腰痛

旭川市内で急にぎっくり腰になったら直ぐにご連絡を

ぎっくり腰の症状
くしゃみをしたり床に落ちた物を拾おうとした時に、急に「腰に痛みが走った」や「腰を伸ばすことが出来なくなる」と言った症状を経験された方は多いかと思います。

この何かの拍子に急に腰に痛みを訴えるといった症状のことを「ぎっくり腰」と呼ばれています。

ぎっくり腰とは腰痛の中でも急性に起こるもので医学的な診断名ではなく一般的に使われる名称で、外国では「魔女の一撃」などとと言われており医学的には「急性腰痛症」という病名が付けられます。

また、ぎっくり腰には筋筋膜性(筋繊維が微量ですが断裂したもの)のものと、腰の捻挫や骨のズレが原因でおこる腰痛とに分類されます。

 

ギックリ腰にも2通りの症状がございます

一言でギックリ腰といっても実は大きく分けて2タイプのギックリ腰に分類されます。

ですので同じぎっくり腰でも施術の方法は異なりますし、改善するまでの期間なども異なる場合がございます。

そこでまずはギックリ腰の2タイプについてお話をしていきたいかと思います。

 

筋筋膜性のギックリ腰(急性腰痛症)

車のドライバー

筋筋膜性(きんきんまくせい)のギックリ腰は、1日中座っていることが多い事務職の方やトラックやタクシーなどの車の運転手などに多くみられる症状です。

事務職の方や車などで長距離を走ることが多い方は、仕事で長時間座っていることが多く腰回りの筋肉は常に収縮し血行不良などを起こしやすくなります。

この様に下半身の血行不良が日常的に続くと腰周辺の筋肉などの柔軟性が失われていきます。

柔軟性に乏し筋肉は急な動きに対し耐えきれず筋断裂などを引き起こします。

すると腰周辺の筋肉は身体を守るために筋肉をロックするので、腰を伸ばしたり動かすことが出来なくなるのです。

筋筋膜性のぎっくり腰は回復までには個人差がございますが、筋肉の損傷から修復するまでには1週間から2週間程度掛かる場合がございます。

しかしカイロプラクティックの施術なら、ロックされた筋肉を正常な状態へ整え血流を促進することにより早期な回復が望めるようになります。

 

腰の捻挫からくるぎっくり腰(急性腰痛症)

腰の捻挫とは普段余り身体を動かすことが無いと腰の骨(腰椎)の動きが極端に悪くなり腰椎の靭帯が急な動きに耐えきれず損傷した状態です。

足首などの捻挫と一緒で靭帯などのが損傷しているので、回復するまでには2週間以上掛かる場合がございます。

しかしカイロプラクティックなどの施術により回復を早めることが可能となります。

 

ギックリ腰(急性腰痛症)はどんな時になるのか

ソファーで寝てしまう

ギックリ腰は、重いものを持ち上げようとしたときや体を不意にひねったときなど偶然的に起こったように思われがちですが、実は普段の生活で姿勢不良や睡眠不足などで腰に負担が徐々に蓄積され起こることが多いです。

ギックリ腰とは、腰部の筋肉・靭帯・関節・椎間板のどこかに傷(損傷)ができることで、炎症が起きて痛みを感じます。

また、痛みを感じさせる物質(ブラジキニン、セロトニン、ヒスタミン、アセチルコリン)などが多量に分泌され痛みを引き起こしやすくします。

痛めたときの負担が大きく損傷がひどい程、痛みが強く長引くことが多いです。

また、ぎっくり腰がなると炎症と痛みで筋肉が必要以上に緊張して痛みが増強します。

それらに加え腰の骨(腰椎)に歪みなどがあると損傷部位への負担が増え、痛みが強くなるだけでなく損傷部位の治癒を遅らせます。

 

ぎっくり腰(急性腰痛症)の症状

ギックリ腰になったときは下記のような症状が起こります。

男性ほど痛みを我慢する傾向がございますが下記のような症状が出た場合は自己判断で大丈夫だろうと思わないで、1度当院まで相談するようにしてください。

ぎっくり腰の症状

  • 動作の瞬間に腰に激痛が走り、動くことが困難になってしまう。
  • 最初は違和感程度で、さほど気にならなかったのに、時間の経過と共に悪化していく。
  • 上半身を起こすことができない。
  • おじぎをすることも、体を反らすこともできない。
  • 痛みの為、歩行が困難になる。
  • くしゃみ、咳で痛みが強まる。
  • 寝返りが痛くて、寝る姿勢を変えることが困難。
  • 起き上がった状態よりも、横になっているほうが楽である。

