肩こり・腰痛・産後骨盤矯正のことなら

旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス

 0166-32-6779

営業時間 10:00~19:00(最終受付18:00)
定休日  日曜・祝祭日

ダイエット

産後太りで困っているの方へ その食事間違っていませんか?

産後ダイエット

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスです。

妊娠中は身体を動かすことが極端に減るので、どうしても体重が増えてしまいます。

そして妊娠中に増えた体重は産後の授乳などにより徐々に元の体重に戻る方などが多いですが、妊娠中に増えた体重が一向に戻らないという方も中にはいるのでは無いでしょうか?

そんな産後になかなか痩せないと悩んでいる方の為に、産後ダイエットに効果的な食事の方法のお話をしたいかと思います。

 

出産後に体重がなぜ落ちない?

一般的に妊娠中に増えた体重は産後の授乳などにより徐々に落ちていきます。

しかし悲しいことに中には妊娠前の体重よりも増量してしまうという方も中にはいます。

それではなぜ産後に中々体重が落ちない方が居るのでしょうか?

産後に体重が落ちない原因

  • 骨盤の歪み
  • 基礎代謝の低下(筋力低下)
  • 生活習慣の変化(食事の仕方)

産後に体重が落ちない原因は大きく分けて上記の3通りの原因が考えられます。

 

産後の骨盤の歪みは体重増加を招く原因

産後に体重が落ちない原因の1つに骨盤の歪みが関係してきます。

出産時は赤ちゃんが産道を通る為に、どうしても骨盤は歪んでしまいます。

これは妊娠をされるとリラキシンというホルモンが分泌される影響で、骨盤周辺の関節や靭帯が緩むのでどうしても骨盤は歪みやすくなります。

出産時に骨盤が歪むことで、身体のバランスが崩れたり消化吸収が上手くいかずなかなか痩せずらい体質へ変化してしまいます。

また骨盤が歪むことでお尻周辺やお腹周辺にもお肉が付きやすくなり、見た目にも変化が現れやすくなります。

 

妊娠中は筋力が低下(筋肉が無くなる)する

妊娠中はどうしても妊娠前の様な行動をすることが出来ないので、どうしても活動量が減るので筋肉なども低下しがちなのは分かるかと思います。

また、妊娠中から出産時期にかけて筋肉(骨盤低筋などインナーマッスル)が弱まる傾向もあるので、どうしても妊娠中は筋力は低下してしまいます。

出産を終えた身体は妊娠中に低下した筋肉は徐々に以前の様に回復に向かいますが、以前ほどしっかりした筋肉にはなかなか回復してくれません。

その結果、筋力が低下することにより基礎代謝が下がり体重が落ちづずらくなるのです。

また、出産によって緩んだ筋肉をそのままにしておくと、骨盤は開いたままになり、正常に使う筋力が使えなくなりさらに筋肉は衰えていきます。

また、母乳を与えるために食事などを妊娠前より多く摂るかと思いますが、基礎代謝が下がったまの状態でこれら食事を何も考えなしで摂取していると産後に体重がなかなか落ちないという状況になります。

 

産後の生活習慣の変化が体重増の原因に

スナック菓子は太りやすい

一般的に産後は赤ちゃんに「授乳していると体重が落ちる」と言われていますが、授乳が終わってもそれまで同様の食生活を送っていてはカロリー摂取量は過多となり太ってしまいます。

ですので授乳が終われば今まで同様の食生活を改める必要があります。

この授乳を終えても授乳中と同じような食事をしていることが、産後太りの大きな原因になっています。

それと授乳中はどうしてもお腹が空いてしまい間食などが増えがちになります。

なのでお腹が空くのなら間食をされるのも良いのですが、手軽に食べれるスナック菓子などを食べてしまえばそりゃ太ってしまいますよね。

なので食べるモノにも十分注意をしてくださいね。

スポンサーリンク

産後に妊娠前の体型に戻らない!!産後太りの特徴とは

産後になかなか妊娠前の体型に戻らないと悩まれている方も多いかと思いますが、特に体重は少しづつ落ちているのに以前着ていた洋服などが着れなくなったという方が多いかと思います。

