ストレスが原因でも腰痛を引き起こす

2019年2月8日

ストレスが原因の腰痛

腰痛などの症状により病院などで検査をすることを当院では推奨していますが、病院でレントゲンなどの検査をしても特に異常が無いと言われる方って多いですよね。

しかし特に異常が無くとも腰が痛いという症状がある場合には、原因が腰周辺では無く全く別のところに原因が隠されている場合がございます。

この様に腰周辺に原因が無い場合には、いくら病院で腰周辺の検査をしても原因は見つかりません。

それでは腰に痛みがあるのにその痛みの原因は何処に隠されているのでしょうか?

その腰以外に原因が隠されている場合の腰痛のことを心因性腰痛と呼ばれています。

 

日常のストレスが原因で腰痛を引き起こす

病院の診療

腰痛などの症状でよく耳にするのが「腰椎椎間板ヘルニア」という病名です。

本来、『ヘルニア』とは飛び出すという意味合いが有り『腰痛椎間板ヘルニア』とは、まさに腰の椎間板の中に有る髄核が繊維輪を突き破り飛び出している状態のことです。

これを踏まえてお話いたしますが、腰痛で病院などを受診するとMRIも撮らずにレントゲンだけ撮って医者は直ぐに「腰のヘルニアだね」と診断する場合が多いかと思います。

しかし本来レントゲンだけでは椎間板の損傷などは写らず椎間板が繊維輪を突き破っている状態は解らないはずなんですが・・・

けど、なぜ医者はレントゲンだけで直ぐに病名を「腰椎のヘルニア」と診断するのでしょうか?

MRIではなくレントゲンの撮影をすると腰の骨(腰椎)同士の間隔が狭くなっているだけで、髄核が飛び出しているだろうという憶測の中での診断だからです。

実は、医者も腰痛に対してのはっきりとした原因がわからずとりあえず『腰のヘルニア』という診断をしておけば患者が納得するから『腰のヘルニア』と診断してしまうのです。

また『ヘルニア』以外にも『腰椎症』と診断される場合がございますが、これもはっきりとした原因がわからない時に使う診断名です。

それではなぜ医者でも腰痛に対してはっきりとした原因がわからないのかと言いますと、それは腰痛の原因にストレスが関与しているからです。

2012年に日本腰痛学会が原因不明の腰痛はストレスが多いに関与していると発表しましたが、それまではストレスと腰痛の関係を否定していました。

この発表により少しづつではあるが、腰痛とストレスの関係を認識する医者が増えてくれる事を期待します。

スポンサーリンク

ストレス性腰痛を緩和するには

ストレスで腰痛に

ストレス性腰痛の場合、カイロプラクティックなどの施術には効果が期待できないのか?と疑問に思うかも知れませんがカイロプラクティックの施術もストレス性腰痛に対しても効果は期待できます。

そもそも人間はストレスを感じると交感神経が過度に働きストレスから体を守ろうとします。

交感神経が過度に働くことにより血管が収縮し身体全体に行き渡るはずの血液が行き渡らなくなるため、普段から負担のかかりやすい腰などに症状が現れやすくなります。

例えば交感神経が働くときは

交感神経はいつ働くのか?

  • 集中しているときや興奮しているときに働く。
  • 急な動きなどに対応できるように全身の筋肉が収縮している状態(常に全身に力を入れているようなもの)

一方で副交感神経はどのような時に働くのかというと

副交感神経はいつ働くのか?

  • リラックスしている時や眠りにつく時に働く。
  • お腹が空いたときなど

ストレスなどで常に交感神経が優位に働いていると身体の血流は悪くなり腰痛などの症状が表れます。

このご時世ストレスフリーで生活をするのは難しいかも知れませんが、慢性的に腰の痛みを訴える様な方はたまにはリフレッシュすることも大事です。

 

ストレス性腰痛に対するヨシダカイロプラクティックでの施術とは

ヨシダカイロプラクティックでのストレス性腰痛に対する施術は以下のポイントを押さえ施術をおこなっております。

ストレス性腰痛施術のポイント

  • 関節可動域の改善
  • 筋肉がこり固まった箇所への施術
  • 交感神経へのアプローチ

ストレスから身体を守ろうとするため交感神経が優位に働くことにより、全身の関節の可動域減少傾向がありますので先ずはそこから改善していきます。

そして関節の可動域の改善が図られることにより、身体の血流もよくなり血液が全身に行き渡りやすくなります。

身体の血行が良くなることで自然治癒局も向上し、特に症状が出ている箇所の筋肉の柔軟性の改善を図ります。

通常の施術院などではここまでの施術内容になりますが、ヨシダカイロではこの後の施術が特に重要と認識し施術を行います。

それは交感神経に対するアプローチです。

他の施術院でなかなか腰痛が改善しない原因がここにあるかと思われます。

 

ストレス性腰痛の場合には首の調整で改善することがあります

ヨシダカイロプラクティックでは心因性腰痛の方に対し、ストレスの軽減を図るために頚椎の調整などを行っております。

頚椎には交感神経と副交感神経のバランスを保つ役割を担っており、頚椎の歪みが交感神経を過度に働かせることがございます。

この交感神経が過度に働くことで腰痛などの症状を引き起こす場合があるので、まずは交感神経と副交感神経のバランスを整える施術を行います。

交感神経と副交感神経のバランスが整うことで、心因性腰痛の症状も緩和が図れます。

とくにこの交感神経と副交感神経のバランスを整える施術後には今まで上手く働いていなかった副交感神経が働くことで、お腹が鳴りだす方やとっても眠くなる方などもおられます。

これら【お腹が鳴る】や【眠気に襲われる】といった症状は副交感神経が優位に働いている状態のことを指します。

 

なかなか改善しない腰痛でお困りなら旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックにご相談を

これら心因性の腰痛の場合にはいくら腰周辺の筋肉をほぐしても腰痛は改善いたしません。

いままでいろいろな整体院へ行って中々改善しない腰痛で悩まされている方が居ましたら、それは心因性の腰痛の場合がございます。

そんな腰痛でお困りなら旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックにご相談をしてみてください。

また腰痛に関しては旭川市の整体|辛い腰痛や重だるい腰の痛みのことならのにて詳しく説明しています。

腰を痛めた女性
旭川市の整体|辛い腰痛や重だるい腰の痛みのことなら

旭川市内に限らず旭川近郊の方で腰の痛みで日々ツラいおもいをされているのなら、旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスにご相談ください。 ヨシダカイロプラクティックオフィスでは腰痛時には腰周辺の ...

続きを見る

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

-腰痛
-,

© 2020 ヨシダカイロプラクティックオフィス