旭川市内で肩こりや腰痛・産前産後のお悩みはヨシダカイロまで

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

肩こり 腰痛 予防

肩こりや腰痛は自分で予防できます

更新日:

肩こり腰痛自分で予防

肩こりや腰痛などで日々悩まされている方は非常に多いかと思いますが、実は肩こりや腰痛などの症状は普段の何気ない行動で悪化させている可能性があります。

なので、普段の生活を少し改善することであのツラい肩こりや腰痛を自分である程度予防しながら改善することができます。

スポンサーリンク

肩こりや腰痛などといった症状は普段の生活習慣を見直すと予防と改善が図られます

最近ではスマホなどの普及により坐りながらや歩きながらのスマホ操作(本来、歩きスマホはダメですよ)で日常的に行われるようになり、姿勢が悪い方が非常に増えているように感じられます。

また、以前と比べると仕事の内容などにも変化があり、常にデスクワークをされている方も多くなりなりこの仕事内容でも姿勢が悪くなる原因かと思います。

この日常的に姿勢が悪くなることで、若い方でも肩こりや腰痛などといった症状を訴える方が増えています。

そこで、少しでも肩こりや腰痛といった症状の予防と改善が出来るような日常生活の送り方の説明をさせていただきます。

 

座り方を改善して肩こりを予防する

肩こり腰痛を予防する

事務職だけに限ったことではありませんが、最近の仕事環境の多くは1日中座ってパソコン作業をされている方が多いかと思います。

1日中座ってPC作業をされているとどうしても肩こりなどの症状で悩まされますよね。

しかし、そのPC作業も座り方を少し変えるだけであのツラい肩こりを予防しながら改善すること出来ればあなたならどうされますか?

もちろん肩こりなどにならない様になるなら日常での座り方を変えますよね。

しかし先にお伝えいたしますが、ここでご紹介している座り方に変えると全く肩こりにならないとは断言はできませんのでご了承くださいね。

しかし、しっかりとした座り方を身に付けると今までの様なツラい肩こりなど緩和されるのでが是非実施してみる価値はあると思います

 

 

立ち方(姿勢)を変えるだけで肩こりや腰痛が予防できる

立ち方を変えて肩こり腰痛を予防する

猫背など姿勢が悪い方は見た目にもマイナスになりますよね。

そして立っている時の姿勢が悪いと肩こりなどといった症状にもなりやすくなりますし、呼吸なども浅くなるので疲れやすい体質になり易くなります。

この肩こりや見た目などにも影響を及ぼす立ち姿勢ですが、実は身体には様々な関節(身体全体で約365の関節があります)がありこの関節が身体の姿勢を不安定にしている原因とされています。

身体中の関節は様々な動きが出来る反面、この様に姿勢のアンバランスを引き越してしまいます。そこでその不安定な関節を安定させる為に身体中の筋肉が総動員して、普段の立ち姿勢などを保っているのです。

しかし、普段から立っている時の姿勢が悪いと本来使われるはずの筋肉が使われず段々と衰えてきます。

そうなると普段から正しい姿勢ではいられなくなり、姿勢は段々と悪くなり肩こりや腰痛などの症状を訴える様になります。

そこで、日々肩こりや腰痛などでお悩みの方は今一度自分の立ち姿勢を見直し肩こりや腰痛とは無縁の身体を手に入れてみてはどうですか?

 

 

寝ている時の姿勢を改善して肩こりや腰痛を予防する

寝ている時の姿勢

この頃、よく寝ているはずなのに身体の疲れが取れないとか、寝て起きると肩が凝ったとか腰が痛いとか言われる方が多いように思われます。

本当は寝ているときは、体も心も一番リラックスしており身体の疲れを取る時間であるはずです。

しかし、近年寝具は寝心地が良いからと柔らかい物へ移行してきており、それが疲れが取れない原因になっている事が多いです。

 

 

 

長い時間同じ姿勢でいると肩こりや腰痛になるってご存知でしたか

座り方を変えるだけで肩こり腰痛の予防になる

普段のお仕事などでパソコンを使うことが当たり前のようになってきましたが、ふと気が付けば何時間もPCの前で同じような姿勢で仕事をしていませんか?

