旭川市内で肩こりや腰痛・産前産後のお悩みはヨシダカイロまで

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

 0166-32-6779

住所     旭川市豊岡2条2丁目1-1 HGSビル1F
営業時間  10時~19時(最終受付18時)
定休日    日曜・祝日

質の良い睡眠をとるためには寝具選びが重要です

更新日:

寝具を変えて肩こり腰痛を予防する

質の良い睡眠をとることで動脈硬化などになるリスクが軽減されることが米国心臓協会(AHA)から報告されましたが(※詳しくは≫コチラから)質の良い睡眠は動脈硬化のリスクを軽減するだけではなく、国民病とも言われている肩こりや腰痛などの予防にもつながります。

特に、慢性的な肩こり/腰痛に悩まされている方で、今まで寝具などに全く気を使っていなかった方は1度寝具を見直してみることで肩こりや腰痛などが軽減される場合がありますよ

 

みなさんは寝具に関心が無さ過ぎです!!

大抵の方は毎日同じ寝具で寝ているかと思いますが、毎日使う寝具なのにそれほど寝具に対して関心の無い方が多いように見受けられます。

大抵の方は、今現在使っている寝具は何年前に購入されたのすら覚えていなく、よくよく考えてみればもう10年も同じ寝具を使用していたなんてザラですよね。

それほどみなさんは寝具に対してあまり関心が無いということになります。

よく言われることですが人生の1/3はベットの上で寝ているのですからもう少し寝具に関心を持つようにしましょう。

 

寝具には大きく分けて2種類の寝具が存在します

人生の1/3は寝具の上で寝ているのに、その寝具に対しての知識はみなさん少ないのが本音ではないでしょうか?

そこで、ヨシダカイロプラクティックオフィスが少し寝具についてお話させていただきたいと思います。

まず、寝具には大きく分けて2種類の寝具がございます。

寝具の種類

  • 睡眠導入に重点を置いた寝具
  • 睡眠の質を向上させる目的の寝具

寝具には大きく分けて上記のような2種類の寝具がございます。

しかし、この説明だけでは少し分かりづらいかと思うので2つの寝具の特徴をこれからお話したいと思います。

 

睡眠導入に重点を置いた寝具の特徴

まず1つ目の寝具、睡眠導入時の快適さを求めた寝具ですが、この寝具の特徴は寝る際に横になった時の心地よさを追求し如何に素早く寝ることが出来るかを追求した寝具になります。

この様な寝具は以前流行った低反発タイプの寝具になります。

低反発タイプの寝具は横になった時は寝具自体柔らかいので一見寝心地は良さそうですが、熟睡状態になると身体は寝具に沈み込む形となり想像とは逆に寝心地はあまり良くないモノが多いです。

少し極端過ぎる例かも知れませんが、皆さんはご家庭にあるソファーの上で寝たことってありますよね。

勿論私も以前はよくソファーの上でウトウトと寝てしまうことがありましたが、目が覚めると「首が動かなくなったり」「腰が痛くなったり」と身体に何らかの症状が必ずと言っていいほど表れますよね。

基本的にソファーは柔らかく座り心地を良くしようと作られているモノが多く、この様に柔らかいモノの上で寝ると身体が沈み込む為結果寝ている姿勢が無理な状態になるので起きたとき首や腰に負担がかかり痛くなったりします。
低反発タイプの寝具もこのソファーと同じように基本柔らかく出来ているため、寝ている姿勢は決して良い姿勢で寝ていないことになります。

 

睡眠の質を向上させる目的の寝具の特徴

一方、睡眠の質を向上させる目的の寝具とは、最近各寝具メーカーからも多く販売されているタイプの寝具で高反発タイプの寝具になります。

高反発タイプの寝具に横になってみると、身体が沈み込まないので一見寝心地はあまり良くないかと感じてしまう方が多いですが、実はこの身体が沈み込まないおかげで質の良い睡眠をとることが可能となります。

実は寝ている時に皆さんは寝返りをしますが、寝具が柔らかいとこの寝返りをする際に身体には余計な力が入り寝返りをうつたびに睡眠が浅くなります。

睡眠が浅くなると結果、質の良い睡眠をとることが出来なくなり身体には色々な影響を与えるようになってきます。

なぜ柔らかい寝具では眠りが浅くなるのか?

