肩こり・腰痛・産後骨盤矯正のことなら

旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス

 0166-32-6779

営業時間 10:00~19:00(最終受付18:00)
定休日  日曜・祝祭日

妊婦さんや産後は腰痛になりやすいので気を付けて

更新日:

妊婦さんは腰痛になりやすい

なぜ、妊婦や産後には腰痛になる方が多いのでしょうか?腰痛持ちのままの状態での育児は非常に大変ですよね。

そこで、妊婦や産後に起こる腰痛について詳しく知ることでその予防や対処法をしることで腰痛の悩みを解消しましょう

 

なぜ妊婦さんや産後には腰痛になりやすいのか

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」には沢山の腰痛持ちの方がご来院されます。

そんな中でも妊娠中や産後に腰痛をなったと言われる方が多くいますが、なぜ、妊娠中や産後に腰痛になってしまう方が多いのでしょうか?まずはその腰痛の原因についてお話させていただきます。

 

産後に起こる腰痛の原因

先ず、産後に起こる腰痛について先にお話させていただきたいことがございます。

それは産後に起こる腰痛にも2種類あり、元々腰痛持ちで妊娠前からも腰痛を度々起こしておりそれがそのまま産後にも腰痛を発症された方と、以前は腰痛持ちでは無かったが出産を期に腰痛を発症された方と、2種類の腰痛がございます。

ここでは、先ずは以前は腰痛持ちでは無かったが産後に腰痛になってしまった方の原因についてお話していきます。

スポンサーリンク

ホルモンの影響で起こる腰痛

ホルモンバランスの乱れ

出産を控えたママさんの身体は出産がスムーズにおこなえるために産道を広くする役割を持っている『リラキシン』というホルモンが分泌されます。

このリラキシンは妊娠中から分泌され産後6ヵ月くらいまで分泌されますが、その際に骨盤周辺のじん帯が緩みます。

骨盤周辺のじん帯が緩むことにより関節などの可動域が増加し出産をスムーズにおこなえる代わりに身体の安定感が損なわれてしまいます。

すると、不安定な状態の身体(腰)を支えるために腰周辺の筋肉などに負担がかかってしまいます。

また、骨盤周辺のじん帯が緩むことで今まで正常な状態の腰周辺の筋肉も正常では無い方向へと引き寄せられるので余計に腰への負担が増え腰痛になり易くなります。

ホルモン
出産の準備で分泌されるホルモン「リラキシン」

妊娠をすると女性の身体は様々な変化が現れます。 その一つに妊娠してから20週目くらいから出産を助ける為に「リラキシン」というホルモンが分泌され始めます。 このリラキシンは分娩には必要不可欠なホルモンで ...

続きを見る

 

出産により骨盤が歪んだままの状態へ

先ほどのリラキシンというホルモンの影響で出産時に骨盤は拡がります。

ホルモンの影響で骨盤が歪みやすいのは産後6ヵ月目くらいまでですが、この間って慣れない育児に追われ普段の生活で身体が歪みやすい体勢をとることが多いかと思います。

そのために骨盤は以前の様な正常な状態に戻りづらく骨盤が歪んだままって方が多いです。

骨盤が歪んだままでいると身体のバランスが取りづらくなり、やがてその不安定な状態を維持するために腰などに負担が溜まり腰痛を起こしやすくなります。

 

忙しい育児に追われ無理な姿勢をとりがちに

育児忙しい

産後の育児にはどうしても「授乳」や「寝かしつけ」が必要かと思います。

しかし、慣れない育児の為に「授乳」をされる際には無理な姿勢をとっているママさんって非常に多いですよね。

よく当院へお越しになられる方からお聞きするお話では、「横に赤ちゃんを寝かせ寝たままの状態で授乳しているとそのまま寝ちゃった」というお話をお聞きします。

しかし、この状態って非常に身体に負担を掛けている状態なので腰痛や肩こりといった症状になり易いかと思います。

また、嬉しい話ですが赤ちゃんは日々成長し直ぐに大きくなります。

生まれた時は僅か数千㌘でも数か月後にはその何十倍の数㌔くらいに直ぐになってしまします。そんなナン㌔もある赤ちゃんをママさんは常に「抱っこ」をしたりしていますが身体の前側でする「抱っこ」って腰には非常に負担がかかる姿勢なのです。

そんな腰に負担がかかる姿勢を日々続けていたら、ママさんは産後に腰痛になり易くなっても無理が無いかと思います。

また腰痛以外にも足の付け根などの股関節痛を訴える方も多くいるのでお気をつけてくださいね

妊婦さんの足の付け根の痛み
妊娠後期や出産後に足の付け根が痛くなる恥骨痛(股関節痛)の原因とは

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。 当院の人気メニューの中の1つに「産後の骨盤矯正」というメニューがございますが、そのメニューを受けに来られる方の1/3程度の方が妊娠後期や出産 ...

