腰が痛い時には無理せず腰痛コルセットを使った方がいい

2020年2月15日

腰が痛いので腰痛コルセットを付ける

腰が痛くてもなかなか仕事を休めれないという方が多いかと思いますが、どうしても休めれない場合は腰痛コルセットなどを付けて仕事に行かれるかと思います。

この腰が痛い時などに付ける腰痛コルセットですが間違った認識を持たれている方もいるので、少し腰痛コルセットについて説明したいと思います。

 

コルセットの仕組みについて「腰痛コルセットを身に付けるとなぜ腰の痛みが軽減するのか」

腰が痛い時などに使用する腰痛コルセットは、お腹の前側を抑え内臓を圧迫することで腹圧を高め腰の椎間板に掛かる負担を軽減します。

よく腰が痛い方に対して腹筋を鍛えなさいと言われますが、これは腹筋を鍛えることで自前のコルセットを身に付けていることになり腹圧を高められるので腰痛の軽減が図れます。

またコルセットには腰周辺の動きも制限されるので、動かした際に痛むといった腰痛にも効果が期待できます。

 

腹圧を高めるとなぜ腰痛が軽減されるのか?

腰痛コルセットの役割は腹圧を高めることですが、なぜ腹圧を高めると腰の痛みが軽減するのか仕組みについてお話いたします

椎間板の説明

私たちの身体の背中には背骨がございますが、この背骨って24個もの椎骨が重なり合って出来ています。

またこの椎骨と椎骨の間には椎間板があり、歩いたり走ったりする際に身体の衝撃を和らげるクッションの役割を持っています。

しかし運動不足や年齢と共に筋肉が衰えることで、これら椎骨は生理的湾曲を失いバランスが悪くなったり不安定な状態でグラグラすることによ腰などに負担がかかり腰が痛くなったりします。

そこでこれら椎骨を安定させるために背骨を取り囲むようにある筋肉(腹横筋と多裂筋)に力を入れ固める(腹圧を上げる)ことで、椎骨は安定するので腰などの痛みが軽減されるということになります。

また先ほど腰が痛い方は腹筋を鍛えると言ったのですが、実は腹筋を鍛えるのではなく実は腹横筋と多裂筋といったインナーマッスルを鍛えることが大事になります。

この腹横筋や多裂筋といった筋肉は姿勢維持には欠かせない筋肉で、これら筋肉を鍛えるには体幹を鍛える様なエクササイズ(例えばプランクなど)が最適です。

ここではこれら筋肉を鍛える方法についてお話は致しませんが、実は腰が痛い方などは腹筋を鍛えるよりも体幹を鍛えた方が腰痛の予防に最適なんですよね。

 

腰痛コルセットは腰の痛みを治してはくれません

話が反れてしまいましたが、腰痛コルセットを使っている方の中には間違った認識をされている方もいます

それは腰痛コルセットを使うと腰痛が治ると思われている方がいるということです

腰痛コルセットは腹圧を高め腰の痛みを軽減してくれる役割がありますが、決して腰痛が治すような効果はありません。

痛みが軽減されやがて腰の痛みは無くなる場合もありますが、腰が痛くなる原因を取り除かなければまた直ぐに腰を痛めてしまいます。

ですのでコルセットを使っても腰痛は治らないということを覚えておきましょう。

 

腰が痛くても筋肉が弱くなるという理由で使わない方もいますが・・・

それと腰が痛くて当院へ整体を受けに来られる方の中には、腰が痛くてもコルセットを「使いたくない」という方がいます。

理由を聞くと筋肉が弱くなるので使いたくないということですが、痛いのを我慢してまで仕事をされていると余計に腰の痛みは悪化しなかなか改善しなくなります。

また数日間使用するくらいならそれほど筋肉が弱くなる様なことはございませんので、痛い時などは無理せず腰痛コルセットを使うのをおすすめします。

またぎっくり腰などで動けれないような状況で2~3日寝込むのと、コルセットを使って動くのであればコルセットを付けて動いている方が筋肉は衰えませんよ!

これらコルセットを使うと直ぐに筋力が落ちると間違った認識になった原因には、『長期間使用すると筋肉が落ちる』といった情報の『長期間』が抜けてしまいこの様な話になったものです。

ですので痛くてうごくのもやっとだという方は、無理せず腰痛コルセットを使うのをおすすめします。

 

よく腰が痛くなる方は痛くなりそうな作業をするときにコルセットを使うのをおすすめします

それと皆さんは腰に痛みがある時にコルセットなどをお使いになりますが、普段から腰が痛くなりやすい方は腰が痛くなる様な作業をする際に前もって付けて作業をするようにした方が良いと思います。

私ももともとそれほど腰が強い方ではないので中腰で作業をするときなどは、腰が痛く無くても前もってコルセットを付けて作業をします。

これにより腰への負担は軽減されるので腰が痛くなることも無く快適に作業を行えるようになります。

ですので予防のために腰痛コルセットを使うという選択肢もあっても良いかと思います。

そして腰へ負担がかかる様な作業をした時などはその日の内に腰の疲れを取り除くためにも、ストレッチなどで筋肉をほぐしてあげることが大事になります。

特に中腰などのような姿勢が多い方はお尻の筋肉をほぐしてあげるのをおすすめします。

お尻の筋肉をほぐす方法は慢性的な腰痛でお悩みの方は「お尻の筋肉(大殿筋)」をストレッチしましょうにて説明しています。

大殿筋をほぐして腰痛を予防する
慢性的な腰痛でお悩みの方は「お尻の筋肉(大殿筋)」をストレッチしましょう

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。今では整体師をしていますが元々は腰痛持ちの一人だったので腰痛の辛さは十分理解しています。 本当にあの重ダルイ腰の痛みって嫌ですよね。 そこで今 ...

続きを見る

 

 

また直ぐに腰が痛くなりやすい方は腰痛になる原因が身体のどこかにあるので、そのような方は1度整体院などで身体の調整を行うようにするのをおすすめします。

そして旭川市近郊の方でコルセットなどをしても腰が痛いという方はヨシダカイロプラクティックオフィスに1度ご相談をしてみてください。

腰を痛めた女性
旭川市の整体|辛い腰痛や重だるい腰の痛みのことなら

旭川市内に限らず旭川近郊の方で腰の痛みで日々ツラいおもいをされているのなら、旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスにご相談ください。 ヨシダカイロプラクティックオフィスでは腰痛時には腰周辺の ...

続きを見る

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車場に関しては、アクセスについてをご覧ください。

 

-腰痛
-,

© 2020 ヨシダカイロプラクティックオフィス