例えば、あなた自身が走っていることを想像してみてください。あなたが今走る場所は綺麗に舗装された道路だとします。走る足場が安定していると走るにも快適に走ることが出来ますが、これが砂浜を走っていたとするとどうでしょうか?足場が不安定なので走るにしてもかなり身体には負担が掛りますよね。

寝ている時も同じで、身体が接している部分が柔らかい場合寝返りをうつ際には身体には余計な力を入れないと寝返りがうてなくなります。

 

出来れば睡眠の質を向上させる高反発タイプの寝具を使おう

この様に寝具にも2種類のタイプ別に販売されていますが、肩こりや腰痛などを専門的に診る我々カイロプラクターからすれば出来れば高反発タイプの寝具の使用をおすすめいたします。

また、高反発タイプの寝具も手頃な値段で買えるモノやかなり高めに設定されているモノなど様々ですが、この様に普段毎日使うようなモノは出来る限る信頼がある商品の購入をおすすめいたします。

寝具を変えて肩こり腰痛を予防する
睡眠の質を改善するには高反発マットレスを使おう

数年前までは低反発マットレスが主流でしたが、最近では高反発マットレスが主流に変わりつつあります。 高反発マットレスのメリットは睡眠の質をあげ身体の歪みや腰痛・肩こりなどを軽減することです   ...

続きを見る

肩こり腰痛を予防する関連記事

ストレッチのメリット

ストレッチ

2018/12/15

なぜストレッチをすると身体に良いの?ストレッチのメリットとは

ストレッチと聞くと「身体が柔らかくなる」や「健康に良い」などといったイメージがあるかと思いますが、実際には具体的な効果(メリット)をしっかりと説明出来る方は少ないのではないでしょうか? そこで身体のケアをするカイロプラクターの私がストレッチについて少しお話をさせていただきたいと思います。 スポンサーリンク ストレッチには2つの部位を伸ばす役割がある 一般的に「ストレッチで伸ばす」といったイメージは筋肉を伸ばすイメージを持たれる方が多いかと思いますが、実はストレッチには筋肉以外にもう1つの部位を伸ばすことが ...

続きを読む

カラダが硬い原因

ストレッチ

2018/11/1

カラダが硬い人が増えている!硬いとデメリットだらけだよ

あなたのカラダ硬くないですか?   ここ最近カラダが硬い人が非常に増えてきているように感じます。 実際に私自身も年齢を重ねるにつれ年々カラダは硬くなってきてると感じられますが、加齢によるカラダの硬さもさることながら若い方でもカラダが硬いという方も増えてきているので加齢のせいだけではない様に感じられます。 スポンサーリンク カラダが硬いってことはデメリットだらけです カラダが硬いという方は各関節の可動域が極端に狭められますよね。 するとカラダの様々な箇所の動きが制限されるようになり、普段の生活や運動時のパフ ...

続きを読む

PCの位置で肩こり予防

予防 肩こり

2018/10/4

パソコン作業でも肩が凝らない工夫をし肩こりを予防しましょう

PC作業中でも肩こりを予防する   旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。 私自身も仕事でパソコンの前に座り長時間PC作業に追われることが多いですが、仕事柄どうしても事務職をされている方なら尚更1日中パソコンの前に座って仕事をするのが当たり前って方が多いですよね。 そしてそのように1日中座って仕事をされている様な方に限って肩こりなどの症状が酷くていつもツラいとおっしゃっている方が多いのではないでしょうか? また肩こりだけならまだしも、肩こりから頭痛や吐き気なども伴うような症状を訴える方 ...

続きを読む

予防

2018/10/30

肩こりや腰痛は自分で予防できます

肩こりや腰痛などで日々悩まされている方は非常に多いかと思いますが、実は肩こりや腰痛などの症状は普段の何気ない行動で悪化させている可能性があります。 なので、普段の生活を少し改善することであのツラい肩こりや腰痛を自分である程度予防しながら改善することができます。 スポンサーリンク 肩こりや腰痛などといった症状は普段の生活習慣を見直すと予防と改善が図られます 最近ではスマホなどの普及により坐りながらや歩きながらのスマホ操作(本来、歩きスマホはダメですよ)で日常的に行われるようになり、姿勢が悪い方が非常に増えて ...

