下半身の筋肉が硬いと腰痛を引き起こしやすくなる

2020年3月27日

下半身のストレッチ

慢性的に腰が痛いと訴えている腰痛持ちの方は、股関節やハムストリングス(ももの裏)などが硬い傾向があります。

しかし腰痛持ちの方はそれら股関節やハムストリングの筋肉をほぐすのではなく、一生懸命に痛みが出ている箇所(腰周辺)の筋肉ばかりほぐしているので中々腰の痛みは軽減しません。

もちろん腰痛の際には腰周辺の筋肉をほぐすのも必要ですが、実は慢性的な腰痛持ちの方は腰周辺の筋肉が硬くなる原因を作っている股関節やハムストリングスの柔軟性を取り戻すことが重要になってきます。

またハムストリングス(ももの裏)などをほぐしても腰痛が改善しないという方は、腿の前側(大腿四頭筋)やお尻の筋肉(大殿筋)をほぐすと改善しやすくなります。

この腿の前側なのか後ろ側なのかはその症状により変わってきますので、本来であれば1度専門家に聞く方が良いのですがね・・・

 

腰が痛いのなぜ下半身の筋肉をほぐすと腰痛が改善されるのか?

なぜ腰が痛い時にハムストリングス(ももの裏)や腿の前側(大腿四頭筋)の筋肉をほぐすと腰の痛みが楽になるのでしょうか?

元々我々の身体はある程度のケガなどを自分で治す力を持っています。

これがいわゆる自然治癒力で、生まれながらにケガや病気を自分で治す機能&能力です。

例えばケガなどをした場合、そのケガをした箇所に酸素と栄養が十分に供給出来れば損傷した箇所は早期に回復致します。※ケガなどが修復する話は別で説明しますね。

しかしいくら自分でケガや病気を治す力を持っていたとしても、悪い箇所にしっかりと酸素と栄養が行き渡らないとその自然治癒力も効果を発揮することが出来ません。

 

下半身の血流を改善し腰痛を予防する

ですのでハムストリングス(ももの裏)や腿の前側(大腿四頭筋)の筋肉が凝っていると腰への血流が不足し、腰の筋肉へ十分な酸素と栄養が行き渡らなくなり腰の痛みも中々回復しないのです。

なので腰が痛い時などは腰周辺の筋肉をほぐすことも大事なのですが、先ずはしっかりと腰へ酸素と栄養が行き渡るように足の筋肉などをほぐすことが大事になってくるのです。

この様に症状とは別の箇所に原因が隠れていることがありしっかしとした知識を持っていれば、わざわざ整体院などに行かなくても腰痛を自分で予防することが出来るようになります。

また腰痛持ちの方のお話を聞いていると意外と多いのですが、普段から腰に悪い様な行動をしている場合が多いです。

この普段から腰に悪い行動を改善するだけでも腰への負担は軽減されるので、行動を見直すことでも腰痛を改善することが出来ます

 

お尻の筋肉(大殿筋)も同様に筋肉を緩める

下半身の筋肉を緩めると共にお尻の筋肉(大殿筋)も一緒に緩めることで腰痛の緩和が図れます。

このお尻の筋肉(大殿筋)を緩めるストレッチについては慢性的な腰痛でお悩みの方は「お尻の筋肉(大殿筋)」をストレッチしましょうにて詳しく説明していますので、是非にしてみてください。

そして自分で一生懸命予防をしてもどうしても腰などに痛みを伴う場合には、是非とも旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスまでご相談をください。

また腰痛の症状でお困りの方は旭川市整体|腰痛 辛い腰の痛みを和らげ根本的な原因を取り除くにて腰痛について詳しく説明しておりますので是非ご覧ください

腰を痛めた女性
旭川市の整体|辛い腰痛や重だるい腰の痛みのことなら

旭川市内に限らず旭川近郊の方で腰の痛みで日々ツラいおもいをされているのなら、旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスにご相談ください。 ヨシダカイロプラクティックオフィスでは腰痛時には腰周辺の ...

続きを見る

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

-腰痛
-,

© 2020 ヨシダカイロプラクティックオフィス