肩こり・腰痛・産後骨盤矯正のことなら

旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス

 0166-32-6779

営業時間 10:00~19:00(最終受付18:00)
定休日  日曜・祝祭日

効率よく筋トレでカラダを作るにはフォームが非常に大事です

更新日:

筋トレのフォーム

workout(筋トレ)初心者の方にありがちなことですが、しっかりとしたフォームが出来ていないのに直ぐ高重量を持ちたがる方がいます。

少しでもカラダに負荷をかける為に高重量を持ちたがる気持ちは大事ですが、フォームがしっかりしていない状態で高重量を持ったってしっかりと狙った筋肉に負荷をかけることが出来ないばかりか身体を壊しかねないので絶対に止めましょうね。

またダンベルやバーベルなどを使ってworkout(筋トレ)をする際には、このフォームがしっかりと出来ているかそうで無いかによって効果は全然変わってくるのでworkout(筋トレ)初心者こそ初めは軽めの負荷で良いのでしっかりとしたフォームを身に付ける様にしましょう。

 

自宅で出来るworkout(筋トレ)こそしっかりとしたフォームで行うようにしましょう

太くてカッコいい腕や胸板を作りたいって男の子って多いかと思いますが、いきなりジムなどにいってまでworkout(筋トレ)をされる方はまだまだ少ないかと思います。

なのでジムまでは行かなくても、自宅など一生懸命腕立てなどをしますよね。

また最近ではご自宅に軽めのダンベルなどをご購入される方も多いので、ご自宅で簡単にworkout(筋トレ)などを行えるようになりました。

しかし、ここでworkout(筋トレ)初心者が気を付けなければならないことがございます。

それは自己流で行うがためにフォームがしっかりとしていないという点です。

自分の体重(自体重)やダンベルなどのフリーウエートで行う筋トレはある程度自由に動けるので、自分が鍛えたい場所をピンポンとで鍛えることが出来ますがその反面フォーム(形)が崩れがちになってしまいます。

自体重などで行う筋トレはご自宅で簡単に出来る反面、この様にフォームの乱れなどが生じるデメリットがあります。

 

なぜそんなにフォーム(形)に拘るのか?

自宅で簡単に始められる自体重などの筋トレは非常に良いことですが、先ほどから言っているようにフォーム(形)が乱れがちになります。

なぜ私が何度もフォーム(形)フォーム(形)と言っているのかというと、このフォーム(形)が乱れたままの状態で筋トレなどをしてもあまり効果が無いからなんです。

また効果もあまり期待できないことと最悪の場合にはカラダを痛めてしまうことがあるから、これ程までにフォーム(形)に拘っているのです。

それではなぜ悪いフォーム(形)がいけないのかお話していきたいかと思います。

スポンサーリンク

悪いフォームでは狙った筋肉に負荷をかけられない

まず第一に悪いフォーム(形)では自分が鍛えたい箇所の筋肉をしっかりと鍛えられないからです。

筋トレ初心者に多いことですが、肩の筋肉(三角筋)を鍛えようとしているのにフォーム(形)が悪いせいで実は背中の筋肉に負荷を入れているということがございます。

これではせっかく肩を鍛えようといくら頑張っても、結果的に効果が出ずに筋トレ自体諦めてしまうことがございます。

一生懸命カッコいいカラダ作りを目指しているのにこれなら残念で仕方ないですよね。

 

筋トレで悪いフォームで行うのケガのリスクが高まる

そして第二には悪いフォームで筋トレを行うと筋肉や関節を痛めてしまう恐れがございます。

筋トレを行う際には極力各関節の可動域を最大限大きく取ることが大事になってきます。

例えば最大限筋肉を伸ばした状態から最大に縮めることで筋良くはより多くの負荷がかかりますが、悪いフォームではこの伸ばした状態や縮めた状態では筋肉に負荷がかかり過ぎて筋肉や関節などを痛める恐れがあります。

また人間の身体って非常にデリケートに出来ており、関節の向きが少し変わるだけで使われる筋肉も変わってきます。

なので最近ではyoutubeなどで筋トレの方法などを紹介されている動画などが沢山ありましますが、それらを見よう見まねで行ってもしっかりとしたフォームで出来ていないと鍛えたい部位が鍛えれないばかりでは無くケガなどをしてしまう恐れがあるので十分注意をし行うようにしましょう。