続きを読む

タメになる話 予防

2018/6/7

いつまでも健康でいたいなら質の良い睡眠を心がけましょう

旭川整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」のよしだです。 皆さんは、日々の睡眠ってどの位の時間とっていますか?睡眠時間は人により様々ではあるかと思いますが、私は最低7時間くらいは寝ていたいと常日頃から思っています。 日々の睡眠時間が7時間ってそりゃ寝すぎだろって突っ込まれそうですが、実はこの7時間の睡眠って身体にとっては非常に大事で決して寝すぎではないんですよ。 スポンサーリンク 米国心臓協会(AHA)が発表した驚きの結果が!! つい先日、米国の心臓協会が発表した論文で睡眠環境の違いで動脈硬化のリス ...

続きを読む

スポーツ障害

2018/10/30

突然、まぶたがピクピクこれってなぁに?

何もしていないのに突然「まぶた」がピクピク痙攣したり、自分の意志とは全く関係なく指が勝手に動く経験ありませんか? 全身の筋肉がピクピク痙攣するのはALS(筋委縮性側索硬化症/きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)という病気もありますが、「まぶた」や「指」などがピクピクする程度なら特に問題はありませんが身体が疲れている証拠ですよ スポンサーリンク 身体のミネラル分が不足することでピクピクを起こしやすくなる 通常、健康な方が一時的にまぶたなどがピクピクと痙攣しだすのは局所性痙攣の可能性が大半かと思われます。ま ...

続きを読む

試合中に足がつる

スポーツ障害

2018/11/15

スポーツ中に「足がつる(つった)」原因と予防

練習中や試合中などスポーツをしている最中に「足がツッて」悶絶したり、寝ている時にいきなり「足がツってしまい」いきなり目が覚めたりという経験をされた方などって意外と多いのではないでしょうか そして、あの足がつっている時なんて本当に痛くて大人でさえも悶絶してしまいますが、なぜ足がつってしまうのか皆さんはご存知でしたか? スポンサーリンク 「足がつる(つった)」原因って何? 基本的に足がつっている状態とは足の筋肉が痙攣をおこし伸縮が出来なくなっている状態のことです。※伸縮というと少し語弊があるかも知れませんが詳 ...

続きを読む

ふくらはぎの違和感

スポーツ障害

2018/10/12

練習や試合後にふくらはぎに違和感を感じた時の対処法

練習後や試合ごなど身体のいたるところに痛みや不具合といった症状が起きやすいですが、ふくらはぎに関しての痛みや不具合の場合はスポーツ障害が起きる前兆かも知れません。 このふくらはぎの違和感を放置していうと予期せぬスポーツ障害を招く場合があるので十分注意しましょう。 スポンサーリンク ふくらはぎの役割とは ふくらはぎとスポーツ障害の関係をお話する前に、先ずはふくらはぎとはどのような筋肉なのかお話をしたいと思います。 ふくらはぎは主に足を曲げたり伸ばしたりする時に働く筋肉です。 なので、全てのスポーツに関わるこ ...

続きを読む

スポーツ障害の原因と予防

スポーツ障害

2018/6/27

なぜスポーツ障害が起こるのか?その原因と予防

スポーツ選手にとって試合に勝つ為には日頃ハードなトレーニングなどを行いますが、日頃ハードなトレーニングばかりしていて休息なども取り入れないとスポーツ障害を起こす原因になります。 日々の練習も大事ですが、しっかりと休むことも大事な練習だということを覚えておきましょう。 スポンサーリンク なぜスポーツ障害を起こしてしまうのか スポーツ選手は自分が好きでやっているスポーツで「試合に勝ちたい」や「良いタイムを出したい」からトレーニングを行うかと思いますが、そのトレーニングのし過ぎで身体にスポーツ障害をおこし「試合 ...

続きを読む

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

ご予約はお電話にて

0166-32-6779

〒078-8232 
旭川市豊岡2条2丁目1-1
専有駐車場 3台あり

旭川市豊岡2条2丁目1-1

 

-睡眠
-, , , ,

Copyright© 旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2018 All Rights Reserved.