パソコン作業でも肩が凝らない工夫をし肩こりを予防しましょう

2019年2月8日

  1. HOME >
  2. 肩こり >

パソコン作業でも肩が凝らない工夫をし肩こりを予防しましょう

2019年2月8日

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。

私自身も仕事でパソコンの前に座り長時間PC作業に追われることが多いですが、仕事柄どうしても事務職をされている方なら尚更1日中パソコンの前に座って仕事をするのが当たり前って方が多いですよね。

そしてそのように1日中座って仕事をされている様な方に限って肩こりなどの症状が酷くていつもツラいとおっしゃっている方が多いのではないでしょうか?

また肩こりだけならまだしも、肩こりから頭痛や吐き気なども伴うような症状を訴える方も中にはいます。

頭痛や吐き気などを伴うほど肩こりが酷くなると改善するにも時間が掛るので、その様な方は早期に肩こりなどを改善するようなストレッチや運動をし血流を改善することが大事です。

また、パソコン作業が多い仕事をされているという方は、普段のPCのモニターの位置や椅子の高さを改善することにより肩こりを予防することが出来ます

 

1日中座って仕事をされている方は首や肩への負担が半端ない!

1日中パソコンを使って仕事をしていると肩こりになる

とある労働に関する調査結果では、オフィスでのパソコン作業が原因の疲労で1番多いのがPCモニターをずっと見ていることで起こる眼精疲労とのこと。

また続いて多いのが首や肩の凝りだという研究結果が発表されています。

この研究報告では複数回答可なので、どちらも併発されているというのがほとんどかと思います。

そしてこのPCモニターを見続けることで目には疲労が溜まり、ピントを合わせる機能が低下します。

するとモニターが良く見える様にと段々と姿勢は前のめりになり、知らず知らずの内に首や肩は前に突き出した様な姿勢になります。

この首や肩が前に突き出した様な姿勢が、首や肩周辺の筋肉の凝りになりあの嫌な肩こりなどを発症するのです。

そこで少しでも首や肩への負担を減らし肩こりを予防する方法がございます。

それでは1日中モニターの前で仕事をされている方が肩こりを予防するための方法を説明させていただきます。

 

仕事中のパソコンの位置を変えて肩こりを予防しましょう

最近の職場環境では事務職以外でも仕事をするうえでパソコン作業は必須の項目になりつつあります。

そんなパソコン作業が多い仕事環境ですが、ホンの少し環境を変えるだけでも首や肩への負担を減らすことが可能です。

例えば、「PCモニターの高さは適正なのか?」や「PCモニターは身体の正面にあるのか?」などです。

これらのPC環境を変えることで普段から首や肩にコリを感じられる方は肩こりなどを軽減できるので、先ずはどのような環境を変えればいいのか説明させていただきます。

PC環境チェック項目

  • PCモニターの高さは適正なのか?
  • PCモニターは身体の正面にあるのか?
  • PCモニターとの距離は近すぎないか?
  • 座る椅子の背もたれは可動式か?
  • ひじ掛けなどはついているか?
  • 椅子の高さは調整できるのか?
  • 足回りに余裕があるか?
  • 原稿などは近くに置けるか?

先ずは職場などで上記の様なことに気を付けながらパソコン環境を整える様にしてみましょう。

また業種によってはそれら環境を変えることが難しい職種などもありますが、出来ないことを考えるよりもどの様にしたら改善出来るのを考えるようにするのも大事かと思います。

 

パソコン作業で肩こりを予防するには椅子や机などを見直してみましょう

オフィスなどでパソコン作業が多くて肩こりなどに悩まされている方などは、先ずは今現在使っている椅子や机を見直してみるのをおすすめします。

パソコン作業の中で1番肩こりなどになり易い原因には、「モニターの高さが合わない」や「モニターと目との距離が近すぎる」などがあげられます。

例えば、PCモニターの高さが高過ぎると常に上向きで作業をするので直ぐに肩などは凝りますし、モニターとの距離が近すぎると目などに負担がかかりやすくなるので眼精疲労を起こしやすくなります。

ですので先ずはモニターの高さや距離など、肩こりになりずらい様に調整することが大事になります。

これらの調整には椅子や机などを変えれば可能になりますが、中々職場では自分に合う高さや距離などに合うように変え変えるのは難しいのが現状ですよね。

しかし職場などで自分用に買い替えができないという方でも椅子の高さを調整するために座布団を用意してみたり、PCモニターの下に台を置いて高さを調整するなどを工夫は出来るかと思うので先ずはPCモニターの高さや位置を調整してみましょう。

 

仕事を頑張り過ぎてはいけません

そしてモニターなどの位置を調整することも大事ですが、実はもう1つ大事なことがございます。

それは仕事に集中し過ぎて長時間同じ姿勢でパソコンと「にらめっこ」をしてしまう様なことは絶対に避けましょう。

特にパソコンなどで仕事をされている様な方は集中し過ぎると何時間も同じような姿勢で仕事をしてしまいますが、この同じ姿勢で長時間いることで筋肉を動かさないので血流は悪くなります。

また重たい頭を常に支えている首や肩の筋肉には疲労物質が溜まり筋肉をより硬直させます。

ですから最低でも1時間おきに席を立ち背伸びをしてみたり、肩甲骨などを動かす様なストレッチをすると良いでしょう。

意外と肩こりって肩の筋肉だけが原因で肩こりを引き起こすものだという認識をされている方が多いですが、実は肩甲骨周辺の筋肉が凝ることでも肩こりを引き起こすので肩甲骨周辺も十分ほぐすようにしてくださいね。

肩甲骨
ツラい肩こりの原因は肩甲骨が関係しているかも

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックです。 日本全国で慢性的な肩こりでお悩みの方って一体どのくらいいるのでしょうかね? 健康調査などの発表では日本全国で73.8%の方が肩こりで悩んでいるいるという ...

続きを見る

また1時間おきに休憩などしていたら仕事が捗らないという方も中にはいるかと思いますが、人間の集中力って40分~50分程度しか持続しないので細目に休憩を挟んだ方が実は仕事は効率的に行えるので是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

その日の疲れはその日の内にリセットをしましょう

肩こりに限ったことではありませんが、仕事などで酷使された肩周辺の筋肉はその日の内にリセットをすることが大事です。

何事もそうですがなんでも溜まってから処理しよとするとどうしても時間が掛ってしまいます。

普段から仕事中に溜まった疲れを日々リセットしてあげると肩こりなどもそれほどツラくなく生活を送れるようになりますよ

 

関連記事(一部広告含む)

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

-肩こり
-, , ,

Copyright© 旭川市の整体院 ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2020 All Rights Reserved.