0166-32-6779

住所   旭川市豊岡2条2丁目1-1
営業時間 10:00~19:00(最終受付18:00)
定休日       日曜・祝祭日

なぜストレッチをすると身体に良いの?ストレッチのメリットとは

2021年10月1日

ストレッチのメリット

日々の健康の為に日頃からストレッチを日常生活の中に取り入れている方も多いかと思います。

またストレッチは何処でも簡単に行うことが出来、その他の運動に比べ手軽に出来るので継続もしやすいですよね。

しかし日々健康の為に行っているストレッチですが、具体的に「どの様なメリットがあるの?」って聞かれると中々お答えするのが難しいのでは無いでしょうか?

そこでストレッチの効果やメリットについて少し詳しく解説していきたいと思います。

ストレッチの効果とメリットについて

ストレッチには主に2つの効果が期待できます。

ストレッチの効果

  • 関節の可動域の改善
  • 筋肉の柔軟性の改善

ストレッチには関節の可動域の改善と筋肉の柔軟性の改善の効果が期待できます。

日常生活において関節の可動域が低下していたり筋肉の柔軟性が低下していると、慢性的な肩こりや腰痛などの原因にもなるのでそれら肩こりや腰痛の予防の効果も期待出来ます。

また筋肉が柔らかくなると血流の改善なども期待が出来るので、ダイエット効果や手足の冷え対策にも繋がります。

そしてこれら日常的に行うストレッチは大きく身体を動かしながら行うダイナミックストレッチやバリスティックストレッチでは無く、ゆっくり筋肉を伸ばしながら行うスタティックストレッチが効果的です。

 

目的に合わせたストレッチの種類

ストレッチと言っても状況や目的によりストレッチの種類や方法などは違ってきます。

一般的に行われるのが筋肉や関節をゆっくりと伸ばすストレッチのことをスタティックストレッチと呼び、運動前などの準備運動として行うのが身体に動きを付けながら行うのがダイナミックストレッチやバリスティックストレッチです。

これら様々なストレッチについてはストレッチの種類についてにて解説していますので、気になる方は是非ご覧ください

ストレッチのポイント
参考ストレッチといってもたくさんの種類があるのをご存知でしたか

普段行っているストレッチにも色々な種類のストレッチ名称があるのをご存知ですか? またストレッチの種類もよっては運動前に行うもの、運動後に行うものなど様々です。しっかりと目的に合ったストレッチを行いまし ...

続きを見る

ストレッチの種類について少しお話をしましたが、次はストレッチの効果についてもう少し詳しく解説していきますね。

 

ストレッチのメリット①関節の可動域の改善

ストレッチで関節の可動域を改善する

ストレッチのメリットとして身体の各関節の可動域の改善が見込めます。

例えば身体の柔らかさを示す前屈運動などではもも裏の筋肉に柔軟性があっても、股関節などが硬いという人は床に手が付かないという人が多いです。

もも裏の筋肉(ハムストリングス)だけが柔らかくてく股関節が硬いという人は少ないですが、ストレッチをする際には筋肉を伸ばすという意識と共に関節を伸ばすという意識でストレッチを行うことでより効果的なストレッチを行うことが出来ます。

また前屈が苦手だという人の中には骨盤が後傾していることが原因でで前屈が苦手だという人も最近では増えてきています。

骨盤が後傾していることで前屈が出来ないについては別の記事で詳しく説明しています。

前屈が苦手な人
参考前屈が出来ない(苦手)な人の特徴

身体の柔らかさ(柔軟性)を知るバロメーターによく用いられるのが、この前屈する動作ですが、この前屈がとても苦手(出来ない)人って意外に多いですよね。 また、最近の子供もこの前屈が苦手だという子が急増して ...

続きを見る

 

しかしなぜストレッチを行うと関節の可動域が改善するのでしょうか?

可動域が広がる理由

  • 筋肉自体(材質的)が柔らかくなる
  • 筋肉が脱力しやすくなる
  • 関節自体柔らかくなる

ストレッチを行うことで関節の可動域が改善する理由には、①筋肉自体が柔らかくなる ②筋肉が脱力しやすくなる ③関節自体が柔らかくなる の3つが影響をしているからです。

それでは1つづつ詳しく説明していきますね。

スポンサーリンク

ストレッチをすることで筋肉自体を柔らかくする働きがある

ストレッチをすることで筋肉自体柔らかくなります。

一般的に筋肉って肉の塊みたいなモノを想像しますが、実は筋膜が幾重にも重なり合い1つの筋肉を作り出しています。

そしてその筋膜の結合組織には元々弾力性(伸縮性)があるので、筋肉が伸びると筋肉は自分で元の状態へ戻ろうとします。

しかし普段からストレッチなどをし結合組織を定期的に伸ばしていると、結合組織の弾力性が弱くなり筋肉は伸びやすくなるのです。

ですから最近のスポーツ界においては適度な柔軟性は必要だが、極端な柔軟性を得ると力を出しにくいなどの弊害があるという指摘もございます。

この「極端な」という表現自体難しいのかも知れませんが、何事もやり過ぎはいけませんよということですよね。

 

ストレッチをすることで筋肉が脱力しやすくなる

ストレッチをすることで筋肉は脱力しやすくする働きがあります。

筋肉とは力を発揮する際には、筋肉自体を縮めることにより力を発揮します。

なので普段から身体の力が向けないという方は常に筋肉を縮めている状況なので、段々とからだの筋肉は伸びづらくなっていきます。

しかし普段からストレッチなどを行うことで、それら伸びづらかった筋肉は徐々に伸び(脱力)やすくなります。

またストレッチをすることで筋肉が伸びやすくなるのには「伸張反射」が起こりにくくなるからです。

伸張反射とは

脊髄反射の1つで、筋肉は伸ばされるとその筋肉は収縮しようとする現象のことを言います。またこの収縮は筋肉の長さを感知する筋紡錘(きんぼうすい)が感受して起こります。

