腰痛

腰痛予防!高反発マットレスで腰への負担を軽減し朝起きた時に腰が痛くならない様にする

  1. HOME >
  2. 腰痛 >

腰痛予防!高反発マットレスで腰への負担を軽減し朝起きた時に腰が痛くならない様にする

慢性的に腰が痛いという方の中には、普段から使用している寝具(マットレス)に原因が隠れていることがあります。

腰痛予防に最適な寝具(マットレス)はある程度の硬さがあり身体が沈み込まないことが大事になります。

しかし数年前までは低反発マットレスを使っている方が多く、今現在もそれら身体が沈み込むマットレスを使用しているといつまで経っても腰痛の改善は見込めません!!

そこで本当に腰痛の予防に最適な寝具(マットレス)についてお話させていただきます。

 

朝起きて腰痛を訴えるのは本来ありえないことです

私たちカイロプラクティックの施術には肩こりや腰痛などの軽減に効果が期待できることはみなさんもご存知かと思いますが、いくら施術で肩こりや腰痛が改善したとしても普段の生活環境が悪いとまた肩こりや腰痛を引き起こします。

例えば、朝起きたときに肩や腰などに違和感や痛みがあるという方は非常に多いのではないでしょうか?

しかせ一体なぜ本来であれば身体の疲れを取るために行う睡眠時に腰などが痛くなるのでしょうか?

その答えは非常に簡単で普段使用している寝具(マットレス)に問題があるからです。

ここ最近では睡眠中に起こる腰痛予防に寝具(マットレス)が非常に大事だということも大分理解されるようになり、腰痛予防のために『体圧分散タイプ』や『高反発タイプ』の寝具を使う方が増えてきているのでよい傾向かと思います。

しかしこの『体圧分散タイプ』や『高反発タイプ』の寝具が腰痛予防に最適だということはなんとなく分かっていても、実際には「なぜ腰痛予防にいいのか?」など理解されている方が少ないのが現状です。

そこで腰痛予防に最適な高反発タイプの寝具について詳しく説明をさせていただきますね。

 

オリンピックで注目度が増した高反発マットレス

オリンピック選手も使用する高反発マットレス

数年前のオリンピックの時期にオリンピックに出る選手などが身体の疲れをとってくれる高反発マットレスをオリンピック会場に持ち込んだということで、高反発マットレスも若干ではありますが注目を浴びた時期がありました。

特にスポーツ選手は身体の疲れがそのままパフォーマンスにも影響を及ぼすので、少しでも身体の疲れを取ってくれるこれら寝具って非常に大事なツールになります。

しかしこの当時はまだ高反発マットレスを販売しているメーカーの数も少なく、マットレスとしてはかなり高額な商品だったためスポーツ選手以外にはなかなか普及していなかったのが現状でした。

スポンサーリンク

手頃な価格設定になり一般の方でも高反発マットレスを利用される方が増えてきた

もともとスポーツの世界では比較的認知度があった高反発マットレスですが、オリンピックの影響で一気に人気がでると各メーカーがこぞって販売するようになりました。

そのおかげで高反発マットレスは以前に比べると購入代金は一気に下がり、健康を意識している方などにも徐々に普及するようになりました。

特に睡眠時に身体がマットレスに沈み込まないので、「睡眠の質をあげる働き」や「腰痛の予防」になるなどの口コミにより一気にスポーツ選手以外にも普及するようになりました。

 

高反発マットレスは昔から販売はされていました

腰痛予防に最適な高反発マットレスは昔から販売されていた

ここ数年で高反発マットレスの認知度はかなり上がりましたが、実は高反発マットレスは30年以上前から販売はされていました。

その商品は当院でもお取り扱いはしておりますが、本音を言ってしまうと大変高額なモノでおいそれと購入を勧める商品ではなく、本当にご自身の身体のことを考えている方が自分から使用したいと言ってきた場合のみ販売をしておりました。

しかし、時代の流れと申しますか当院で扱っている高反発マットレスの価格の半値以下で購入出来る高反発マットレスが続々販売開始されるようになりました。

今現在、仮に高反発マットレスの購入を検討されている方がいらっしゃいましたら、価格とその商品の使用感とを比較するならばわたしはあえて高額な当院で取り扱いをしている高反発マットレスを勧めるのではなく、あえて通販などで購入出来る良質な高反発マットレスの購入を勧めるかと思います。

 

