帝王切開後の産後の骨盤矯正は必要なの?

2019年8月26日

帝王切開でも骨盤矯正って必要なの?

 

 

お陰様で当院へ産後の骨盤矯正の施術を受けに来られる方が年々増えてきておりますが、予約時の電話で聞かれることがございます。

産後のママさん
帝王切開分娩でしたが産後の骨盤矯正って必要ですか?

一見すると帝王切開だと胎児は産道を通らないので骨盤は広がらないだろうと思いがちですが、実は普通分娩でも帝王切開でも出産時の骨盤はホルモンの影響などで広がります。

ですので帝王切開で出産をされた方も産後は骨盤を整えるためにも骨盤矯正の整体をお受けになるのをおすすめ致します。

 

帝王切開にて出産された方も産後の骨盤矯正は必要です

もう既に答えを言ってしまいましたが、帝王切開で出産されても骨盤は歪みます。

なので産後には骨盤矯正を行うのをおすすめしておりますが、もう少し詳しく帝王切開での出産でも骨盤矯正を行った方がいいのかを説明させていただきます。

 

帝王切開分娩でもホルモンの影響で骨盤は広がります

まず妊娠することにより胎児が産道を通りやすくするためにリラキシンというホルモンが分泌されます。

リラキシンは妊娠後期から分泌され出産時の子宮頸管拡張の役割を持ち、骨盤周辺の関節や靭帯などを緩ませます。

ですので自然分娩でも帝王切開分娩でもホルモンの影響により骨盤は広がってしまうのです。

特に骨盤周辺の関節が緩みがちになるので、妊婦さんや産後は身体の土台が不安定な状態のため腰痛などになりやすくなるのです。

 

リラキシンに関しては出産の準備で分泌されるホルモン「リラキシン」にて詳しく説明していますので気になる方はコチラをご覧ください

ホルモン
出産の準備で分泌されるホルモン「リラキシン」

妊娠をすると女性の身体は様々な変化が現れます。 その一つに妊娠してから20週目くらいから出産を助ける為に「リラキシン」というホルモンが分泌され始めます。 このリラキシンは分娩には必要不可欠なホルモンで ...

続きを見る

 

産後の骨盤が歪むのは胎児が産道を通るからだけではありません

骨盤が歪むのは胎児が産道を通るからだけでは無い

一般的に産後に骨盤が歪むのは胎児が産道を通るからだという認識がございますが、実は胎児が産道を通る以外にも骨盤が歪む原因はいくつもございます。

それが先ほどもお伝えしておりますが、出産の準備の為に分泌されるリラキシンなどによる影響です。

このリラキシンというホルモンは胎児が産道を通りやすくするために靭帯を緩めますが、靭帯が緩むことにより各関節はグラグラの状態になりそれで日常生活を送ることにより身体が不安定になるので身体の歪みを誘発します。

特に身体の中心に位置する骨盤は身体の歪みをモロに受けるので特に骨盤は歪みががちになります。

なので帝王切開で出産をされたとしても産後に骨盤を整えることが大事になってくるのです。

 

自然分娩でも帝王切開でもリラキシンは分泌され続ける

妊娠することで約35週くらいからリラキシンは出産の準備のため分泌され始めます。

そしてリラキシンは産後徐々に分泌されなくはなりますが、自然分娩を選択しても帝王切開を選択してもこのリラキシンというホルモンは分泌は変わりません。

ですから自然分娩でも帝王切開でも骨盤を整えることが必要となるのです。

スポンサーリンク

 

帝王切開分娩後の骨盤矯正における注意点とは

ところで自然分娩と帝王切開分娩での出産では骨盤を整える施術自体に違いがあるのか心配になられる方もいるかと思うので少し説明させていただきますね。

まず基本的な施術自体には違いはございませんが、帝王切開での分娩の場合は必ずお腹の傷が癒えてから行うようにしましょう。

産後の骨盤矯正の施術ではうつ伏せの状態で施術を行うので、傷が癒えていないママさんが施術を受けられると傷が痛む場合がございます。

ですから当院では帝王切開で出産をされた方の骨盤矯正の施術は必ず産後2ヶ月を経過された方のみご予約を承らさせていただいております。

実家などに里帰りをして出産をされるという方は時間が無いかと思いますが、身体のことを考えるとやはり最低2ヶ月を経過された方のみ骨盤矯正の施術をさせていただいておりますのでご了承願います。

