旭川市内で肩こりや腰痛・産前産後のお悩みはヨシダカイロまで

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

予防 肩こり 腰痛

肩こりや腰痛は自分で予防できます

更新日:

肩こり腰痛自分で予防

肩こりや腰痛などで日々悩まされている方は非常に多いかと思いますが、実は肩こりや腰痛などの症状は普段の何気ない行動で悪化させている可能性があります。

なので、普段の生活を少し改善することであのツラい肩こりや腰痛を自分である程度予防しながら改善することができます。

スポンサーリンク

肩こりや腰痛などといった症状は普段の生活習慣を見直すと予防と改善が図られます

最近ではスマホなどの普及により坐りながらや歩きながらのスマホ操作(本来、歩きスマホはダメですよ)で日常的に行われるようになり、姿勢が悪い方が非常に増えているように感じられます。

また、以前と比べると仕事の内容などにも変化があり、常にデスクワークをされている方も多くなりなりこの仕事内容でも姿勢が悪くなる原因かと思います。

この日常的に姿勢が悪くなることで、若い方でも肩こりや腰痛などといった症状を訴える方が増えています。

そこで、少しでも肩こりや腰痛といった症状の予防と改善が出来るような日常生活の送り方の説明をさせていただきます。

 

座り方を改善して肩こりを予防する

肩こり腰痛を予防する

事務職だけに限ったことではありませんが、最近の仕事環境の多くは1日中座ってパソコン作業をされている方が多いかと思います。

1日中座ってPC作業をされているとどうしても肩こりなどの症状で悩まされますよね。

しかし、そのPC作業も座り方を少し変えるだけであのツラい肩こりを予防しながら改善すること出来ればあなたならどうされますか?

もちろん肩こりなどにならない様になるなら日常での座り方を変えますよね。

しかし先にお伝えいたしますが、ここでご紹介している座り方に変えると全く肩こりにならないとは断言はできませんのでご了承くださいね。

しかし、しっかりとした座り方を身に付けると今までの様なツラい肩こりなど緩和されるのでが是非実施してみる価値はあると思います

 

 

立ち方(姿勢)を変えるだけで肩こりや腰痛が予防できる

立ち方を変えて肩こり腰痛を予防する

猫背など姿勢が悪い方は見た目にもマイナスになりますよね。

そして立っている時の姿勢が悪いと肩こりなどといった症状にもなりやすくなりますし、呼吸なども浅くなるので疲れやすい体質になり易くなります。

この肩こりや見た目などにも影響を及ぼす立ち姿勢ですが、実は身体には様々な関節(身体全体で約365の関節があります)がありこの関節が身体の姿勢を不安定にしている原因とされています。

身体中の関節は様々な動きが出来る反面、この様に姿勢のアンバランスを引き越してしまいます。そこでその不安定な関節を安定させる為に身体中の筋肉が総動員して、普段の立ち姿勢などを保っているのです。

しかし、普段から立っている時の姿勢が悪いと本来使われるはずの筋肉が使われず段々と衰えてきます。

そうなると普段から正しい姿勢ではいられなくなり、姿勢は段々と悪くなり肩こりや腰痛などの症状を訴える様になります。

そこで、日々肩こりや腰痛などでお悩みの方は今一度自分の立ち姿勢を見直し肩こりや腰痛とは無縁の身体を手に入れてみてはどうですか?

 

 

寝ている時の姿勢を改善して肩こりや腰痛を予防する

寝ている時の姿勢

この頃、よく寝ているはずなのに身体の疲れが取れないとか、寝て起きると肩が凝ったとか腰が痛いとか言われる方が多いように思われます。

本当は寝ているときは、体も心も一番リラックスしており身体の疲れを取る時間であるはずです。

しかし、近年寝具は寝心地が良いからと柔らかい物へ移行してきており、それが疲れが取れない原因になっている事が多いです。

 

 

 

長い時間同じ姿勢でいると肩こりや腰痛になるってご存知でしたか

座り方を変えるだけで肩こり腰痛の予防になる

普段のお仕事などでパソコンを使うことが当たり前のようになってきましたが、ふと気が付けば何時間もPCの前で同じような姿勢で仕事をしていませんか?

