部活動中に起こり得るスポーツ障害

更新日:

カイロプラクティック院にて日々肩こりや腰痛などのクライアント(患者さま)を診る傍ら、最近では学生の部活動などの支援(テーピングや筋トレ指導など)なども行っております。

 

しかし、意外と病院などへ行き、この症状な「〇〇ですね」と診断されてもスポーツ障害などの診断名などは難しく一般の方には理解しにくい部分があるのが本音ではないでしょうか?

 

そこで、病院で診断されるスポーツ障害の代表的な症状を少しでも分かり易く解説をしていきたいと思います。しかし、症状の解説はしていますが当オフィスではそれらスポーツ障害によっておきた症状についての治療はおこなっておりませんのでご了承願います。

スポンサーリンク

一体、スポーツ障害とは何か?

最近では「スポーツ障害」という言葉自体大分認識されてきたので1度は聞いたことがある言葉かも知れませんが、あえて「スポーツ障害とは何か」を説明させていただきます。

 

まず、一般的なスポーツ障害の例を挙げていきたいかと思います

  • シンスプリント
  • アキレス腱炎症
  • 足首などの捻挫
  • 肉離れ
  • 腰痛
  • ランナー腱炎

これらの症状が最も一般的なスポーツ障害の例になりますがスポーツされている方なら皆1度くらいは経験をされている症状かと思います。勿論上記以外にももっともっと沢山の症状がございますが例を挙げるとキリがないのでこのくらいにしときます。

 

そして、これら症状を起こし得る原因には、運動中(試合や練習中)に身体へ加えられる負荷が強すぎると起こしやすくなります。また、これら症状がおきるとスポーツ中のパフォーマンスの低下(全力でプレーが出来なくなる)が起こり、身体が元の正常な状態に戻るまでにはある程度期間(時間)がかかります。

 

そして、これらスポーツ障害の特徴と致しまして、筋・腱・軟骨といった筋骨格系が影響を受けやすく、痛みや腫れといった症状が現れ足ったり跳んだりといった運動の妨げになります。

 

スポーツ障害は大きく分けて2種類に分類される

スポーツ障害と一言で言ってしまいがちですが、実はスポーツ障害は大きく分けて2種類に分類することが出来ます。

コンタクトスポーツに多い「急性損傷」や「外傷」

先ず一つ目は、急性損傷や外傷による損傷です。これらの損傷は、ラグビーやサッカーなど相手と接触することがあるスポーツ(コンタクトスポーツ)に多くみられます。

 

外傷の特徴といたしましては、捻挫や打撲・肉離れ・じん帯損傷などといった筋や腱の損傷が多くコンタクトスポーツではある程度防ぐのが難しい症状となります。

 

練習のし過ぎで起こるやすくなる「慢性損傷」や「障害」

一方、先ほどの急性損傷や外傷といった突発的起こる損傷に対し、長時間の練習などにより使い過ぎ(オーバーユース)が原因で起こる症状が「慢性損傷」や「障害」と呼ばれるスポーツ障害があります。

 

これら、「慢性損傷」や「障害」はオーバーユースが原因で身体の一部に摩耗や微細な断裂が生じて起こりやすくなると言われています。

 

また、障害の特徴としては腱鞘炎や滑液包炎・疲労骨折などといった症状が多く、同じ動作を繰り返し行うスポーツに多くみられる症状です。例えば、長距離ランナーやテニスや野球といったスポーツをされている方が多いです。

 

スポーツ障害は原因を把握することが大事です

スポーツ障害を起こす原因には、正しいフォームを身に付けず練習を繰り返し行った結果や適正な道具(靴など)を使わなかったから起きてしまう場合があり、スポーツ障害を起こしてしまう原因は必ずしも1つでは無く多岐にわたる場合が多いです。

 

また、コンタクトスポーツに多い外傷も体つくりや正しいフォームを身に付けることで受傷するリスクを軽減させることが出来ます。

 

それでは、スポーツ障害を起こす原因をいくつか挙げていきたいかと思います。

 

ウォーミングアップの不足

スポーツをする準備不足により筋肉などの反応が遅れやすくなり肉離れなどを起こしやすくする

過度に負荷を掛け過ぎる

身体の能力に対し過度な負荷を掛けすぎた場合、筋断裂や腱断裂などが起きる

筋力不足や筋のアンバランス

体力の低下や筋力低下につながる

オーバートレーニング

練習のし過ぎで身体に常に負荷を掛けすぎ慢性的な障害のリスクが増大する

 

柔軟性の不足

筋肉や関節が固いと可動域の制限がかかり、日々の練習で負荷がかかり過ぎて慢性障害を引き起こす

関節弛緩性

柔軟性の不足とは逆に関節が緩すぎて安定性の欠如がおこり怪我を起こしやすくなる。

 

障害の再発

同じ箇所を何度も何度も怪我などをしていると患部は弱体化を招きその他の部位にまで影響を与えてしまう。

 

スポーツ障害の主な原因には上記に記載した様なことが原因で起こりやすくなります。特に新たなスポーツ始められる方などは筋肉バランスが悪かったり正しいフォームで練習を行わないことが多くスポーツ障害を引き起こしやすくなるので注意が必要です。


【旭川の整体院】
 ヨシダカイロプラクティックオフィス【住所】  旭川市豊岡2条2丁目1-1 HGSビル
【駐車場】 正面専有3台 詳しくは ≫コチラ
【お問合せ】0166-32-6779
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】 日曜/祝日/不定休
【公式サイト】  https://yosida-chiro.com/

よく読まれるページ

1

旭川市の整体院『ヨシダカイロプラクティックオフィス』のメニュー料金のご案内になります。   また、ご予約時にカイロコースまたは産後 ...

2

旭川市の整体院『ヨシダカイロプラクティックオフィス』へのアクセス方法のご説明を説明させていただきます。   旭川市の整体院「ヨシダ ...

3

旭川市の整体院『ヨシダカイロプラクティックオフィス』です。 妊娠→出産→育児とママさんの毎日は非常に忙しい日々を送られているかと思いますが、 ...

-スポーツ障害
-,

Copyright© 旭川市「骨盤の専門店」ヨシダカイプラクティックオフィス , 2017 All Rights Reserved.