旭川市内で肩こりや腰痛・産前産後のお悩みはヨシダカイロまで

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

歪み 肩こり

その肩こりの原因「首」の可動域が減少していませんか?

更新日:

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。

慢性的な肩こりや腰痛といった症状って本当にツラいですよね。

出来れば肩こりや腰痛などとは無縁な生活を送りたいのが本音かと思いますが、肩こりや腰痛といった症状で悩まされている方の割合は日本全国で約8割以上だという報告もございます。

しかし、肩こりなどになりたくないと思っていても実際には自分で日々ストレッチなどをする方って非常に少ないのが本当のところではないでしょうか?

また、普段から身体を動かす習慣が無いので自分では知らず知らずの内に身体の関節などの可動域が減少してしまうんですよ!!

そこで日々肩こりでお悩みの方は1度自分の首の関節の可動域がどのくらいあるのか確認してみてください。多分、自分の首の関節の可動域が驚くほど少ないことを自覚出来るかと思います。

先ずは、「首」の可動域のセルフチェックを行う前に通常で首の関節がどのくらいの可動域があるのか知る必要があるので説明いたします。

スポンサーリンク

首の関節は前後左右・回旋も出来る関節です

当院へ肩こりなどの症状でお越しになられる方には先ずは首周辺の関節の可動域を調べる検査を行いますが、大抵の方は自分の首の関節の可動域が非常に少ないことを自覚しておりません。

まぁ普段の生活においても「寝違えた」時などは「首が動かない」って自覚できますが、それ以外の時には自分の首の可動域が多少減少していたとしても身体全体を使えば後ろ方を見ることも出来るのでそれほど生活には支障がないので気づきにくいものですよね。

しかし、普段から徐々に首周辺の関節の可動域が減少した結果、あの嫌な慢性的な肩こりになってしまったんですよ。

そこで本来「首」の関節ってどのくらい動くのか知っていれば、普段から少しは自分で動かなくなったという自覚を持つことにより肩こりが予防出来るかもしれないので首の可動域がどのくらいあるのか説明いたします。

 

首の前後の可動域

先ずは、首の前後の可動域の説明になります。

真横から見た時の姿勢になります。

本来、良い姿勢で立つと身体の中心は耳周辺と肩の中心そして大転子を一直線に並んだようになります。

この時に顔が前に出過ぎていたり肩が前に出ていると猫背と呼ばれる姿勢になります。

自分の姿勢がどうなっているのか知りたい時は、壁などに頭と背中・お尻を付けて立ってみると分かります。※詳しい説明は別のページで説明いたします。

 

そして、真っ直ぐに立った時に首だけを前側に倒していくと約60°前屈出来ます。

そして首を後ろに倒すときは約50°倒れます

 

首の左右の可動域

先ほどの前後の可動域同様に首は左右にも動きます。

また、左右以外にも回旋と言って首を回すこともできますよね。

 

先ずは、左右の可動域ですが正面を向いた状態から首を横に倒してみると首の可動域は約50°前後あります。※画像では50°も動いていませんがご了承ください

 

そして、首を回す動作では真横に約70°動きます。

当院へお越しになられる方の中には、この回旋の検査の時に通常の半分程度しか動かない方が多数おられます。

しかし、半分程度しか可動域が無いにも関わらず首が動いていないと自覚されない方がいます。その様な方の場合、首を真横に動かしているつもりでも実は真横に動かしているつもりでも首が段々と下の方へ曲げているだけという方もいます。

もし、自分で回旋の可動域を調べる際には首を真横に動いているか確認しながら調べてみてください。分かりずらい方は顎の高さを確認しながら調べると分かりやすかと思います。

 

肩こりにお悩みなら先ずは自分の首の可動域を調べてみてください

普段から肩こりなどでお悩みの方は先ずは自分で首の可動域などを調べてみてください。

上記で説明しているくらい本来首の可動域はあるはずです。

また、年齢により多少は可動域は減少しますが、若い30代や40代で上記数値以下の場合にはストレッチなどをして少しでも首の可動域を改善する様に心がけましょうね。

 

なぜ、首の可動域は減少するのか?

しかし、なぜ首の関節の可動域が減少するのでしょうか?