少し難しい説明なるので簡単に言うと、筋肉が伸ばされたときにそれ以上伸びないように無意識で筋肉は縮まろうとする現象のことです。

この伸張反射の本来の働きは筋肉が伸ばされることで伸びすぎない為の保護や姿勢維持のために働く現象なのですが、柔軟性に関して言えば筋肉の伸びを制限してしまうので厄介な生理現象となります。

しかし日々ストレッチなどを行うことで筋肉が伸びていると感知する筋紡錘のセンサーは急性的に鈍ります。

ですので、ストレッチをすると一時的ではありますが伸張反射が起こりにくくなり、筋肉は伸びやすい状態になります。

このストレッチは一時的ではありますが、日々行うことで徐々に筋肉は伸びやすくなるので継続することが非常に大事になってきます。

スポンサーリンク

ストレッチをすることで関節自体が柔らかくなる

そしてストレッチをすることで関節自体が柔らかくなります。

ストレッチとは本来筋肉以外にも関節包や靭帯などの関節周辺構造を柔軟にする効果があります。

これは1番初めにも言った普段ストレッチをしていもあまり意識をされていない部分ですが、ストレッチなど身体に関しては「意識の原理」が働くのしっかりと意識しながらストレッチをすることが重要になります。

意識の原理とは

ここで言う「意識の原理」とはストレッチや筋トレを行う際、自分が動かしたい部位(伸ばしたいや筋肉を付けたい)を意識しながら行うのと何も意識しないで行うのでは大いに結果が変わってくるということです。

しかしなぜストレッチをすることで関節が柔らかくなるのかというと、関節などのコラーゲン線維などが伸びるようになるからなんです。

例えば普段あまり運動などをせず身体を動かす習慣がないような方って身体が硬い方が多いですが、実は身体(関節)を動かさない為にこのコラーゲン繊維同士が結合し関節などの可動域を制限しているからなんですよね。

またケガなどをした際に関節などを長期間固定すると関節などが動かしづらくなるのも、このコラーゲン繊維同士が結合したことにより関節が動かしづらくなるのです。

これは少し極端な話かも知れませんが実は普段からあまりストレッチなどをされていない方も、徐々にではありますが各関節のコラーゲン繊維同士が結合し動かしづらくなっていってますので普段からの運動は非常に大事だということになります。

 

ストレッチのメリット②筋肉がほぐれるのでリラックス効果が期待できる

そしてストレッチのメリットとして筋肉を伸ばすことにより、筋肉の緊張が取れてリラックス効果も期待できます。

 

ストレッチをすることで筋肉の緊張がなくなる

私たちの身体は自分の意志で力を入れているつもりが無くとても、実は無意識の内に筋肉が活動していることがあります。

また自分ではカラダの力を抜いているつもりでも、実は身体の力が抜けていないという方も中にはおられます。

しかしこの様に無意識でも常に筋緊張が起こっているということは、筋肉は常に興奮している状態ですよね。

ストレッチに、興奮した筋肉を安静時の活動レベルまで下げる働きがあり、筋肉をリラックスさせてくれます。

 

ストレッチで筋肉を伸ばせば血流が良くなる

先程言ったように私達の身体は普段から力を入れた状態で過ごすことが多いですが、筋肉に力が入っているということは筋肉は収縮している状態となります。

そして私たちの身体には動脈と静脈があって身体の血液を循環させています。

動脈は心臓がポンプの働きがあるので血液を身体の隅々まで運ぶことが出来ますが、手足の先にはポンプの働きが無いので静脈は周りの筋肉を動かして心臓まで血液を送り返していますよね。

しかし常に筋肉が緊張した状態では、筋肉が上手くポンプの働きが出来なくなります。

すると手足の先などの血流が悪くなり冷えやむくみといった悪影響を身体に与えてしまいます。

また血流が悪くなることで、慢性的な肩こりや腰痛などといった症状にもなるので気を付けなければなりません。

しかしストレッチをすることで筋肉の緊張が取れることにより筋肉は本来のポンプも役割を果たせるようなるので、血流なども改善されていきます。

そして血流が悪いと肩こりや腰痛などといった痛みを感じる痛み成分などはその箇所にとどまりますが、血流が良いと血液と一緒に痛み成分なども流れてくれるので肩こりや腰痛などの予防につながります。

 

自分の目的にあったストレッチのご提案

ストレッチには様々なメリットがあり是非日常生活の中に取り入れてほしい運動の1つです。

そしてストレッチをする際には自分の目的に合ったストレッチを是非行うようにして下さい。

例えば肩こりが辛いという人は肩甲骨のストレッチ首周辺のストレッチなどを行うようにしましょう。

それら目的別のストレッチに付いてはストレッチ一覧にて解説しておりますので是非ご覧ください。

ストレッチで歪みを改善
参考身体の歪み改善におすすめな部位別ストレッチ一覧

肩こりや腰痛などの原因にもなる身体の歪み! そんな身体の歪みを予防するにはストレッチや筋トレなど様々なエクササイズが必要です。 ですがなかなかジムなどに行って身体を鍛えたりストレッチしたするのは難しい ...

続きを見る

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスの外観

定休日  日曜・祝祭日
営業時間 10:00~19:00
住所   〒078-8232 旭川市豊岡2条2丁目1-1 HGSビル※専有駐車場完備

詳しいアクセス

メニューや料金についてはメニューのご案内をご覧ください

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

電話をかける

 

 

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックでのコロナ対策

お勧め記事(一部広告含む)

-ストレッチ
-, , ,