続きを見る

 

産後におこる腰痛を予防しましょう

この様に産後って腰痛になりやすい状況がいくつも重なりあっています。

そこで産後に腰痛にならない為にも少しでも自分で出来る腰痛予防の方法を実践してください。

スポンサーリンク

産後は骨盤体操などを行い腰痛などを予防する

まず、産後に腰痛にならない為にも骨盤体操を実施されるのが良いかと思います。

また骨盤体操をされるのは産後1ヶ月目を過ぎた辺り始めるようにしましょう。

産後はご自身が思っている以上に身体に負担がかかっているので1ヶ月程度身体を休めることに専念しましょうね

そして、私が言っている骨盤体操もそれほど難しい(ハード)なものでは無く簡単な骨盤体操で良いかと思います。

例えば、立った状態で腰で「円」を描くように腰をクルクル回してみるとか、寝たままの状態でひざを立てて膝を左右に倒してみたりといった簡単な体操で十分です。

たったこれだけの体操でも腰周辺の筋肉や関節の可動域を動かすことで腰痛を予防することが出来ます。

それと産後ってどのくらいから運動をしても良いのかよく質問されますが、産後の運動についてはコチラで説明しまします。

産後ダイエット
「産後ダイエット」産後の運動はいつから始めていいの?

出産を終えた産後直後はどうしても赤ちゃんがお腹にいた影響などにより、お腹回りなどのボディラインが以前と違うのでママさんってどうしても気にしがちかと思います。 なので、産後直ぐにでも産後ダイエットのため ...

続きを見る

 

産後6か月間は骨盤ベルトを着用する習慣を

最近では「産後の骨盤ベルト」などを着用する方が増えては来ています。

しかし、中には産後の骨盤ベルトなんてお持ちでは無い方も異常に多いかと思います。

産後の骨盤ベルトは、産後に歪み易い骨盤をゴムなどの力を借りて正常な位置へ導いてくれる役割がございます。

また、骨盤ベルトには高額な商品もございますがベルトを付ける位置さえしっかりと合っていればわざわざ高価な商品を使用しなくても良いかと思います。

当院へお越しになられる方にも、今現在使用されている骨盤ベルトをお持ちいただければ骨盤ベルトの装着位置などの指導もしておりますので骨盤ベルトをどこに付けて良いのか分からない方は気兼ねなくご相談ください。

骨盤ベルト
正しい産後の骨盤ベルトの使用方法について

産後はどうしてもホルモンの影響などによいり身体のじん帯などがゆるみがちになります。 身体の中のじん帯がゆるむと関節などは不安定な状態に!! なので出産を終えたばかりのお母さんなどは産後骨盤の不安定さを ...

続きを見る

 

骨盤の専門店で骨盤の歪みを整える

最後に、産後に腰痛が起こらないようにする為には、私たち「骨盤の専門店」へのご来院をおすすめいたします。

上記でご紹介した方法と私たちカイロプラクティック院で行う施術を組み合わせることで、産後の腰痛予防効果の度合は高まります。

また、当院へお越しになって頂ければ産後の腰痛予防の他に産後のダイエット法やストレッチ法など様々なトレーニング法のご指導が出来ますので産後腰痛などでお悩みの方は是非ともご相談をお待ちしております。

旭川市で産後の骨盤矯正なら
旭川市で産後の骨盤矯正ならヨシダカイロプラクティックへ

旭川市の整体院『ヨシダカイロプラクティックオフィス』です。 妊娠→出産→育児とママさんの毎日は非常に忙しい日々を送られているかと思いますが、産後には多少なりともご自身の身体のケア(骨盤矯正)なども行う ...

続きを見る

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

お勧め記事(一部広告含む)

-産前産後の悩み, 腰痛
-, , , , ,

Copyright© 旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2019 All Rights Reserved.