また特に男性に多いのですが、若い時は何日か我慢していたらこれらの腰痛は痛いみは気にならなくなったので数日我慢していたら良くなったと言われる方。

しかし、今回は1週間以上痛みを伴うと言って当院に訪れる方がいますが、若い時は身体の回復力もあり数日で改善したかも知れませんが歳をとるにつれ身体の回復力は弱まります。

ギックリ腰になってから1週間も放置している状態だと良くなるモノも改善するまでには時間がかかるようになってしまいますよ。

 

ギックリ腰(急性腰痛症)になりやすい動作とは

ギックリ腰になる時は特に重たいものを持った時とは限りません。

普段から腰に違和感がある時などは下記の様な行動でもぎっくり腰を発症する恐れがございます

ぎっくり腰になり易い動作

  • 中腰で重たいものを持った時
  • 後ろを振り向こうと体を捻った時
  • くしゃみをした瞬間
  • かかんで作業をしていたとき
  • 椅子の背もたれの後ろに落としたものやバッグを取ろうとしたとき
  • 長時間座っていた後に立ち上がったとき
  • 高いところにあるものを取ろうとしたとき

腰に違和感があるときなどは上記の様な行動を避けることに様に致しましょう。

ギックリ腰(急性腰痛症)になった時の過ごし方

氷で冷やす

ギックリ腰になってしまったら、まずアイシング等で患部を冷やすことに専念して下さい。

シップ薬とかでも良いですが患部の炎症を抑えるには氷嚢(ビニール袋に氷と水を少し入る)にて患部にタオル等を引き20分程度そのままのい状態でおり、それを1日3~4回程度行うと良いでしょう。

シップなどには抗炎症剤が入っていますが、患部の奥までは冷やすことが難しくしっかりと患部まで冷やすとなるとやはり氷水が1番冷やしてくれます。

 

ぎっくり腰の時に患部を温めるのは止めましょう!

またぎっくり腰などで動けなくなった時にお風呂に入り患部を温める方がいますよね。

実際ぎっくり腰などを発症した際に患部を温めると、血流が良くなり痛み物質などが流されるので一時は痛みは和らぎます。

しかし急性期の際に温めると患部の炎症反応が強くなり後で痛みが酷くなる事が多いので、極力患部を温めるのを避けお風呂には入らずシャワー程度に留めてください。

患部を温めて良いのは炎症が収まり慢性期に入ってからです。

メモ

  • 急性期→患部を冷やす
  • 慢性期→患部を温める

ぎっくり腰になった際には寝る時の姿勢にも気を付けましょう

それと寝る姿勢は「横向きで膝の間に枕をはさんだり」「仰向けで膝を立てたり」といった腰に負担が少ない姿勢で寝るようにしましょう。

そいて二日間くらいは無理をせず、安静にして過ごしてください。

しかし安静が良いからと言って全く動かないのは回復を遅らせる原因になるので、痛みが増さない程度には身体を動かすようにしましょう。

これだけでもぎっくり腰が改善する期間が飛躍的に短くなります。

またぎっくり腰などの痛みを少しでも早く改善したい方は整体院やカイロプラクティック院などで施術を受けるようにしましょう。

個人差などがございますが歩くのがやっとで日常生活に支障がある様な方でも、施術後は日常生活に支障が無いレベルになるかと思います。

 

ぎっくり腰に対する施術方法


当院では、ぎっくり腰の改善はもちろん、『ぎっくり腰が再発しないカラダ作り』をサポートしています。

そのためにまずギックリ腰になった時の状況などの問診や姿勢の検査、関節、筋肉、神経の状態を評価し、ぎっくり腰の痛みの部位と原因を突きとめます。

そして、痛みのある部分に負担をかけている関連部位をみつけて施術を行うことも非常に重要で、そこに対して施術を行うことで痛めている部位への負担を軽くし、改善を促進します。

ギックリ腰は一回の施術で良くなるケースもありますが、筋肉などに損傷がある場合は数回の施術が必要になります。

何も施術を受けずに放置しておくと再発する可能性が高くなりますので早期の施術をお勧めします。

 

旭川市近郊で腰痛のことならヨシダカイロプラクティックオフィスまでご相談を

腰痛のことなら

 

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

お勧め記事(一部広告含む)

-腰痛
-, ,

Copyright© 旭川市の整体院 ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2019 All Rights Reserved.