また、会議や打ち合わせなどが未だに長い会社などがありますが、何時間も会議や売り合わせなどをしているとずっと同じような姿勢でいることとなります。

私たち人間の筋肉は長時間同じような姿勢でいると筋肉などの血流が滞り筋肉などの柔軟性は段々と低下し固まっていきます。

柔軟性を失い筋肉が固まったままだと筋肉はやがてその状態を記憶してしまいます。

例えば、長時間座ったままの状態ですと足の付けの筋肉などは収縮したままになり骨盤が過前湾を起こします。

骨盤が過前湾になると腰が反り過ぎた状態になるので、やがて腰痛などの症状を発症するようになるでしょう。

また座ったまま前のめりの姿勢で長時間いると、今度は肩や背中がまるくなりそのままも状態を筋肉が記憶してしまいます。

すると肩こりや背中痛などといった症状を起こしやすくなってしまいます。

ですから肩こりや腰痛を自分で予防するには、極力何時間も同じような姿勢を続けないことが大事になってきます。

詳しい内容はコチラでご紹介しているので気になる方は是非ご覧ください

 

 

肩こり腰痛を予防する関連記事

PCの位置で肩こり予防

肩こり 予防

2018/8/3

パソコン作業でも肩が凝らない工夫をし肩こりを予防しましょう

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。 私自身も仕事でパソコンの前に座り長時間PC作業に追われることが多いですが、仕事柄事務などをされている方なら尚更1日中パソコンの前ってのが当たり前ですよね。 そしてそのような方に限って肩こりなどの症状が酷くて、いつもツラいとおっしゃっている方が多いかと思います。 また肩こりだけならまだしも、肩こりから頭痛や吐き気なども伴うような症状を訴える方も中にはいます。 頭痛や吐き気などを伴うほど肩こりが酷くなると改善するにも時間が掛るので、その様な方は早期に ...

続きを読む

肩こり 腰痛 予防

2018/6/7

肩こりや腰痛は自分で予防できます

肩こりや腰痛などで日々悩まされている方は非常に多いかと思いますが、実は肩こりや腰痛などの症状は普段の何気ない行動で悪化させている可能性があります。 なので、普段の生活を少し改善することであのツラい肩こりや腰痛を自分である程度予防しながら改善することができます。 スポンサーリンク 目次(もくじ)1 肩こりや腰痛などといった症状は普段の生活習慣を見直すと予防と改善が図られます2 座り方を改善して肩こりを予防する3 立ち方(姿勢)を変えるだけで肩こりや腰痛が予防できる4 寝ている時の姿勢を改善して肩こりや腰痛を ...

続きを読む

予防 タメになる話

2018/6/7

いつまでも健康でいたいなら質の良い睡眠を心がけましょう

旭川整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」のよしだです。 皆さんは、日々の睡眠ってどの位の時間とっていますか?睡眠時間は人により様々ではあるかと思いますが、私は最低7時間くらいは寝ていたいと常日頃から思っています。 日々の睡眠時間が7時間ってそりゃ寝すぎだろって突っ込まれそうですが、実はこの7時間の睡眠って身体にとっては非常に大事で決して寝すぎではないんですよ。 スポンサーリンク 目次(もくじ)1 米国心臓協会(AHA)が発表した驚きの結果が!!1.1 質の悪い睡眠が動脈硬化を促進する恐れがある2 ...

続きを読む

寝具を変えて肩こり腰痛を予防する

予防 タメになる話

2018/6/7

眠りの質を上げる高反発マットレスの種類とは

最近では眠りの質を高めてくれる高反発タイプのマットレス(寝具)にも沢山の種類が販売されています。 しかし、高反発タイプのマットレスならどれを使っても「睡眠の質を上げてくれるか」と言われるとそうではないマットレス(寝具)もございます。 なので、ここではどのような高反発タイプのマットレスを選べば質の高い睡眠がとれるのかお話していきたいと思います。   目次(もくじ)1 薄すぎる高反発タイプのマットレスは底付きを起こしやすい1.1 安価な高反発マットレスは直ぐにダメになる1.2 2週間程度は試してみよ ...

続きを読む

寝具を変えて肩こり腰痛を予防する

予防 タメになる話

2018/6/7

質の良い睡眠をとるためには寝具選びが重要です

質の良い睡眠をとることで動脈硬化などになるリスクが軽減されることが米国心臓協会(AHA)から報告されましたが(※詳しくは≫コチラから)質の良い睡眠は動脈硬化のリスクを軽減するだけではなく、国民病とも言われている肩こりや腰痛などの予防にもつながります。 特に、慢性的な肩こり/腰痛に悩まされている方で、今まで寝具などに全く気を使っていなかった方は1度寝具を見直してみることで肩こりや腰痛などが軽減される場合がありますよ   目次(もくじ)1 みなさんは寝具に関心が無さ過ぎです!!1.1 寝具には大きく ...