 

帝王切開で出産をされた方には特にエクササイズの指導も行います

産後のエクササイズ

そして自然分娩と帝王切開分娩での産後の骨盤矯正の整体で大きな違いは、産後エクササイズを必ずご提案させていただくことです。

帝王切開での出産をするということはお腹の筋肉を切断するので、術後はどうしても上手に腹圧をかけることが出来なくなります。

そして腹圧を上手くコントロールできないと産後に腰痛などを発症しやすくなるので、帝王切開で出産をされた方は特に産後のエクササイズもご指導させてただいております。

もちろん自然分娩でのママさんも産後のエクササイズは行った方が良いのは言うまでもありませんがね!

 

帝王切開分娩でも産後の骨盤ベルトは使った方がいいです

それと帝王切開にて出産をされた方も出来ることなら産後の骨盤ベルトの着用をおすすめします。

先ほどもお伝えいたしましたが、通常分娩でも帝王切開でも妊娠中に分泌されるうホルモンの影響にて骨盤周辺の関節(靭帯など)はグラグラな状態です。

骨盤がグラグラな状態で大変な育児を行うと、出産で歪んだ骨盤は更に歪みやすくなり身体にも悪影響を及ぼします。

そこで少しでも骨盤の安定を図る為にも、骨盤ベルトの付ける様にしましょうね。

また帝王切開にて出産をされた方の場合には骨盤ベルトのベルトは少し太めのベルトのモノを使用すると良いでしょう。

一般的な骨盤ベルトの太さですと少し細すぎて帝王切開にて出来た傷にベルトが当たり痛い場合がございます。

ですので骨盤ベルトを購入される際には、若干ベルトが太いモノを購入するようにしましょうね。

 

帝王切開での分娩が増えてきている

ちなみになんですが近年では帝王切開で出産をされる方が増えてきているようですね。

少し古いデータになりますが厚労省のデータではこの様な結果となっています。

 

 

今から約30年ほど前の1984年度では帝王切開での出産率は僅か10%ほどしかいませんでしたが、2008年には約24%ほどに上昇しています。

当院へ産後の骨盤矯正の施術を受けに来られる方の中にも帝王切開だという方が増えてきていると感じていましたが、この様にデータで見ると帝王切開率は上がっているんですね。

 

旭川市で産後の骨盤矯正を受けるならヨシダカイロプラクティックにご相談を

帝王切開分娩で出産をされた方も産後に骨盤を整えることが必要だということを分かっていただけたでしょうか?

今まで帝王切開分娩だったから骨盤矯正が必要では無いと思われていた方もこの機会に骨盤矯正を受けてみてはいかがですか?

当院では帝王切開分娩で出産された方の場合、産後2ヶ月を目処にご予約を承っております。

また「産後の骨盤矯正は産後6カ月まで」とよく言われますが、当院では6ヵ月過ぎた方でも骨盤を整える整体に自信を持っております。

ですので旭川市で産後の骨盤矯正のご予約ならヨシダカイロプラクティックにお任せください。

産後の骨盤矯正の必要性
産後に行う骨盤矯正について

産後に骨盤を整えるためには、まずは次の挙げる3つのことを実施するようにいたしましょう。 ポイント 産後は骨盤の専門家のところに行き、骨盤矯正などで骨盤を整える ご自宅で骨盤を正常な位置に戻してくれる産 ...

続きを見る

産後の骨盤矯正のことなら旭川市の整体院ヨシダカイロまで
旭川市|産後整体 産後の骨盤矯正のことなら

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティック」です。 旭川市内のママさんに限らず、出産をされた新米ママさんの生活って赤ちゃんが中心の生活になりがちになりますよね。 そして生まれたばかりの赤ちゃんの世話( ...

続きを見る

骨盤矯正はいつまで
産後の骨盤矯正は産後6ヵ月を過ぎても大丈夫ですよ

旭川市で肩こり・腰痛などの整体の他に産後の骨盤矯正なども行っている旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。 お陰様で当院へ産後の骨盤矯正へお越しになられる方は年々増えておりますが、お ...

続きを見る

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

-骨盤矯正
-,

© 2020 ヨシダカイロプラクティックオフィス