0166-32-6779

住所   旭川市豊岡2条2丁目1-1
営業時間 10:00~19:00(最終受付18:00)
定休日       日曜・祝祭日

ぎっくり腰

ぎっくり腰をやってしまった時の対処法|安静にしているだけじゃ治らない

2020年2月3日

ぎっくり腰になった時の対処法

年齢などに関係なく突然腰に痛みが走り動けなくなる腰痛のことをぎっくり腰と呼びますが、ぎっくり腰の正式な症状名は「急性腰椎症」です。

普段からあまり「急性腰椎症」とは言いませんが、急に腰が痛くて病院などを受診した際に付けられる診断名をこの「急性腰椎症」になります。

私も今のお仕事(整体師)をする前には何度もぎっくり腰を経験していますが、ぎっくり腰をやった時の対処の仕方で「早く治るか」それとも「痛みが長引くか」が決まってきます。

そこでぎっくり腰をやってしまった時の対処の仕方についてお話をしたいと思います。

 

ぎっくり腰は「動かして治す」のが新常識です

数年前まではぎっくり腰などで動けなくなると「身体を動かさない様にし安静にしている」というのが常識でした。

しかし最近の「ぎっくり腰」の新常識では3日以上安静にしているとぎっくり腰の治りが遅くなると言われています。

これは多くの世界の医療ガイドラインにも記載されており、いまだにぎっくり腰をやった時に「安静にしていてね」という整体院などもございますので注意が必要です。

ですので先ずはぎっくり腰など辛い腰の痛みが出た際には、必ずしも安静にしていることが正解では無いということを覚えておきましょう。

しかし痛みがあまりにも酷い時などは、無理をせずに安静にすることも大事です。

そして身体を少し休め痛みが落ち着いてきたら、少しづつでよいので身体を動かすようにしましょう。

 

ぎっくり腰になった時は「冷やす」それとも「温める」どちらがいいの?

氷で冷やす

それとこれはよく当院へぎっくり腰で整体を受けに来られた方質問されるのですが、ぎっくり腰になった時は「冷やす」のと「温める」のはどちらがいいのかという質問です。

ぎっくり腰の症状にもよるのですが筋肉に炎症が起こっている場合には腰周辺を冷やしてあげた方が痛みは早く収まります。

また炎症が起きていない場合は、患部を温めて血流を促してあげる方が治りは早くなります。

この炎症が起きているかそうで無いかは、患部に「腫れ」や「熱」などがあるか無いかで判断が出来ます。

注意ポイント

ぎっくり腰などの痛みが強い時にお風呂に入ると一時は楽になることもありますが、その後炎症作用が強くなり痛みを増す場合もあります。

ですので痛みが強くなるのが嫌な方は温めずに冷やすことに専念した方が良いかも知れません。

冷湿布と温湿布の正しい使い分けに付いてはコチラで解説しています。

冷湿布と温湿布の違い
参考症状別に冷湿布と温湿布を使い分ける

肩こりや腰痛の様な慢性的な痛みや打撲・捻挫などの急性なケガに対し、湿布薬を貼って痛みの軽減を図る人は多いと思います。 当整体院へお越しになられるお客様からもよく「○○の時は冷湿布と温湿布のどちらがいい ...

続きを見る

 

湿布薬よりも氷嚢の方が患部は冷えてくれる

患部を冷やす際に皆さんはシップ剤の冷シップを使われる方が多いですが、氷嚢(袋に氷水が入っているモノ)の方が患部を冷やすのには最適です。

氷嚢は筋肉の深層部まで冷やすことが出来るので、より早く患部の炎症を抑える働きがございます。

ですので横になって安静にしている際には氷嚢などで患部を冷やし、痛みが少し治まり動く時や寝る時にシップ剤を貼る様にすると良いでしょう。

スポンサーリンク

ギックリ腰で痛みがあるなら鎮痛剤やコルセットを利用する

コルセットで腰の痛みを軽減

ぎっくり腰をやってしまった時に「安静はよくないよ」というと無理にでも動こうとされる方がいますが、決して痛みがあるのに無理してまで動くのはあまりお勧めは致しません。

この辺りの判断ってとっても難しいかも知れませんが、決して無理をしてはいけないということです。

また痛みが少し落ち着いてきて動き出そうとする際には、「痛み止め薬」や「コルセット」などを利用するのをおすすめします。

よく「コルセットを付けると筋力が弱くなる」という理由でコルセットを着けるのを嫌がる方もいますが、2~3日程度利用したとしても筋力はそれほど低下しません。

それよりも痛いからといって何日も横になり安静にしている方がよっぽど筋力は低下します。

ですのでコルセットを着けることにより動ける様であればコルセットを着けて少しでも早く日常生活に戻られた方がぎっくり腰は早期に改善いたします。

注意ポイント

1ヶ月間とか1年間もの間ずっとコルセットなどを付けていると筋力は低下します。2~3日ほどの使用でいきなり筋力が低下するなんてことはありませんので、状況により使い分けるのをおすすめ致します。

