身体が硬い

前屈が出来ない(苦手)な人の特徴

前屈が苦手な人

身体の柔らかさ(柔軟性)を知るバロメーターによく用いられるのが、この前屈する動作ですが、この前屈がとても苦手(出来ない)人って意外に多いですよね。また、最近の子供もこの前屈が苦手だという子が急増しています。

それではなぜ前屈が苦手(出来ない)なのでしょうか?

 

前屈が苦手(出来ない)人の原因

以前ですと、前屈が苦手(出来ない)な人は脹脛(ふくらはぎ)や腿(もも)の後の筋肉の硬いからだとされていましたが、実は前屈が苦手(出来ない)な人の場合これ以外にも原因が隠されていました。

もちろん脹脛(ふくらはぎ)や腿(もも)の後の筋肉が硬いと前屈は出来ませんが、この隠された原因のせいで脹脛(ふくらはぎ)や腿(もも)の筋肉が硬くなりやすくなります。

前屈が出来ないからと言って、一生懸命に脹脛(ふくらはぎ)や腿(もも)の筋肉のストレッチをし筋肉が柔らかくなったとしても、この隠された原因を取り除かなければ直ぐにまた筋肉は硬くなり前屈が出来なくなります。

その隠された原因とは、実は骨盤の傾き方に原因がございます。骨盤とは通常ゆるやかな前傾をしておりますが、この前屈が苦手(出来ない)な方の骨盤は普通の人より後傾している場合が多いのです。

前屈が苦手な人の骨盤の状態

 

なぜ骨盤が後傾することで前屈が苦手(出来ない)になる

前屈が苦手(出来ない)な人は骨盤が後傾している方が多いと言いましたが、なぜ骨盤が後傾することにより前屈が苦手(出来なく)になるのでしょうか?

前屈の仕組みは生体力学的なお話になるので少し小難しいお話になるのですが、前屈をしようとすると先ず1番最初に動くのが股関節などが動きます。

そして次に腰の骨(腰椎)が動き出し、前屈の動作を完了させます。もちろん股関節と腰椎以外の関節も動きますが、ここではあえて簡単に説明させていただきますね。

ですので一般的には前屈をする際には腰の骨(腰椎)だけを曲げていると勘違いをされる方が多いですが、実は前屈をする際には先ずは股関節が動いているということになります。

スポンサーリンク

前屈の際には股関節の可動域は約70度程度しか動かない

前屈した時の腰椎の動き

そして前屈をする際に股関節は約70度程度曲がることが出来、更に腰椎(腰の骨)は各々8度程度前方へ曲がります。

この計算でいくと腰椎は全部で5個あるので腰の骨だけで約40度の前傾姿勢を作ることができるということになります。

ですので股関節と腰椎の可動域が合わさり前屈をした際に床などに手が付くぐらいに身体を曲げることが出来るようになるのです。

 

骨盤が後傾することで股関節の可動域が減少し前屈が出来なくなる

しかし骨盤が後傾している方というのは、普段から股関節が前方に屈曲しており本来70度曲げれるはずの可動域が減少いたします。

また腰椎も同じように普段から後湾(後に曲がっている状態)している為、40度曲げれるはずの可動域が減少し前屈するということが出来なくなります。※上記の右側のイラストを見ると腰の骨(腰椎)が後湾しているのが分かるかと思います。

なので骨盤が後傾してい方は、前屈が苦手(出来ない)な方が多いのです。

ですから、前屈を出来るようにと一生懸命ストレッチしても骨盤が後傾している方は、まずは骨盤の歪みを取るストレッチ(後傾を改善するストレッチ)をしてか脹脛(脹脛)や腿(もも)の裏側のストレッチをしましょう。

しかし、最初の方で骨盤が後傾することにより脹脛(ふくらはぎ)や腿(もも)の裏側が硬くなると言ったのを覚えていますか?

少しこのことが気になったと言う方は骨盤が後傾することによりもも裏(下腿)の筋肉が硬くなるを是非読んでみてください

骨盤が後傾して前屈が出来ない
骨盤が後傾することによりもも裏(下腿)の筋肉が硬くなる

前屈が苦手(出来ない)な人の大半は腿裏(ハムストリングス)や脹脛(ふくらはぎ)の筋委縮(筋肉が硬い)を起こしています。 ではなぜ腿裏(ハムストリングス)や脹脛の筋肉の柔軟性が損なわれるのでしょうか?   骨盤が後傾することにより腿 ...

続きを見る

スポンサーリンク

骨盤の後継を改善し前屈が出来るようにしてくれるアイテム

骨盤が後傾することにより前屈が苦手だと言う方って、身体が硬いから普段からストレッチをするのも苦手意識がありストレッチをあまりしないという方が多いのではないでしょうか?

そこで骨盤が後傾している方で前屈運動が苦手だという方でも前屈が出来るようになるアイテムがございます。

それが「フレックスクッション」です。

「フレックスクッション」はお相撲さんが股割をする際に土俵の俵にお尻をのせてストレッチをすることより開発された商品で、強制的に骨盤を前傾させてくれるので前屈が苦手な方でも前屈が出来るようになるという商品です。

このフレックスクッションの表面はザラザラしておりお尻を乗せても滑りにくく、身体が硬くて前屈が苦手だと言う方でも前屈ができるようになります。

またメーカーの実験結果でもフレックスクッションを使った際には、骨盤が約20度・股関節が約15度アップし内転筋や大腿二頭筋のストレッチがしやすくなると結果が出ているとのことです。

そして各スポーツジムやスポーツ選手などの間でも利用されているので、本気で身体が硬くて前屈が出来ないという方は是非使ってみるのをおすすめします。

 

メモ

フレックスクッションの代替品としてバスタオルなどを重ねてお尻の下に敷いてストレッチをする方法もございますが、フレックスクッションの斜めになった傾斜が微妙に骨盤を前傾させてくれるのでバスタオルなどはあくまで代替品という位置付けかと思います。

また骨盤が後傾していると猫背などの姿勢になりやすくなります。

猫背改善! 骨盤を「たてる」ってどういう意味なの?でもお話していますが、猫背を改善するには骨盤の向きがとても大事になります。

また骨盤が後傾していると腰痛などにもなり易くなるので、普段から常に腰が痛いという方は骨盤の歪みを整えるために旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティック」までご来院をお待ちしております。

腰痛などについては旭川市で腰痛でお困りの方へをご覧ください

腰を痛めた女性
旭川市で腰痛でお困りの方へ

旭川市内に限らず旭川近郊の方で腰の痛みで日々ツラいおもいをされているのなら、旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスにご相談ください。 ヨシダカイロプラクティックオフィスでは腰痛時には腰周辺の筋肉の凝りをほぐし、動きにくくなった各関 ...

続きを見る

 

関連記事(一部広告含む)

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

-身体が硬い

Copyright© 旭川市の整体院 ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2020 All Rights Reserved.