旭川市内で肩こりや腰痛・産前産後のお悩みはヨシダカイロまで

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

予防 肩こり 腰痛

普段の姿勢を変えて肩こりや腰痛は予防する

更新日:

立ち方を帰ると肩こり腰痛を予防することが出来る

慢性的に肩こりや腰痛などに悩まされている方って、普段の立ち方(立ち姿勢)が悪い方が多い様に見受けられます。

そして普段から肩こりや腰痛に悩まされている方の多くは、日常生活の中で自分の姿勢を気にされている方は少ない様に感じられます。

多分、猫背などの悪い姿勢でいた時など自分で気が付けば極力直すようにはされているかと思いますが、実際には正しい姿勢でいる時間なんて極々僅かかと思います。

なので、普段から悪い姿勢でいる為に慢性的な肩こりや腰痛といった症状を起こしやすくなるのです。

この普段の立ち姿勢を変えることで今まで悩んでいた肩こりや腰痛は軽減できるので、是非普段の立ち方を改善してみてはいかがですかね

スポンサーリンク

立ち姿勢を良くして肩こり&腰痛を解消しましょう

日常生活の中で全く立たないという方は少ないかと思いますが、立っている時の自分の足を意識したことってありますか?

普段何気なしに皆さんは立っていますが、立っている時には足の甲の関節から足首・膝・股関節など各々の関節がバランスを取っているおかげで姿勢を安定させ立つことが出来ています。

そしてその各々の関節を安定させるために働いてくれているのが、関節に付着している各筋肉群になります。

しかし、普段から悪い姿勢で立っているとこの筋肉群は予想以上の負担がかかることとなります。そして普段から立ち姿勢が悪いことで自分の知らないうちに筋肉に疲労が溜まっていき筋肉に凝りなどを作ってしまいます。

ここで少し想像してみてください。

最近では余あまり見かけなくはなりましたが子供が遊ぶおもちゃで「積み木崩し」というおもちゃがありましたよね。

積み木崩しのおもちゃって初めは綺麗に積み上げているので安定して立っていますが、積み木がぐちゃぐちゃになるにつれ不安定さが増していきやがて倒れてしまいますよね。

積み木崩しの場合は不安定になれば倒れますが、私たち人間の場合には多少不安定でも倒れたりは致しません。その理由が先ほども言いましたが各関節についている筋肉のおかげだからなんですよね。

しかし、普段から不安定な姿勢(立ち方)でいることで、筋肉は常に倒れないようにするため常に緊張している状態となるので筋肉に疲労が溜まりや少なるのです。

 

肩こりや腰痛にならない良い立ち方(姿勢)とは

普段から良い立ち方(姿勢)でいること自体皆さんは良いことだとは分かっているが、実際にはどのような姿勢が良い姿勢なのか分からないのではないでしょうか?

そこで、簡単ではありますが良い立ち姿勢の説明をさせていただきます。

よい立ち方とは

  • 左右の踵(かかと)はかるくつく感じ
  • つま先は軽く離して、足でVの字を作ります
  • 重心は足の裏 特に土踏まず辺り
  • 膝は伸ばします。軽くお尻や下っ腹の筋肉に力を入れて、骨盤を起こしましょう。
    ※へその下(丹田)に力を入れるように
  • 軽く胸をはりましょう
  • 肩の力を抜いて、肩甲骨を軽く後ろに降ろしてみましょう。
  • 軽く顎(あご)を引き、顔全体で前を向きましょう。

上記の様な項目に気にしながら立ってみると良い姿勢の状態となります。多分普段から肩こりや腰痛といった症状の方はこれとは逆の姿勢をしているのでは無いでしょうかね・・・

そして、実際に自分の立ち姿勢が良いのか簡単にチェックする方法もご紹介させていただきます。

 