続きを読む

スポーツ障害 予防

2018/6/2

突然、まぶたがピクピクこれってなぁに?

何もしていないのに突然「まぶた」がピクピク痙攣したり、自分の意志とは全く関係なく指が勝手に動く経験ありませんか? 全身の筋肉がピクピク痙攣するのはALS(筋委縮性側索硬化症/きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)という病気もありますが、「まぶた」や「指」などがピクピクする程度なら特に問題はありませんが身体が疲れている証拠ですよ スポンサーリンク 目次(もくじ)1 身体のミネラル分が不足することでピクピクを起こしやすくなる2 運動をしていなくてもミネラルが不足がち 身体のミネラル分が不足することでピクピクを ...

続きを読む

寝具を変えて肩こり腰痛を予防する

肩こり 腰痛 予防

2018/5/29

睡眠の質を改善するには高反発マットレスを使おう

数年前までは低反発マットレスが主流でしたが、最近では高反発マットレスが主流に変わりつつあります。 高反発マットレスのメリットは睡眠の質をあげ身体の歪みや腰痛・肩こりなどを軽減することです   目次(もくじ)1 朝起きて肩こりや腰痛を訴えるのは本来ありえないことです2 オリンピックで注目度が増した高反発マットレス3 高反発マットレスは昔から販売はされていました4 カイロプラクターが推奨する高反発マットレス5 朝起きても腰が痛くならない高反発マットレスモットン5.1 モットンを使ってみた時の身体の状 ...

続きを読む

寝具を変えて肩こり腰痛を予防する

肩こり 腰痛 予防

2018/6/7

寝る時の寝具を変えるだけでも肩こり腰痛が予防できる

最近では睡眠時間は十分とっているはずなのに、朝起きると身体の疲れが取れていないとか寝て起きると肩が凝ったとか腰が痛いという症状を訴える方が多くなってきています。 本来睡眠とは身体や脳の疲れを取る為に行う生理現象なのに、寝ても寝ても疲れが取れないという方は普段使われている寝具が原因で疲れが取れていない場合があります。 もちろん年齢があがるにつれ日ごろの疲れが取れなくなるのはある程度仕方がない状況かも知れませんが、実は年齢だけの問題でないこともあるので寝ても疲れが取れないという方は1度寝具を見直してみてはいか ...

続きを読む

肩こり 腰痛 予防

2018/6/7

肩こりや腰痛などを予防するには同じ姿勢を30分以上続けないことが大事

普段のお仕事でパソコンを使うことが、当たり前のようになってきており、また、スマホ(携帯)など操作されている時間って意外と長い間、同じ姿勢を取っていることが多いですよね スポンサーリンク 30分を目安に姿勢を変えて肩こり解消同じ姿勢は筋肉が疲れやすい 仕事や趣味に集中しだすと、時間が経つのが早くないですか? スマホ(携帯)やパソコンを操作しているとあっという間に1時間経っていたとか、好きな本を読んでいると、「あら もうこんな時間なっていた」とか・・ 集中している時って、時間を忘れ、体の疲れを忘れ、場合によっ ...

続きを読む

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

ご予約はお電話にて

0166-32-6779

〒078-8232 
旭川市豊岡2条2丁目1-1
専有駐車場 3台あり

旭川市豊岡2条2丁目1-1

 

よく読まれるページ

1

旭川市の整体院『ヨシダカイロプラクティックオフィス』のメニュー料金のご案内になります。 当院の施術メニューは全身のバランスを整えるカイロコースと産後の骨盤に特化した産後の骨盤矯正コースの2種類のみとな ...

2

旭川市の整体院『ヨシダカイロプラクティックオフィス』へのアクセス方法の説明となります。   当院は旭川市豊岡2条2丁目1-1HGSビル1階となっております。 また、テナントが入っている建物は ...

旭川市内で産後の骨盤矯正は 3

旭川市の整体院『ヨシダカイロプラクティックオフィス』です。 妊娠→出産→育児とママさんの毎日は非常に忙しい日々を送られているかと思いますが、産後には多少なりともご自身の身体のケアもすることをおすすめ致 ...

4

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。 当院の人気メニューの中の1つに「産後の骨盤矯正」というメニューがございますが、そのメニューを受けに来られる方の1/3程度の方が妊娠後期や出産 ...

-肩こり, 腰痛, 予防
-, ,

Copyright© 旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2018 All Rights Reserved.