多少お金がかかりますが、本来であればジムなどに行きパーソナルトレーナーに指導してもらってから筋トレを始めるのが1番理想的なんですがね。

 

筋トレについての関連

筋トレ

2019/6/24

筋トレをする人が増えていますが筋トレ初心者が注意することとは

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。 最近、自宅などで筋トレなどをする方が増えてきていますが、筋トレをしているのに中々効果が表れないので途中であきらめて辞めてしまう方って多いのではないでしょうか? せっかく筋トレなどを始めたのなら身体の変化が表れる前に止めてしまうのはもったいないかと思います。そこで筋トレ初心者でも身体の変化が表れるまでしっかりと筋トレが出来る様になる為のお話をしたいかと思います。   筋トレをして効果がでるには数ヶ月かかります 筋トレをしていて途中で辞めて ...

続きを読む

筋トレの時期

2019/6/24

筋トレは40代・50代から始めても効果はあります

40代や50代になってから何かを始めようと思っても中々行動には移せないのが本当のところではないでしょうか? しかし、最近では少しでも健康でいられるようにと40代や50代から筋トレなどに精を出す方なども増えてきています。 けど、中には「40代や50代になってから筋トレをしても効果なんて無いよ」って言われる方がいますが決してそんなことはありません。   40代・50代だからこそ健康を意識し筋トレをしましょう 若い頃は部活動などをしていて身体が締まっていたが40代や50代になる頃には全く昔の面影が無く ...

続きを読む

筋トレでカラダを大きくする

2019/6/24

学生が筋トレで身体を大きくする為に必要なこと

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。 体重の悩みと言えば一般的には「なかなか痩せれない」というのが多いかと思いますが、今回は「痩せる」のでは無く逆に筋トレなどをして「体重を増やす(身体を大きくする)」ことについてのお話をしたいと思います。 私自信、40歳も過ぎた辺りから日々の体重管理などを怠ると簡単に体重は増えてしまいますが、高校の部活動などで日々激しい練習などをしている子供などはなかなか身体が大きく(筋肥大しない)ならず悩んでいる子って結構いるんですよね。   筋トレをし ...

続きを読む

筋トレのフォーム

2019/6/24

筋トレで効率よくカラダを大きくする最短の方法

一生懸命にWorkout(筋トレ)をしカラダを大きくしたいという方が最近増えてきていますが、中に間違った認識でWorkout(筋トレ)を行っているので中々効果が出ないという方って多いのでは無いでしょうか? しかし、本来Workout(筋トレ)は正しい基礎知識を身に付け基本に忠実に行えば、誰もが必ず効果は期待できるはずです。 そこで、まずはWorkout(筋トレ)などでカラダを大きくする基本的なことのお話をしていきます。 筋トレを行う際にはなぜ10回1セットなのか 多分あまり気にしないかと思いますが、筋トレ ...

続きを読む

筋トレ回数

2019/6/25

効率よく筋トレで身体を鍛える!なぜ1セットで止めたらダメなのか?

様々な筋トレやトレーニングを行う際には、10RMを1セットとしそれを3セット行いますよね。 しかし、1セットしたら「いやぁ疲れたからもうやーめた」って筋トレ初心者の方が多いですよね。 だから筋トレなどをしても中々効果が実感できない様になってしまうんですよ!! 1セットで止めたら中途半端なトレーニングにしかなりません 効率的に筋トレでカラダを大きくするでRMなどについてはお話していますが、本来筋トレなどは10RMを目安に行うようにするのが1番効果的と言われています。   そして10RMを筋肉がもう ...

続きを読む

筋トレ

2019/6/25

効率よく筋トレで筋肉を大きくするには筋肉を意識しなくてはいけない

workout(筋トレ)を行う際に効率よく筋肉を大きくするには「意識性の原則」があります。 多少workout(筋トレ)などをかじったことがある方なら聞いたことがあるかと思いますが、鍛えたい筋肉を意識して筋トレを行うのと何も意識せずに筋トレを行うのでは筋肥大に大きな差が出るという話を。 もし仮にあなたがworkout(筋トレ)などで自分が理想とする体型に少しでも効率よく近づけたいのなら、筋トレを行う際には筋肥大をおこしたい筋肉をしっかり意識しながら筋トレを行うようにしましょう   普段から意識し ...

続きを読む

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

お勧め記事(一部広告含む)

-筋トレ&筋肉について
-, ,

Copyright© 旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2019 All Rights Reserved.