また、会議や打ち合わせなどが未だに長い会社などがありますが、何時間も会議や売り合わせなどをしているとずっと同じような姿勢でいることとなります。

私たち人間の筋肉は長時間同じような姿勢でいると筋肉などの血流が滞り筋肉などの柔軟性は段々と低下し固まっていきます。

柔軟性を失い筋肉が固まったままだと筋肉はやがてその状態を記憶してしまいます。

例えば、長時間座ったままの状態ですと足の付けの筋肉などは収縮したままになり骨盤が過前湾を起こします。

骨盤が過前湾になると腰が反り過ぎた状態になるので、やがて腰痛などの症状を発症するようになるでしょう。

また座ったまま前のめりの姿勢で長時間いると、今度は肩や背中がまるくなりそのままも状態を筋肉が記憶してしまいます。

すると肩こりや背中痛などといった症状を起こしやすくなってしまいます。

ですから肩こりや腰痛を自分で予防するには、極力何時間も同じような姿勢を続けないことが大事になってきます。

詳しい内容はコチラでご紹介しているので気になる方は是非ご覧ください

 

 

肩こり腰痛を予防する関連記事

カラダが硬い原因

予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/22

カラダが硬い人が増えている!硬いとデメリットだらけだよ

あなたのカラダ硬くないですか?   ここ最近カラダが硬い人が非常に増えてきているように感じます。 実際に私自身も年齢を重ねるにつれ年々カラダは硬くなってきてると感じられますが、加齢によるカラダの硬さもさることながら若い方でもカラダが硬いという方も増えてきているので加齢のせいだけではない様に感じられます。 スポンサーリンク カラダが硬いってことはデメリットだらけです カラダが硬いという方は各関節の可動域が極端に狭められますよね。 するとカラダの様々な箇所の動きが制限されるようになり、普段の生活や運動時のパフ ...

続きを読む

脊柱起立筋

タメになる話 ヨシダカイロプラクティック 予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/15

姿勢に影響を及ぼす脊柱起立筋の役割

脊柱起立筋の役割   脊柱起立筋という言葉を聞いたことはあるかと思いますが、一体どのような筋肉なのかって知っている方って意外と少ないかと思います。 また脊柱起立筋が正常に動かなかったり筋力が低下することで、猫背や反り腰といった様々な悪い姿勢を作り出す重要な役割を持っている筋肉なので是非1度脊柱起立筋について詳しく知っておくと良いのではないでしょうか? そして脊柱起立筋は1つの筋肉の名称ではなく、実は大きく分けて3つの筋肉の総称だということを知らない方が多いのではないでしょうかね? スポンサーリンク &nb ...

続きを読む

PCの位置で肩こり予防

予防 肩こり

2018/10/4

パソコン作業でも肩が凝らない工夫をし肩こりを予防しましょう

PC作業中でも肩こりを予防する   旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。 私自身も仕事でパソコンの前に座り長時間PC作業に追われることが多いですが、仕事柄どうしても事務職をされている方なら尚更1日中パソコンの前に座って仕事をするのが当たり前って方が多いですよね。 そしてそのように1日中座って仕事をされている様な方に限って肩こりなどの症状が酷くていつもツラいとおっしゃっている方が多いのではないでしょうか? また肩こりだけならまだしも、肩こりから頭痛や吐き気なども伴うような症状を訴える方 ...

続きを読む

予防 肩こり 腰痛

2018/6/7

肩こりや腰痛は自分で予防できます

肩こりや腰痛などで日々悩まされている方は非常に多いかと思いますが、実は肩こりや腰痛などの症状は普段の何気ない行動で悪化させている可能性があります。 なので、普段の生活を少し改善することであのツラい肩こりや腰痛を自分である程度予防しながら改善することができます。 スポンサーリンク 肩こりや腰痛などといった症状は普段の生活習慣を見直すと予防と改善が図られます 最近ではスマホなどの普及により坐りながらや歩きながらのスマホ操作(本来、歩きスマホはダメですよ)で日常的に行われるようになり、姿勢が悪い方が非常に増えて ...