カイロプラクターが推奨する高反発マットレス

カイロプラクターと言ってもいろいろな方がおりまして、私とは真逆で自分で取り扱っている商品以外は信用できないと言う方が居るのも事実ですが私は良いモノは良いとすぐに言ってしまいます・・・

なので、当院で取り扱いが無いモノでも良いモノはいいと皆様にお伝えするのも皆様の身体のことを考える場合は必要かと思っております。

そこで、私が通販などで購入出来る高反発マットレスでこれは信用できるといった商品を数点挙げてみたいかと思います。

スポンサーリンク

 

高反発マットレスを選ぶ際のポイントとは

まず初めに高反発マットレスを選ぶ際のポイントをいくつか説明しています。

この高反発マットレスの購入を検討されているという方の多くは腰痛などで悩まれている方が多いかと思うます。ですので先ずは本当に腰痛が楽になるのかという点が大事になります。

もちろん個人差などがあるのでマットレス(寝具)を変えただけで腰痛が全く無くなるということはございませんが、高反発マットレスに変えたことで多くの方が今まで日々悩まされていた腰痛が楽になったという報告があるのも事実です。

実際に私自身も元々はすごい腰痛持ちで以前は腰痛が酷くなり過ぎ入院を複数回経験していますが、普段寝る寝具を高反発マットレスに変更したことにより今ではあれほど酷かった腰痛がさほど気にならないレベルになりました。

もちろんこれは日々腰が痛くならない様にストレッチなどをマメに行っているのも大きいですが、寝具の影響もかなりあるのも事実です。

それでは高反発マットレスを購入する際のポイントについてお話させていただきます

 

薄すぎる高反発マットレスは底付きを起こしやすい

高反発タイプのマットレスと言えども、あまり厚みの無いマットレス(寝具)では床(マットレスを置いている面)との厚みが足りないのでマットレス自体が底付きを起こします。

マットレス自体が底付きを起こすと、高反発タイプのマットレスの本来の機能が十分発揮出来ず質の高い睡眠をとることが出来なくなります。

なので、高反発タイプのマットレスの購入をお考えの方は最低8㌢以上厚みのあるマットレスの購入を検討してください。

 

安価な高反発マットレスは直ぐにダメになる

高反発タイプのマットレスのいいところは「へたりずらい」(ダメになりずらい)特徴がありますが、あまり安価な高反発マットレスでは1~2年程度使うとマットレス自体にへたりが出てきます。

高反発タイプのマットレスって結構なお値段がするので少しでも安く購入したいとお考えの方も多いかと思いますが、値段ばかり気にして本来の性能が発揮できないマットレスを購入すると後で痛い目にあいますよ。

値段的な目安としてはシングルタイプでも最低でも4・5万円程度と思っていた方が無難な選択かと思います。

もちろんシングルタイプのマットレスでも良い商品であれば10万円以上の商品は沢山あり値段が高ければ高いほど十分な機能的が備わっていると思っていいと思います。

スポンサーリンク

高反発マットレスは2週間程度は試してみよう

通常、マットレスなどを購入する際ってお試し期間ってあまりないかと思いますが、高反発タイプのマットレスの場合お試し期間がついて販売されている場合があります。

なので、お試し期間がついている商品を購入し最低でも2週間程度寝てみて自分の身体に合うかどうか試してみてください。

高反発タイプのマットレスって高額な商品が多いので、実際購入してから自分に合わなかったどうしようって思うのでなかなか購入に踏み切れない方が多いかも知れませんが使ってみて自分に合わなかった返品が出来るので購入して失敗したことが極力減らすことが出来ます。

コチラでカイロプラクターの私からみて、ネットからでも購入できる信頼できる高反発タイプのマットレスを紹介しております。

もし、高反発タイプのマットレスの購入を検討されている方がいらっしゃったら参考にしてください。

 

 

朝起きても腰が痛くならない高反発マットレスモットン

実際に私の母親も使用しておりますが、モットンを使用する前では眠りの質が悪くよく夜中に目を覚ますことがあったようですが、モットンを使用してからは朝までぐっすり眠れるようになったそうです。

また、これら寝具は自分で1度寝て試してみたいと思うのでネットでの購入をためらう方が多いかと思いますが、モットンはネットで購入しても90日間返品保証がついているのでネット購入しても安心かと思います。

お得情報ですが、コチラの高反発マットレスの【モットン】は楽天やAmazonといった大手のショッピングサイトでも購入が出来ますが、なぜかそれら楽天ショップやAmazonで購入するより公式サイトで購入した方が安く買うことが出来ます。

