腰痛とマットレスとの関係|その腰痛の原因はマットレスかも

仰向けで寝てする首のストレッチ

十分な睡眠をとっているにも関わらず、朝起きると腰が痛いや重だるいといった症状を訴える方って多いですよね 。

本来睡眠とは身体や脳の疲れを取る為に行う行動なのに、寝ても寝ても朝起きると腰が痛いという方は寝具が原因が隠されているかも知れません。

実際に普段から朝起きると腰が痛いと訴えている方の中には、マットレスを変えるだけで今まで訴えていた腰痛が改善したという方がたくさんいます。

ですので朝起きた時に腰が痛いという方は、普段使われているマットレスを変えてみてはいかがでしょうか?

 

朝起きた時に腰が痛い原因はマットレスにあった

本来睡眠時とは身体も脳も一番リラックスしている状態で、身体や脳の疲れを取る時間帯です。

そして最近の寝具(マットレス)は睡眠導入時の寝心地を重視するため、フカフカで柔らかい寝具(マットレス)などに人気が集まりました。

しかしフカフカの柔らかい寝具(マットレス)を使うことで、睡眠時の寝姿勢はマットレスに身体が沈み込み腰などに負担がかかり腰などを痛めやすくしてしまいます。

柔らかい寝具(マットレス)

身体が寝具(マットレス)に沈み込んだままの状態で寝ていると、本来リラックスしているはずの身体はリラックスできない状態で腰などへ負担を掛けてしまいます。

そして長い期間この様な状態でいつも寝ていれば必然的に腰へ負担が蓄積され、やがて朝起きるといつも腰が痛いなどの症状を引き起こします。

また、柔らかく沈み込む寝具で寝ていると首(頸椎)などに負担がかかりやすくなります。これにより朝起きたら肩こりが気になると言った状況が起こります。

スポンサーリンク

柔らかい寝具(マットレス)はどのように身体が沈み込むのか

寝ている時かかる比重

寝ている時に寝具(マットレス)にかかる比率は頭部が8%・胸部に33%・腰部は44%・下肢部が15%と言われております。

この様に腰部付近が特に沈み込みやすく、柔らかい寝具では顕著に現れます。

またこの様な姿勢は立っている時に猫背と呼ばれる姿勢と類似しており、腰痛などの原因になり得ます。

ですのでこの様に腰部が沈み込む柔らかめの寝具を普段から使っている方は、朝起きた時に腰痛などを訴えやすくなるのです。

 

腰痛予防が期待できる寝姿勢とは

腰痛予防が期待できる寝姿勢

朝起きた時に腰が痛くならない様な寝姿勢は、実は立っているときの良い姿勢と同じ姿勢でいられるかが大事になります。

例えば良い姿勢とは、壁などに頭・背中・お尻・足のかかとを付けて立った時の姿勢です。

この時の姿勢がツラいという方は猫背の恐れがありますが本来であればこの姿勢が良い姿勢となります。※詳しくは≫立っている時の姿勢を改善して肩こり腰痛を予防しようをご覧ください。

そして、この良い姿勢の状態で寝姿勢を作るのが理想とされる寝姿勢となります。

また、横向きに寝る方やうつ伏せになって寝る方もいますが、やはり1番身体に負担のかからない寝方が仰向けの状態になります。※腰痛時の場合は横向きになった方が身体に良い場合もあります。

 

寝具選びはとっても大事!!

腰痛マットレス

みなさんの枕やマットレスなど、何年前に購入されたものですか?

毎日毎日使う枕やマットレス、長年使えばそれ相応に下手って来ますよ!!

出来れば枕で3年 マットレスで6年ほど使えば新しい物に交換した方が身体には良いです。

肩こりや腰痛が酷くて、これから新しい枕やマットレスのご購入を検討されている方でどんなのいいのか迷っているのであれば、出来れば固めのマットレスを購入された方がいいです。

フカフカの枕や布団って寝ていると気持ちが良いですが、その気持ちが良いと引き換えに、あなたは肩こりや腰痛といった身体の不調を自ら作り出そうとしているのです。

私も以前はやってしまっていましたが、ソファーで寝てしまうことってありがちですよね。

しかし、必ずといっていいほど起きると「首や肩が痛い」や「腰が痛い」ってことになりますよね。

それと同じように、柔らかすぎるマットレスで普段から寝ていると肩こり腰痛といった症状の原因になります。

また、よく「枕の高さはどのくらいがいいのか?」って質問されますが、寝ている姿勢(実際に布団の上に寝ると、体の重さで布団が多少沈みこむ)で自分の人差し指位の高さが有れば肩こりを予防するのに適しているといわれます

柔らか過ぎると寝ている姿勢で枕が沈み込み過ぎ首の後ろ側が常に伸ばされている状態になり肩こりを起こしてしまうのです

そこでこちらで、身体の歪みや肩こり腰痛を予防するカイロプラクターおすすめの高反発マットレスのご紹介をしています。

気になる方はご覧になってください。

 

旭川市で腰痛のことならヨシダカイロプラクティックへご相談を

この様に朝起きた時に腰が痛くなる原因の1つには、柔らかすぎるマットレスなども原因があります。

ですので日頃使われているマットレスが柔らか過ぎる物をお使い方は、是非1度寝具の見直しを検討してみてください。

そして普段から腰が痛いという腰痛持ちの方は、いつまでも我慢をしないで旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックへご相談をください。

当院では慢性的な腰痛から急に痛みを伴うぎっくり腰などにも対応しております。

腰痛について詳しくは旭川市で腰痛のことならヨシダカイロプラクティックをご覧ください

ぎっくり腰
参考旭川市内で急にぎっくり腰になったら直ぐにご連絡を

くしゃみをしたり床に落ちた物を拾おうとした時に、急に「腰に痛みが走った」や「腰を伸ばすことが出来なくなる」といった症状を経験された方は多いかと思います。 この何かの拍子に急に腰に痛みを訴える症状のこと ...

続きを見る

腰を痛めた女性
参考旭川市の整体|辛い腰痛や重だるい腰の痛みのことなら

旭川市内に限らず旭川近郊の方で腰の痛みで日々ツラいおもいをされているのなら、旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスにご相談ください。 ヨシダカイロプラクティックオフィスでは腰痛時には腰周辺の ...

続きを見る

 

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車場に関しては、アクセスについてをご覧ください。

 

-腰痛

© 2020 ヨシダカイロプラクティックオフィス