自宅で簡単に腰痛を予防する方法

2019年7月5日

自宅でバランスボールで腰痛ケア

慢性的な腰痛持ちだという方ってとっても多いかと思いますが、普段から自分でなにかケアをされている方って少ないのではないですか?

腰が痛い時だけ自分で揉んだりストレッチしたりしても、結局はその場限りでまた直ぐに腰が痛くなりますよね。

腰が痛い時だけ揉んだり伸ばしたりしても良くならないってことは、本当は皆さんは存じ上げていますよね・・・

しかし慢性的な腰痛持ちなのに普段から腰のケアをしない理由の1番は『ストレッチするのが面倒』だからでは無いでしょうか・・・

仕事から帰ってきて疲れているのにわざわざ時間を作ってまで「ストレッチなんかやってられるか」ってのが本心ですよね。

そこでわざわざ時間を作ってまでストレッチなどを行うのでは、簡単に「ながら」で出来る腰痛予防の方法について説明していきたいと思います。

「○○しながら」ならあまり時間がない方でも腰のケアを出来ますよね

 

腰痛予防は少しでもいいので毎日コツコツ行うことが大事です

まず初めにお伝えいたしますが特に慢性的な腰痛持ちの方ほど腰のケアは毎日行うようにしてください。

決して痛い時だけケアをしたってその場限りでまた直ぐに腰を痛めます。

腰痛予防で1番大事なことが少しでもいいので毎日コツコツ行うことです

慢性的な腰痛の場合には日々の疲労が少しづつ腰に蓄積され「おもだる」といった症状が腰にあらわれます。

ですので毎日その腰の疲労をリセットしてあげれば蓄積されずにそれほど腰へ負担がかからなくなります。

ですので大事なのことなのでもう1度言いますが、本気で腰の痛みや腰痛をどうにかしたいのなら毎日コツコツと腰のケアをするようにしてください

 

バランスボールを活用し「○○しながら」腰痛予防を!

バランスボールで腰痛予防

まず1番簡単に「○○しながら」でも腰痛予防が出来る方法が、バランスボールを使った方法です。

一時期流行ったのでご家庭にもある方が多いかと思いますが、押入れにしまわれている方が居るのなら早速引っ張り出して空気を入れて使えるようにしましょう。

そしてテレビを見ると時やスマホの画面を覗き込む時など、ソファーに座ってそれらを行うのではバランスボールに座りながら行うようにしてください。

そしてまず初めはバランスボールに座る習慣を身に付けましょう。

このバランスボールに座るという習慣付けが大事で、先ずは座ることから始めましょうね。

そして少しづつ座ることに慣れたら、今度は身体を上下に動かしたり腰を左右に振ってみてください。

たったこれだけでも今まで何も行われなかった方にしてみれば腰のストレッチをしていることになるので、コツコツが苦手な方でも継続して出来ますよね。

そしてバランスボールに慣れてきたら、今度は足を床から少し浮かし体幹を使いながらテレビやスマホを見る様にしてみてください。

初めのうちはなかなか足を浮かしながらテレビを見たりするのは難しいかも知れませんが、しっかり体幹を使えるようになると1時間ドラマくらいは足を浮かしながら見ることが出来るようになるので!

 

バランスボールを使って簡単に背骨や大胸筋をストレッチする

バランスボールで背骨を伸ばす

それとバランスボールの上で仰向けになって両手を広げるだけで、背骨や大胸筋などをストレッチするこも出来ます。

腰の上に位置する背骨の柔軟性が低いと腰へは負担がかかるので、背骨をストレッチしてあげることも重要になります。

また両手を広げ胸(大胸筋)をストレッチすることで、背中を丸めるような姿勢も改善されるので腰への負担が軽減されます。

例えば1時間ドラマを見ながらコマーシャルの間だけ背骨を伸ばすようにするだけでもストレッチの効果が期待出来ますよね。

 

腰痛を予防するには腰周辺だけはなく、下半身の血流を改善することも重要です

今までご紹介した「○○しながら」のストレッチは主に腰周辺に対してのケアの方法でしたが、腰痛を予防するためには腰周辺だけでは無く下半身の血流を改善してあげることが重要になります。

腰がおもだるいなどの症状に対し腰を伸ばしたりする行為はその部位に対し直接的な行為になりますよね。

しかしここからご紹介する腰痛ケアの方法は間接的に腰をケアしていく方法になります。

 