なので、もしモットンの購入をお考えなら1度公式サイトを覗いてから購入を検討した方が良いかも知れません。

それと公式サイトで購入すれば送料無料の90日間返品可能ですが、公式サイト以外で購入されると返品が効かないのその辺も注意した方が良いかも知れません。

腰痛対策マットレス【モットン】の詳細はコチラをご覧ください

モットンを使ってみた時の身体の状態は

こちらは実際にモットンに寝てみた時の身体の状態(体圧)を測定した時の写真です。

マットレスモットン

柔らか過ぎず硬すぎないので横になって寝てても背骨が真っ直ぐな状態になっています。

一方コチラは軟過ぎるマットレスと硬すぎるマットレスを使用した時の写真です

写真を見てみるとお分かりになるかと思いますが、硬すぎるマットレスを使用していると胸と腰の部分に圧力がかかり過ぎているので寝ていても十分に筋肉を休ませていないことが分かります。

一方柔らかすぎるマットレスを使用していると身体を支えることが出来ず背骨が曲がったままの状態で寝ていることになります。

これでは段々と背骨などが歪み身体には負担をかける様になりますよね。



【モットン】公式サイトはコチラ

 

高反発タイプマットレスの老舗と言えば「マニフレックス」

高反発マットレスの中ではもっとも定番中の定番のマニフレックス。

しかし、マニフレックスだとどれを使っても同じかと言うとそうではありません。1枚モノのマットレスタイプよりも3つ折りタイプのマットレスを購入することを私はおすすめいたします。

それは何故かと言うと、1枚ものタイプですとどうしても1番体重がかかる腰の部分のヘタリが出て使い方次第では数年で高反発の良さが失われます。しかし、3つ折りタイプですとヘタリやすい腰の部分のマットレスと足の部分のマットレスを交換して使えば長く使用することが出来るようになります。



【マニフレックスの正規通販】

また、あまり知られていませんがマニフレックス社ではのアウトレットの販売もいたしております。

どうしても最新のタイプが良いと言う方には無縁かもしれませんがそれらのことを気にされない方でしたらアウトレットを活用してマニフレックスを安く手にいれるのも良いかと思います。

マニフレックスのアウトレット売り場はコチラ→【マニフレックスのアウトレット】

高反発マットレスが苦手な方は優反発マットレス「エムリリー」がおすすめ

高反発マットレスは腰痛を予防するのには良いがどうしても「硬すぎて苦手だと」いう方もいるのも事実です。

そこで高反発マットレスを使ってみて硬すぎて逆に睡眠の質などが下がったという方は、独自開発された優反発と高反発の二重構造のマットレスがおすすめかと思います。

実際に私自身も色々な高反発マットレスを使用しておりましたが、中には硬すぎる高反発マットレスなどもございました。

そのように硬すぎる高反発マットレスの場合だと高反発マットレスの上に薄手の低反発マットレスを敷くと快適な睡眠をとることが出来るのですが、この「エムリリー 」は初めから高反発マットレスの上に優反発マットレスが合わさっているので快適な睡眠をとることができる商品となっています

優反発マットレスエムリリー

またこのエムリリーはマットレス自体の厚さも3タイプ(5㎝・8㎝・11㎝)から選択できるので、自分の使用目的に合わせて購入が可能になっています。

個人的にはもっとも薄い5㎝タイプは今使用している敷き布団の上に敷くタイプとなっていますが5㎝では多少底つき感があるので、出来れば8㎝タイプか11㎝タイプを購入するのをおすすめします。

エムリリーお届け際の状態

またこのようなマットレスを購入する際には玄関口や窓の大きさなども問題になる場合がありますが、エムリリーの配送の際には真空パックで小型化されており配送時に雑菌の付着も防ぐように配慮されています。

またご自宅のベットの上で真空パックに切れ目を入れると約6時間程度で復元するので、小型化されていても変な折り目などもつかず快適に利用することが可能です。

実際に私自身が購入した際には約3時間ほどで復元しましたが、マットレスの隅の方に変な癖がついていましたが2~3日ほど癖もなくなり真っ平らなマットレスになりました。

初めて高反発マットレスの購入を検討されているという方は、このエムリリーはおすすめ出来るマットレスかと思います。

 

公式サイト→http://tobest.jp/

 

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

お勧め記事(一部広告含む)

-腰痛
-, , ,

Copyright© 旭川市の整体院 ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2019 All Rights Reserved.