突然、まぶたがピクピクこれってなぁに?

2019年2月9日

  1. HOME >
  2. スポーツ >
  3. スポーツ障害 >

突然、まぶたがピクピクこれってなぁに?

2019年2月9日

 

何もしていないのに突然「まぶた」がピクピク痙攣したり、自分の意志とは全く関係なく指が勝手に動く経験ありませんか?

全身の筋肉がピクピク痙攣するのはALS(筋委縮性側索硬化症/きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)という病気もありますが、「まぶた」や「指」などがピクピクする程度なら特に問題はありませんが身体が疲れている証拠ですよ

 

身体のミネラル分が不足することでピクピクを起こしやすくなる

まぶたが突然ピクピク

通常、健康な方が一時的にまぶたなどがピクピクと痙攣しだすのは局所性痙攣の可能性が大半かと思われます。またこの局所性痙攣の症状が現れやすいのが目の周りや指先に多く症状が出ます。

この局所性痙攣(自分の意志とは関係なくピクピクする)は、激しい運動をすることで汗などを多量にかいた時に身体の中のミネラル分が不足し神経伝達が正常に行われない時や身体が極端に疲れている時などに起こりやすくなります。

 

スポーツ中は特にミネラル分が不足する

例えば試合中などに選手が足がつって動けなくなることがありますが、これって身体の中のミネラル分が汗と共に排出され筋肉に疲労が溜まり過ぎるとおこりやすくなります。

私自身も社会人枠でラグビーをしていますが、30歳を過ぎた辺りから急に試合中などは足がつることが多くなりました。

歳はとりたくないですが・・・致し方ありません

この様にスポーツ中に起こる局所性痙攣(足がつったりする状況)の予防には、こまめにスポーツドリンク等で身体のミネラル分を補給する事と筋肉を冷やさない様にすることである程度は予防をすることが出来ます。

また、若い方なら水などで水分を補給しても足がつることはある程度予防できるかと思いますが、年齢が上がると段々とただの水だけではミネラルが不足がちになり易くなります。

なので30代くらいを境に足などがつりやすくなったのなら、出来ればスポーツドリンクなどで水分を補給するようにしましょう。

スポンサーリンク

運動をしていなくてもミネラルは不足している

日頃激しいスポーツや運動などをしていない方でも、日中にまぶたなどが痙攣(ピクピク動く)するという方はスポーツドリンクなどで身体のミネラル分を補給ると痙攣が緩和されやすくなります。

特に激しい運動をしていなくても私たちが普段食べている食事では、かなり栄養に気を配っていないと普段の食事だけではミネラル分が不足しがちになりやすくなります。

そして身体のミネラル分が常に不足気味な状態で生活していると、仕事や家事など普段より少し忙しくなった程度でもまぶたなどが痙攣を起こしやすくなります。

なので、先ほども言いましたが応急処置的にはなりますが、まぶたなどの痙攣が起こりやすくなった時はスポーツドリンクなどで身体の中にミネラル分を補給してあげましょう

しかしスポーツドリンクなどはかなり糖分が多く身体を動かす習慣が無い方が多めに摂取すると直ぐに体重増となるので、身体を適度に動かしながらスポーツドリンクなどで身体のミネラルを補給しましょう。

 

手軽にミネラルを摂取するならサプリメントがおすすめ

身体の中のミネラル不足が原因で起こる「目の痙攣」などには応急処置的にスポーツドリンクを飲みましょうと言っていますが、これはあくまでも応急的なものになります。

ミネラル不足を解消するには普段の食事に気を付けるのが1番良い方法なのですが、なかなか普段の食事で栄養管理をするのも難しいのも本音ですよね。

そこで手軽に身体のミネラル不足を解消するのに役立つのが、皆さんもご存知のサプリメントで足りない分のミネラルを補給する方法です。

サプリメントなら忙しい方でも手軽にミネラルを摂取することが出来るので、ミネラル不足を感じたら是非サプリメントでミネラルを補給するようにしましょうね。

ただ1つ言わさせていただきますが、これらサプリメントあくまで補助が目的です。

なので食事からもしっかりミネラルを取るようにし、足りない分を補うということをお忘れなく!

