旭川市内で肩こりや腰痛・産前産後のお悩みはヨシダカイロまで

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

スポーツ障害 予防 歪み 腰痛

猫背・反り腰・肩の高さが違うなど身体には様々な歪みがある

更新日:

身体の歪み

私たち人間の身体は全く左右対称という訳ではありませんが、それでも出来れば前後左右バランスの取れた身体でいたいものですよね。

また、年々生活習慣が変わってきたことにより以前よりも身体の歪みは多くなってきています。

例えばスマホなどの使い過ぎで起こる「猫背」や椅子の座り方が悪くて起こる「反り腰」など生活の変化がもたらす身体の歪みはたくさんあります。

そしてその身体の歪みを長年放置することにより、なかなか改善されない姿勢へと変化していきます。

そして、その日々蓄積された歪みこそが身体の不調の原因になっていることが多いのです。

スポンサーリンク

自分の歪みはどのタイプの歪みなのか?

身体の歪みといってもたくさんございます。

全ての歪みを紹介していると膨大な量になるので、身体の歪みの代表的なパターンだけご紹介いたします。

また実際には自分の身体が歪んでいることすら認識されていない方など多くいて、他人に言われて初めて気付く歪みなども多々あるかと思います。

まずは、自分が歪んでいるかチェックしてみてください。

もし自分の身体が歪んでいたとしても早期なら自分で改善出来ますし歪みに合ったエクササイズも紹介していますので、まずは各項目で自分がどの歪みのタイプか確認してみましょう

 

肩の高さが左右で違う

肩の高さが違うよ

猫背姿勢同様に最近では肩の高さが左右で違う方が増えてきています。

その原因はいつも同じ方でカバンを持ったり、立ち止まる際に片足で立ったりすることが原因と考えられています。

その様な日常の行動で肩の筋肉(僧帽筋)や背中の筋肉(広背筋)などの筋バランスの乱れが、その様な肩の高さの左右差を生んでいると思われます。

例えば肩の筋肉の僧帽筋の筋バランスの乱れが生じると、僧帽筋が萎縮すると肩を持ち上げる様な姿勢になったりすることがございます。

元々僧帽筋とは首から肩甲骨にかけて肩甲骨を安定させる働きや手で重たいものを持つ時に肩甲骨が下に下がらないのを防ぐ役割がありますが、僧帽筋が上手く働かなくなることでその様な姿勢になるのです。

一概に肩の高さの左右差は僧帽筋のみならず他の要因もございますので、今現在肩の高さが左右で違うという方はもう少し詳しく「肩の高さが左右で違う原因」をご覧になってください

 

 

悪い姿勢の典型!!猫背

昔に比べると猫背の方って非常に増えてきている様に感じられます。

その猫背が増えている要因には、PC作業等の増加やスマホやゲーム機による悪い姿勢でいることが増えたからかと思われます。

もちろん以前からデスクワークをされていた方もいましたが、昨今のデスクワークですと長時間PCモニターと「にらめっこ」しているのが現状ですよね。

そして何時間もPCの前に座りモニターとにらめっこをしていると、最初は良い姿勢でいられますが気がつけば頭は下がり背中は丸くなり背骨の本来有るはずのカーブが無くなりやがて猫背姿勢へと変化していることが多いかと思います。

また猫背姿勢でいるともう国民病といっていいほどほとんどの方が悩まれている、「肩こり」や「腰痛」といった症状を訴える様になります。

もしあなたが慢性的な「肩こり」や「腰痛」といった症状で困っているのなら、ひょっとするとあなたはもう猫背になっているかも知れませんよ。

そんな猫背についてコチラではもう少し詳しく説明していますので、自分の姿勢が猫背だと思われている方は是非続きをご覧ください

 

 

 

肩こりの原因にもなるストレートネックとは

ストレートネック説明

猫背の影響により最近ではストレートネックと呼ばれる症状を訴える様になった方が増えています。

元々人間の身体はS字カーブを描いており首の骨(頸椎)は緩やかに前方に湾曲していますが、猫背などの姿勢が長く続くと重たい頭を支えている首も段々と前方に倒れていきます。

本来首に前弯がある理由は、重たい頭(体重の8%と言われていますので約5㎏前後)を湾曲があるおかげで負担を軽減しているので支えることが出来ております。

しかし、頸椎の湾曲が無くなってくると頭の重みで首周辺の筋肉が張ったり、普段から枕を使わないで寝ているとその首の湾曲が段々と減少していきます。

首の湾曲が無い状態で長い間生活していると、やがて首の湾曲が常にない状態になりそれがストレートネックと呼ばれる状況になっていまします。

長い間ストレートネックを放置していると、やがて手先のシビレや慢性的な肩こりなども訴える様になるのでストレートネック気味だと思われる方は早期に改善をするよう努力をすることをおすすめします。

コチラではもう少しストレートネックについて詳しく説明しておりますので、自分がストレートネック気味だと思われる方は是非ご覧ください

 

 

腰痛などの原因となる「反り腰」

腰が反り過ぎている反り腰とは腰の骨(腰椎)の前湾カーブがきつくなっている状態です。

意外と多いのが自分で姿勢を正そうとするとこの状態になる方が多いです。

自分では良い姿勢をしているつもりですが、これですと逆に腰に負担をかけ肩こりや腰痛になります。

反り腰になる要因は最近注目されてきている体幹部分の筋力不足と股関節周辺の・・・

 

 

肩が内側に巻き込まれる「内巻き肩」

肩の高さが違うよ

自然に力を抜いて立ってみた時に両手が身体の横に来ず身体の前側に来ていて、自分の手の甲が前を向いているという方は肩関節が内旋(内側に巻き込まれている)しているかも知れません。