その答えは長時間のデスクワークやスマホの長時間の使用が影響しています。

例えば長時間のデスクワークの場合には同じ姿勢でPCなどと「にらめっこ」していますよね。同じ姿勢で仕事をすることにより肩周辺の血行は悪くなり筋肉に徐々に硬くなりっていきます。

そして血行が悪くなり筋肉などが硬くなるにつれ筋肉はやがて酸欠状態になります。すると発痛物質を含む様々な物質はそこに溜まりやがてそこがコリとなってしまします。

そして、これを何年も同じことをしているとやがて慢性的な肩こりとなり中々改善出来ない肩こりを生み出してしまうのです。

慢性的な肩こりなどに1度なってしまうと自分では中々改善出来ないのでその様な時は是非とも整体院やカイロプラクティック院などへ行くようにしましょうね。

 

肩こりに関連する記事

カラダが硬い原因

予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/22

カラダが硬い人が増えている!硬いとデメリットだらけだよ

あなたのカラダ硬くないですか?   ここ最近カラダが硬い人が非常に増えてきているように感じます。 実際に私自身も年齢を重ねるにつれ年々カラダは硬くなってきてると感じられますが、加齢によるカラダの硬さもさることながら若い方でもカラダが硬いという方も増えてきているので加齢のせいだけではない様に感じられます。 スポンサーリンク カラダが硬いってことはデメリットだらけです カラダが硬いという方は各関節の可動域が極端に狭められますよね。 するとカラダの様々な箇所の動きが制限されるようになり、普段の生活や運動時のパフ ...

ReadMore

脊柱起立筋

タメになる話 ヨシダカイロプラクティック 予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/15

姿勢に影響を及ぼす脊柱起立筋の役割

脊柱起立筋の役割   脊柱起立筋という言葉を聞いたことはあるかと思いますが、一体どのような筋肉なのかって知っている方って意外と少ないかと思います。 また脊柱起立筋が正常に動かなかったり筋力が低下することで、猫背や反り腰といった様々な悪い姿勢を作り出す重要な役割を持っている筋肉なので是非1度脊柱起立筋について詳しく知っておくと良いのではないでしょうか? そして脊柱起立筋は1つの筋肉の名称ではなく、実は大きく分けて3つの筋肉の総称だということを知らない方が多いのではないでしょうかね? スポンサーリンク &nb ...

ReadMore

PCの位置で肩こり予防

予防 肩こり

2018/10/4

パソコン作業でも肩が凝らない工夫をし肩こりを予防しましょう

PC作業中でも肩こりを予防する   旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。 私自身も仕事でパソコンの前に座り長時間PC作業に追われることが多いですが、仕事柄どうしても事務職をされている方なら尚更1日中パソコンの前に座って仕事をするのが当たり前って方が多いですよね。 そしてそのように1日中座って仕事をされている様な方に限って肩こりなどの症状が酷くていつもツラいとおっしゃっている方が多いのではないでしょうか? また肩こりだけならまだしも、肩こりから頭痛や吐き気なども伴うような症状を訴える方 ...

ReadMore

夏の肩こり

肩こり

2018/7/25

夏場の肩こりでお悩みの方は、原因をしっかりと知っておきましょう

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックです。 本州の猛暑に比べたら全然過ごしやすいのかも知れませんが、しっかし暑いですよねぇ 今から数十年前であれば旭川の夏なんて本当に涼しくてエアコンなんて必要がないほど過ごしやすかったですが、ここ数年で北海道でもエアコンを導入するご家庭が増えているとか・・・ こんなに暑かったエアコンも必要ですよね!! しかし、そんな暑さ対策で使用するエアコンですがあなたの肩こりを悪化させている場合もあるのでご注意をしてください。 スポンサーリンク   夏肩こりは、エアコンの ...

ReadMore

くも膜下による頭痛

肩こり 頭痛

2018/10/4

くも膜下出血による頭痛とは

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です 当院へ頭痛持ちの方もたくさん来院されますが、中には当院での施術が有効ではない頭痛などもございます。 詳しくはコチラで説明していますが、中でもカイロプラクティックの施術が全く有効ではない頭痛もございますのでご注意をしてください スポンサーリンク 普段と違う激しい痛みの頭痛は要注意を カイロプラクティックの施術が全く有効ではない頭痛の1つにくも膜下出血による頭痛がござます。 くも膜下出血による頭痛などで当院へお越しになられる方は流石にいませんが、くも膜 ...

ReadMore

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

ご予約はお電話にて

0166-32-6779

〒078-8232 
旭川市豊岡2条2丁目1-1
専有駐車場 3台あり

旭川市豊岡2条2丁目1-1

 

-歪み, 肩こり
-, , , ,

Copyright© 旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2018 All Rights Reserved.