そしてこれらミネラルのサプリメントでしたら、ドラックストアなどでも手軽に購入することが出来るかと思います。

例えばDHCなどから販売されているDHC マルチミネラル 60日分(180粒)とか手軽に購入できるかと思います。

ネットなどでも直ぐにポチって出来るので目などの痙攣でお困りなら、2~3か月間ほど試しにサプリメントなどを食べてみるのもいいのかも知れません。

 

スポーツ関連記事

身体が硬いとスポーツの際にはデメリットばかり
身体が硬い人はスポーツ時にもデメリットがたくさんある

野球やサッカーなど様々なスポーツをされている方が多いですが、昔から身体が硬いとケガをしやすいと言われています。 また身体が硬いことでスポーツ時のパフォーマンスにも影響を与えると言われています。 せっか ...

体幹を鍛える
体幹を鍛える為のおすすめツール

体幹トレは自体重で簡単に始めらるトレーニングですが、ここご紹介しているアイテムを使用することで体幹トレ自体のバリエーションは各段に増えるので揃えておいて損はしないかと思います。   大変便利 ...

体幹を鍛える男性
間違いだらけの体幹トレーニング

スポーツをされている方なら1度は耳にしたことがある「体幹トレ」。今では有名なプロスポーツ選手なら誰もがトレーニングに取り込むほど浸透していますよね。 また、プロスポーツ選手以外にも一般の方でも、ご自身 ...

体幹を鍛える
体幹トレを行うことで何故スポーツ時のパフォーマンスが向上するのか

スポーツ選手にとって、スポーツ時におけるパフォーマンスの向上は誰もが望んでいることかと思いますが、そのパフォーマンスの向上を図るためここ数年でトレーニング中に取り組まれるようになったが体幹トレーニング ...

体幹を鍛える
体幹を鍛えて身体の歪みを予防しよう

日々あなたの身体は着々歪みを作り出しています。 身体が歪むことにより色々な身体の不調を引き起こし、やがて肩こりや腰痛と言った慢性的な症状となって現れます。 そこで日々少しづつ歪む身体ですが、あることを ...

体幹を鍛えることで姿勢維持が出来る
筋肉が衰えることで身体が歪みやすくなる

普段から身体を動かす習慣の無い方は年齢と共に必然的に筋力は低下していきます。 また、筋力が低下すると良い姿勢を保とうとしても良い姿勢をとることが困難になり、身体は必然的に筋力を使わなくても姿勢を維持で ...

水分補給にはハイポトニック
試合中などはハイポトニックで水分補給を!

ポカリスエットやアクエリアスなど一般的に購入できるスポーツドリンクなどは安静時に飲むと身体の体液などと同等の浸透圧でより早く吸収されやすくこれらドリンクのことを「アイソトニック」と呼ばれています。 し ...

まぶたがピクピク
突然、まぶたがピクピクこれってなぁに?

  何もしていないのに突然「まぶた」がピクピク痙攣したり、自分の意志とは全く関係なく指が勝手に動く経験ありませんか? 全身の筋肉がピクピク痙攣するのはALS(筋委縮性側索硬化症/きんいしゅく ...

ふくらはぎのストレッチ
練習や試合後にふくらはぎに違和感を感じた時の対処法

練習後や試合ごなど身体のいたるところに痛みや不具合といった症状が起きやすいですが、ふくらはぎに関しての痛みや不具合の場合はスポーツ障害が起きる前兆かも知れません。 このふくらはぎの違和感を放置していう ...

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

-スポーツ障害
-,

Copyright© 旭川市の整体院 ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2020 All Rights Reserved.