「前屈腰痛」

下に落ちた物を拾おうとした時など前屈をした際に腰に痛みを伴う腰痛のことを「前屈腰痛」と呼びます。

この前屈腰痛の特徴は背骨の骨と骨(詳しくは椎体)の間にある椎間板などに問題があり痛みを伴います。

この前屈腰痛は日常的に腰へ負担を掛けている様な方がなりやすく、腰痛全体の6割以上を占めています。

 

前屈腰痛になりやすい職業

デスクワーク

前屈腰痛になりやすい方の職業は、デスクワークや運転手など日常的に座って仕事をされる方がなりやすい傾向があります。

また重たい物を運ぶ運送屋さんや土建屋さんも常に腰へ負担を掛けているのでなりやすいです。

重たい物を持ったりする仕事であれば腰へ負担がかかるのは理解しやすいですが、日常的に座っている仕事も腰への負担が掛かるってのは実は余り知られていない事実ですよね。

実は立っている時より座っている時の方が腰への負担が増加するんですよね。

例えば休日など1日中ソファーに座ってダラダラしていると、腰が痛くなったという経験はございませんか?

これって身体を動かさないでずっと座っていることで腰に負担がかかり腰が痛くなる典型的な行動なんですよね。

 

前屈腰痛を改善するには

前屈腰痛になる1番の原因は日常的に腰へ負担が掛かることです。

ですので先ずは日常生活の中で腰への負担を減らしてあげることが1番大事になってきます。

この日常生活の中で腰へ負担を掛ける行動といえば、やはり普段の姿勢などが大きく影響しております。

ですので先ずは普段から姿勢が悪いという方は自分の姿勢を正すようにすることが大事になります。

また普段から運動不足だという方は、よい姿勢を保つための筋肉が弱くなっていることが多々あります。

ですので運動不足気味の方はよい姿勢を保てれるようにするためにも日常駅に運動をする習慣を身に付けましょう。

またよく姿勢が悪いのは背筋が弱いからだと言われますが、姿勢を保つには背筋を鍛えるよりも体幹を鍛える様なエクササイズを行った方が効果的です。

 

前屈腰痛に効果的な壁ペタ背中反らしストレッチを

前屈腰痛に最適なストレッチは「壁ペタ背中反らし」です。

この「壁ペタ背中反らし」を考案された佐藤 義人さんは、2019年ラグビーワールドカップの日本代表の帯同トレーナーをされている方です。

テレビや雑誌などでもご紹介されているのでご存知の方も多いかと思います。

前屈腰痛の方はこの佐藤さんが考案した「壁ペタ背中反らし」を是非実践してみてください。

一応「壁ペタ背中反らし」の方法もご紹介しておきますね

step
1
壁の前に立ち足を肩幅に広げて立ちます。


step
2
両腕を上に伸ばし、手の平・胸・足のつま先を壁に付ける


step
3
壁から胸が離れない様に腰を落としていく

たったこれだけのストレッチですが、普段から姿勢が悪いという方は初めは中々腰を落としていくという動作が出来ないと思います。

詳しくご覧になりたい方は取れない疲れが一瞬で消える 神ストレッチを購入してくださいね。


取れない疲れが一瞬で消える 神ストレッチ

 

腰を反ると腰が痛くなる後屈腰痛

先程の前屈すると講師が痛くなる腰痛とは逆に腰を反ると痛くなる腰痛のことを「後屈腰痛」と呼びます

後屈腰痛は若年層に比べるとある程度年齢を重ねた方に多く出る症状になります。

この腰を反らした時に痛みが出る腰痛は、脊柱管狭窄症や骨の変形による変形性腰痛症の方に出やすい症状です。

この後屈腰痛は椎間板や機能低下や神経の圧迫が原因と考えられます。

 

後屈腰痛を改善するには

後屈腰痛を改善するには、椎間板の機能改善や神経の圧迫の低減を図ることが大事になります。

なかなかセルフケアで椎間板の機能改善や神経の圧迫を取り除くことは難しいので、腰を反らした際に痛みを伴う腰痛の場合は我々整体院などで施術をしてもらうのをおすすめします。

また神経の圧迫などが酷くなり過ぎると手術をしなければ腰痛が改善しない場合もございますので、後屈腰痛はいつまでも我慢をしないで早めに対処するようにしましょう。

 

後屈腰痛改善におすすめな「ゆりかご運動」

ゆりかご運動

腰を反ったりした際に腰に痛みが出るタイプの腰痛の場合は、腰を丸めてあげる「ゆりかご運動」がおすすめです。

この「ゆりかご運動」は仰向けに寝て自分の両膝を抱え前後に揺れるだけです。

この腰を丸めるのが困難な方は、お尻の下にクッションなどを入れて両膝を抱えるようにすると無理なく行えるかと思います。

この運動をして痛みが出るようでしたら無理をせず中止するようにして下さいね。無理は禁物ですよね

 

旭川市で腰の痛みでお困りならヨシダカイロへご相談を

この様に前屈した時と腰を反らした時の腰の痛みにも原因が異なります。

一言で腰痛といっても様々な原因があるので、腰が痛いなぁって思ったら直ぐにでも旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックにご相談をください。

当院ではその腰痛の症状にあった最適な施術を行うよう努めており、ご来院される方が少しでも早く腰痛などの症状が和らぐことを目指しています。

ですので腰の痛みなどでお困りなら是非旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックにご相談を!

腰痛については旭川市の整体|辛い腰痛や重だるい腰の痛みのことならにて詳しく説明しております

腰を痛めた女性
参考旭川市の腰痛整体 腰痛のことならヨシダカイロプラクティックにご相談を

旭川市内に限らず旭川近郊の方で腰痛などで日々辛い症状でお困りなら、旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックにご相談ください。 当院での腰痛の施術は痛みを発している箇所の筋肉の凝りをほぐし、各関節の可動 ...

続きを見る

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車場に関しては、アクセスについてをご覧ください。

 

お勧め記事(一部広告含む)

-腰痛
-, , ,