続きを読む

内巻き肩

予防 歪み 肩こり

2018/10/17

肩の高さが左右で違う?肩の傾きをセルフチェック

自分では気付きにくいですが、肩の高さが左右で違う方って意外と多いのをご存知でしたか? 肩の高さ違いをそのまま放置していると、肩こりや腰痛などの原因にもなるので早期に改善をいたしましょう。 スポンサーリンク 肩の高さが違うという方は背中の筋肉のアンバランスが原因かも 左右の肩がどちらかに下がっている。その原因は僧帽筋や広背筋の筋バランスの乱れが主な原因です。 僧帽筋とは首から肩甲骨にかけて肩甲骨の安定や手で重たいものを持つ時に肩甲骨が下に下がらないのを防ぐ役割があります。 また、広背筋は人体のもっとも面積の ...

続きを読む

予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/16

猫背は悪い姿勢の代表的な姿勢

猫背って昔は高齢者の方がなる様な姿勢という認識がありましたが、最近では小学生や若い方でも猫背の人が非常に増えてきましたよね。 また自分で猫背だという自覚はあるが、特別になにかをして猫背改善を図ろうとされる方も少ないのでは無いでしょうか? しかし猫背のままでいるとやがて「肩こり」や「腰痛」といった症状に悩まされるので、出来る限り早期に改善を図った方がいい症状なんですがね・・・ スポンサーリンク 普段の生活が猫背になりやすくしている 近年の昔と比べ仕事や遊びなど全てにおいて猫背になり易い行動をとる様になってき ...

続きを読む

ストレートネック

予防 歪み 肩こり 頭痛

2018/10/12

ストレートネックは肩こり・頭痛の原因になります

近年、スマホの普及や生活習慣の変化により現代病と言っていいほどストレートネックの方が多くなってきております。 このストレートネックになってしまうと慢性的な肩凝りや首の痛みなどの症状を頻繁に起こすようになります。 また、最悪の場合には首(頚椎)のヘルニアなどの症状になり、手や指先の痺れなどの症状を発症してしまします。 ですので、慢性的な肩こりや指先の痺れなどを訴えている方などはストレートネック予備軍かも知れませんよ。 その様になる前にストレートネック気味の方などは早急に改善するようにいたしましょう。 スポン ...

続きを読む

腰が反り過ぎている

スポーツ障害 予防 歪み 腰痛

2018/10/19

反り腰の影響で下っ腹がでたり下半身太りになる

女性や男性でもポッコリお腹にはなりたくないという方が大半かと思いますが、年齢が上がるにつれ下っ腹はポッコリと出てきやすくなります。しかし最近では若い女性のかたでも下っ腹がポッコリとしている方が増えてきています。 またポッコリお腹の女性に多く見かけますが、上半身は普通体型なのに関わらず下半身だけ・・・という方も増えてきています。 このポッコリお腹や下半身太りの原因には実は骨盤が過前湾することで起こる「反り腰」が影響をしていることをご存知でしたか? また反り腰でいると腰のある一定の箇所に負担がかかるので腰痛な ...

続きを読む

内巻き肩

予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/12

内巻き肩は猫背予備軍ですよ!

最近パソコン作業が多くなったり、スマホの使いすぎで知らず知らずの内に自分の肩が内側に入ってしまっている方が増えてきております。 このままの状態でいるとやがて改善が難しい猫背などを引き起こす原因になります。 スポンサーリンク 気づきにくいが肩が内側に巻き込んでいるかも 鏡の前に立ち身体の力を抜いて自然に立ってみた時、両手が身体の横側ではなく身体の前側にくる方や鏡に親指ではなく手の甲が映っている方など、肩関節が内旋(内側に巻き込まれている)しているかも知れません。 通常自然体で立った時は両手は身体の側面に位置 ...

続きを読む

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

ご予約はお電話にて

0166-32-6779

〒078-8232 
旭川市豊岡2条2丁目1-1
専有駐車場 3台あり

旭川市豊岡2条2丁目1-1

 

-予防, 肩こり, 腰痛
-, ,

Copyright© 旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2018 All Rights Reserved.