腰が痛いので腰痛コルセットを付ける
参考腰が痛い時には無理せず腰痛コルセットを使った方がいい

腰が痛くてもなかなか仕事を休めれないという方が多いかと思いますが、どうしても休めれない場合は腰痛コルセットなどを付けて仕事に行かれるかと思います。 この腰が痛い時などに付ける腰痛コルセットですが間違っ ...

続きを見る

 

ぎっくり腰の際に使用するコルセットについて

ぎっくり腰などになった際に使うコルセットは、スポーツ時に使用するスポーツ用のコルセットを使うのをおすすめします。

スポーツ用のコルセットは通気性も良く固定力も高いので、痛みの軽減が図れるのでおすすめですよ。

元々私自身も腰痛持ちだったので運動をする際などそれらスポーツ用のコルセットを使用していましたが、使っていると腰が痛くなる様なことはありませんでしたよ。

またスポーツ用のコルセットはドラックストアなどでは取り扱いは無く、ご購入されるなら大型のスポーツショップなどに行かれると購入することが可能です。

因みに色々なコルセットを使ってきましたが、個人的にはザムスト(ZAMST) のコルセットが1番しっくりきて今でもスポーツ時には使用しています。

※個人差があるので店舗にて着用し自分に合ったものを選ぶ様にしましょうね

 

ぎっくり腰になったら直ぐに腰痛に対応している整体院などにいく

腰痛の施術風景

そしてぎっくり腰などで腰を痛めた時など「その内に治るだろう」という考え方は捨てた方がいいと思います。

若い時などは身体の回復力なども高く多少の傷みなら1日寝ればよくなったかも知れませんが、30代を境に身体の回復力も低下してきて中々改善しなくなります。

その様な場合はその内に良くなるだろうという甘い考えはやめて、直ぐにでも「ぎっくり腰」に対応した施術が出来る整体院などに行くようにしましょう。

 

ぎっくり腰の痛みのピークは

ぎっくり腰の痛みのピークは2~3日後といわれていますが、痛みが酷くなってからそれら整体院へ行くにもとても大変かと思います。

ですので痛みのピークが来る前の動けるときにそれら整体院などへ行くようにするのをおすすめします。

また男性の方に多いのですが整体院などに行くのを躊躇う傾向があり、痛みを2~3日ほど我慢する方がいますよね。

しかしその様な方でも当院では痛みの軽減と日常生活が送れるようになる様、ぎっくり腰の施術にあたらさせていただいております。

いつまでも我慢をしないでお気軽にお電話をお待ちしております。

またぎっくり腰で痛くて寝返りすら出来ないという方はぎっくり腰をやった時「腰の痛み」でベットから起き上がれない時の対処法にて詳しく説明しておりますので是非ご覧ください

ぎっくり腰でベットから起き上がれない
ぎっくり腰の対処法|腰が痛くてベットから起き上がれない時には

腰が痛くてベットから起き上がれない   旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティック」です。 先日ぎっくり腰で腰が九の字に曲がり歩くのがやっとの状態の方が「どうにかしてよ」ということで当整体院を訪れまし ...

続きを見る

 

旭川市でぎっくり腰でお困りなら整体院ヨシダカイロプラクティックにご相談を

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスでは急に腰が痛くなるぎっくり腰から慢性的な腰痛などにもその症状に最適な施術をおこなっています。

また何度もぎっくり腰なを繰り返すような方には、ぎっくり腰を起こさない様な身体作りのご提案なども致しています。

何度もぎっくり腰を繰り返すという方は、先ずはぎっくり腰にならない身体作りすることをおすすめします。

旭川市で腰痛などの症状でお悩みなら是非とも旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスにご相談を

旭川市豊岡の整体院ヨシダカイロプラクティック

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスの外観

定休日  日曜・祝祭日
営業時間 10:00~19:00
住所   〒078-8232 旭川市豊岡2条2丁目1-1 HGSビル※専有駐車場完備

詳しいアクセス

メニューや料金についてはメニューのご案内をご覧ください。

各症状については症状一覧をご覧ください。

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

電話をかける

 

 

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックでのコロナ対策

お勧め記事(一部広告含む)

-ぎっくり腰
-,