この様な状態の方は手の関節(主に肘関節)が歪んでいるのでは無く、実は肩関節の歪みや身体の全面の筋肉に問題があるかも知れません。

この肩が内側に入る状況を「内巻き肩」と呼ばれる歪みですが、若い時ならまだしも年齢を重ねるにつれ段々と筋肉が弱くなってくると猫背などの姿勢になりやすい傾向があります。

また常に肩が前側に出ている状態だとデコルテなどのリンパの流れも悪くなり、若々しいバストや綺麗な鎖骨などとは無縁の状況になるかも知れませんので特に女性の方は気を付けた方が良いかも知れません。

この内巻き肩だと思われる方は是非続きをご覧になり内巻き肩を改善するよう努力された方が良いかも知れませんよ。

 

 

本当は私ってO脚?綺麗な美脚を望むなら・・・

私はO脚

O脚の原因において1番多いのは主に普段の立ち姿勢です。

股関節を外側に向けて立つクセがあると両脚の間に隙間が空きます。

するとテンションが常に脚の外側にかかり、どんどんO脚が進行していきます。男性でガニ股で歩いている方などまさにO脚を自ら進行させているようなものです。

女性の場合は男性に・・・

 

私たちの身体は色々な歪みが存在します。ここでご紹介している以外にも沢山の歪みがあるので、日々歪まない様にストレッチなどで予防をすることをおすすめいたします。

歪みについて関連記事

カラダが硬い原因

予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/22

カラダが硬い人が増えている!硬いとデメリットだらけだよ

あなたのカラダ硬くないですか?   ここ最近カラダが硬い人が非常に増えてきているように感じます。 実際に私自身も年齢を重ねるにつれ年々カラダは硬くなってきてると感じられますが、加齢によるカラダの硬さもさることながら若い方でもカラダが硬いという方も増えてきているので加齢のせいだけではない様に感じられます。 スポンサーリンク カラダが硬いってことはデメリットだらけです カラダが硬いという方は各関節の可動域が極端に狭められますよね。 するとカラダの様々な箇所の動きが制限されるようになり、普段の生活や運動時のパフ ...

ReadMore

脊柱起立筋

タメになる話 ヨシダカイロプラクティック 予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/15

姿勢に影響を及ぼす脊柱起立筋の役割

脊柱起立筋の役割   脊柱起立筋という言葉を聞いたことはあるかと思いますが、一体どのような筋肉なのかって知っている方って意外と少ないかと思います。 また脊柱起立筋が正常に動かなかったり筋力が低下することで、猫背や反り腰といった様々な悪い姿勢を作り出す重要な役割を持っている筋肉なので是非1度脊柱起立筋について詳しく知っておくと良いのではないでしょうか? そして脊柱起立筋は1つの筋肉の名称ではなく、実は大きく分けて3つの筋肉の総称だということを知らない方が多いのではないでしょうかね? スポンサーリンク &nb ...

ReadMore

産前&産後 骨盤の歪み 骨盤矯正

2018/10/16

骨盤の歪みについて色々な疑問をお答えいたします

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。 骨盤の歪みについて皆さんが色々と疑問に思うことをまとめてみました。 また、分からない事などある場合は直接店舗にて説明も致しますでお気軽に質問してください。   骨盤が歪むと一体どうなるのか? 骨盤が歪むことで骨盤の周辺の筋肉(主に腸腰筋や腸骨筋など)が必要以上負担がかかったりもしくは正常な動きが出来ない為に周辺の筋肉は委縮したりいたします。 本来正常に動くハズの筋肉などが何らかの原因により正常に動かなくなると、骨盤周辺(腰周辺)だけでな ...

ReadMore

内巻き肩

予防 歪み 肩こり

2018/10/17

肩の高さが左右で違う?肩の傾きをセルフチェック

自分では気付きにくいですが、肩の高さが左右で違う方って意外と多いのをご存知でしたか? 肩の高さ違いをそのまま放置していると、肩こりや腰痛などの原因にもなるので早期に改善をいたしましょう。 スポンサーリンク 肩の高さが違うという方は背中の筋肉のアンバランスが原因かも 左右の肩がどちらかに下がっている。その原因は僧帽筋や広背筋の筋バランスの乱れが主な原因です。 僧帽筋とは首から肩甲骨にかけて肩甲骨の安定や手で重たいものを持つ時に肩甲骨が下に下がらないのを防ぐ役割があります。 また、広背筋は人体のもっとも面積の ...

ReadMore

予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/16

猫背は悪い姿勢の代表的な姿勢

猫背って昔は高齢者の方がなる様な姿勢という認識がありましたが、最近では小学生や若い方でも猫背の人が非常に増えてきましたよね。 また自分で猫背だという自覚はあるが、特別になにかをして猫背改善を図ろうとされる方も少ないのでは無いでしょうか? しかし猫背のままでいるとやがて「肩こり」や「腰痛」といった症状に悩まされるので、出来る限り早期に改善を図った方がいい症状なんですがね・・・ スポンサーリンク 普段の生活が猫背になりやすくしている 近年の昔と比べ仕事や遊びなど全てにおいて猫背になり易い行動をとる様になってき ...

ReadMore

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

ご予約はお電話にて

0166-32-6779

〒078-8232 
旭川市豊岡2条2丁目1-1
専有駐車場 3台あり

旭川市豊岡2条2丁目1-1

 

-スポーツ障害, 予防, 歪み, 腰痛
-, , , , , ,

Copyright© 旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2018 All Rights Reserved.