ご自宅で腰痛を予防するには下半身のストレッチが大事です

腰痛予防ストレッチ

腰が痛いから腰周辺の筋肉をほぐしたり伸ばしたりするのも大事ですが、実は腰痛予防に大事なのが下半身の筋肉の柔軟性が非常に重要になってきます。

例えば身体の中の血流は心臓から手足など各末端まで酸素と栄養を運びますが、下半身の筋肉の柔軟性が低下していると正常に血液は循環せず腰にも酸素と栄養の供給が遅れます。

腰周辺の筋肉に酸素と栄養がきちんと供給されないと疲労の回復も遅くなるので、いつまで経っても腰の痛みが回復しなくなります。

ですのでご自宅などで腰痛予防をする際には、しっかりと下半身の筋肉をほぐすようにすることが重要になります。

また股関節の柔軟性が低下している方も腰痛になりやすい傾向がございます。

股関節と腰痛との関係については股関節が硬いと腰痛になりやすいをご覧ください

股関節が硬い人
股関節が硬いと腰痛になりやすい

「腰がおもだるい」や「腰が痛い」など、慢性的な腰痛に悩まされている方は多いかと思います。 しかし実際には腰痛に対してストレッチをしたり筋肉をほぐしたりしている方って少ないのではないでしょうか? そして ...

続きを見る

 

下半身の血流を改善するのに効果的なストレッチ

下半身の血流を改善するのに効果的なストレッチをいくつかご紹介していきます。

しかもここでご紹介する方法は先ほどと同様に「○○しながら」でも出来る方法なので、継続することが苦手な方でもきっと継続しておこなえると思います。

 

「○○しながら」足首を回す

足首を回すと腰痛予防になる

まず1番簡単な下半身の中で腰痛予防に役立つ方法です

その方法はただ「足首を回す」だけです。

足首が固いと歩くだけでも腰へ負担をかけることになりますし、下半身の血流も悪くなります。

ですので暇をみつけは足首を回す癖をつける様にしましょう。

これなら「○○しながら」でもできますし、職場の机の下でもできますよね。

 

足を上げて血流改善

足を上げて血流改善

先ほどのながら運動でもご紹介したバランスボールを使って、足をバランスボールの上に乗せるだけのストレッチです。

足を上げながらテレビやスマホを見ているだけでも、疲れたふくらはぎなどの血流を改善してくれます。

ただソファーに座ってテレビを見るよりもこんな簡単なことをするだけで腰痛の予防に繋がるのなら是非やってみようと思いますよね。

ご自宅で腰痛予防するのは意外と簡単ですね

ご自宅などで腰痛予防をする方法をいくつかご紹介いたしましたが、私がご提案させていただく方法はどれも簡単に出来る方法かと思います。

ジムなどへいって一生懸命身体を動かすことも大事ですが、なかなかジムへ行くにしても時間が取れないという方が多いですがここでご紹介している方法なら誰でも出来そうですよね。

そしてこんなにも簡単な方法であればいくら三日坊主の方でも継続できそうではありませんか?

1番最初にもお伝えいたしましたが、腰痛持ちの方が腰のケアをするのに1番大事なことが毎日コツコツ行うことです。

先ずは自分が出来ることからでもいいので少しづつ腰痛予防のためにご自宅で今までご紹介したストレッチなどを行うようにしてください。

 

旭川市で腰痛のことでお困りならヨシダカイロプラクティックにご相談を

ヨシダカイロプラクティック院内風景

ヨシダカイロプラクティックの店内

慢性的に腰が痛い方がご自宅などで自分で腰のケアをしていても、どうしても自分ではケアしきれない箇所などもございます。

その様な時は腰がおもだるいや痛いなどの症状を起こすかも知れませんが、そのまま放置をせず直ぐにでも旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティック」にご相談をください。

当院ではそれら自分でケアしきれなかった箇所や自分では気づきにくい部分なども、整体により身体の調整を行います。

また月に1度は身体の専門家のところで身体のケアをすることでいつまでも健康でいられる身体を手に入れることが出来す。

ですので腰がおもだるいや腰に違和感がある方はお気軽にご連絡を

腰痛に関することは旭川市整体|腰痛 辛い腰の痛みを和らげ根本的な原因を取り除くにて詳しく説明しています

腰を痛めた女性
旭川市の整体|辛い腰痛や重だるい腰の痛みのことなら

旭川市内に限らず旭川近郊の方で腰の痛みで日々ツラいおもいをされているのなら、旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスにご相談ください。 ヨシダカイロプラクティックオフィスでは腰痛時には腰周辺の ...

続きを見る

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

-腰痛
-, ,

© 2020 ヨシダカイロプラクティックオフィス