実はこれって産後太りの特徴なんですよね。

産後太りの特徴

  • 背中からウエストなどにかけてのお肉(脂肪)がそのまま残っている。
  • お尻だけ大きくなったのでパンツが履けなくなった
  • 体重は落ちているが体脂肪が増えたままの状態だ

ですので産後は体重計などの数字も大事ですが、産後太りで1番気にしなければならないことは見た目の変化かと思います。

そして産後太りで1番厄介なことと言えば、体重も落ちない!!サイズもお大きくなったままってのが最悪の状態です

 

産後ダイエットは適切な食生活を

出産を終えたママさんは無理にでもすぐ体重を落としたいので、産後に一生懸命に無理なダイエット計画を考えてしまいます。

まぁ無理なダイエット計画で1番多いのが授乳期にも関わらず食事制限で体重を落とそうとされる方です。

しかし、授乳期に食事制限をして産後ダイエットをするのは決してやめてくださいね。

産後は赤ちゃんに母乳を与えなくてはいけないので、お母さんはいっぱい栄養を摂取しなくてはいけません。

仮にこの母乳を与える時期にお母さんが栄養を取らないでいると、お子さんにも栄養がいかないことになるの後々に色々な弊害が起こる可能性もございます。

なので産後はどうしても栄養豊富な食事をしなくてはいけないので、産後ってなかなか体重が落ちないのにはこれらのことも関係しています。

しかし、栄養豊富な食事もしっかりと考えて食事をすることで体重って少しづつは落ちてくれます。

考えて食事をするってなんだか難しそうですが、実は意外と簡単に出来るので是非実践してみてください。

 

必要な栄養を取りながら余分なモノをカットする

赤ちゃんの栄養のことを考えながらご自身の体形を元に戻す為には、食事の質を変えてあげることが重要になってきます。

例えば普段食べている食事には色々な栄養素がありますが、赤ちゃんに必要な栄養素はそのまま食事などで摂るようにしましょう。

そして太る原因となる栄養素(余計な炭水化物や糖質)を減らすことで、赤ちゃんにもお母さんにも負担が掛からず痩せることが可能になります。

普段あまり気にはしませんが私たちが食べる食事には6大栄養素を偏りなく摂ることが理想とされていますが、普段の食事ではビタミンやミネラルは足りていないと言われております。

6大栄養素とは

  • 炭水化物
  • 糖質
  • タンパク質
  • ミネラル
  • ビタミン
  • 食物繊維

また、これらの栄養素の中で実際にはどれをカットして良いのかを分からない方も多いかと思いますが、この6大栄養素の中でカットしていい栄養素は炭水化物と糖質ということになります。

最近では炭水化物ダイエットなども流行っていたので、皆さんも炭水化物を抜くと体重が落ちるにはご存知かと思います。

ですので産後ダイエットにおいては毎食の炭水化物の摂取量を少し減らすと効果は期待できるかと思います。

またもちろんのことですが甘いケーキなども極力減らすことが大事になるので、産後太りでお悩みの方は甘い物も十分控えるようにしましょうね。

どうしても甘い物を食べたいときはケーキとかでは無く、フルーツなどを食べることをおすすめします。

 

産後の食事はタンパク質を多く摂取するのを心がけよう

産後ダイエットは炭水化物を減らすと体重は落ちやすくなります。

しかし炭水化物は身体を動かす際のエネルギー源となるので、炭水化物の摂取量を減らすと身体を動かすエネルギーも減ってしまいます。

すると身体はエネルギー源として筋肉などを分解し身体のエネルギーへと変換します。

すると今度は身体の筋肉量が減るので基礎代謝などが下がってしまいます。

これではせっかく体重が落ちたと喜んで元の食事に戻したときに、基礎代謝が下がっているので大抵の方はリバウンドを起こしてします。

ですので産後ダイエットにおいては極力タンパク質を多くとるように心がけましょうね。

炭水化物の代わりにタンパク質を多くとることで、筋肉量はさほど変わらず引き締まった身体も手に入れることが出来ると思われます。

 

旭川で産後の骨盤でお困りならお気軽にご相談をください。

産後の骨盤矯正のことなら

 

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

お勧め記事(一部広告含む)

-ダイエット
-, ,

Copyright© 旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2019 All Rights Reserved.