自分で良い姿勢なのかチェックする方法

綺麗な立ち方のポイント

先ずは、壁に足の踵・お尻・背中・頭を着けて立ってみてください。

人間が本来持っている生理的湾曲が出来ていれば、この姿勢は辛くないはずです。

しかし、普段から猫背などの姿勢でいるとこの姿勢が辛いはずです。

普段、常に姿勢が悪い(猫背)と背中の筋肉(広背筋)をあまり使わない事になりますので、姿勢を保つ筋肉が弱りもっともっと猫背が加速していきます。

また、背中の筋肉(広背筋)は身体の中で大きな筋肉に分類され、この筋肉を使うことにより、基礎代謝が上がり太りずらい(ダイエット効果)身体に変身します

 

立ち方の安定のために

肩こりを起こす筋肉は、地面から一番遠いの頸(くび)や頭を支えています。
この頸(くび)や頭の位置は、実は姿勢を保つための大切な役割を果たしています(「姿勢反射」といいます)。

つまり、足の裏から肩にいたるまでの体の状態(前かがみ、反り返りなどの色々な姿勢)に応じて、肩甲骨や頸、頭の位置は敏感に反応し、変化します。

そのため、まずは脚(あし)と腹筋で骨盤をきちんと支えると、上半身はまっすぐにのびますし、頸(あご)や頭は自然と楽な位置におさまるんです。

立ち姿勢が安定するためには、お臍(へそ)より下から脚の筋力がとても重要です。特に、太ももの裏側にある筋肉と、ふくらはぎの筋肉、更にへそより下側の腹筋を鍛えておくと、姿勢が安定しやすくなります。

肩こり腰痛を予防する関連記事

カラダが硬い原因

予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/22

カラダが硬い人が増えている!硬いとデメリットだらけだよ

あなたのカラダ硬くないですか?   ここ最近カラダが硬い人が非常に増えてきているように感じます。 実際に私自身も年齢を重ねるにつれ年々カラダは硬くなってきてると感じられますが、加齢によるカラダの硬さもさることながら若い方でもカラダが硬いという方も増えてきているので加齢のせいだけではない様に感じられます。 スポンサーリンク カラダが硬いってことはデメリットだらけです カラダが硬いという方は各関節の可動域が極端に狭められますよね。 するとカラダの様々な箇所の動きが制限されるようになり、普段の生活や運動時のパフ ...

続きを読む

脊柱起立筋

タメになる話 ヨシダカイロプラクティック 予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/15

姿勢に影響を及ぼす脊柱起立筋の役割

脊柱起立筋の役割   脊柱起立筋という言葉を聞いたことはあるかと思いますが、一体どのような筋肉なのかって知っている方って意外と少ないかと思います。 また脊柱起立筋が正常に動かなかったり筋力が低下することで、猫背や反り腰といった様々な悪い姿勢を作り出す重要な役割を持っている筋肉なので是非1度脊柱起立筋について詳しく知っておくと良いのではないでしょうか? そして脊柱起立筋は1つの筋肉の名称ではなく、実は大きく分けて3つの筋肉の総称だということを知らない方が多いのではないでしょうかね? スポンサーリンク &nb ...

続きを読む

PCの位置で肩こり予防

予防 肩こり

2018/10/4

パソコン作業でも肩が凝らない工夫をし肩こりを予防しましょう

PC作業中でも肩こりを予防する   旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。 私自身も仕事でパソコンの前に座り長時間PC作業に追われることが多いですが、仕事柄どうしても事務職をされている方なら尚更1日中パソコンの前に座って仕事をするのが当たり前って方が多いですよね。 そしてそのように1日中座って仕事をされている様な方に限って肩こりなどの症状が酷くていつもツラいとおっしゃっている方が多いのではないでしょうか? また肩こりだけならまだしも、肩こりから頭痛や吐き気なども伴うような症状を訴える方 ...

続きを読む

予防 肩こり 腰痛

2018/6/7

肩こりや腰痛は自分で予防できます

肩こりや腰痛などで日々悩まされている方は非常に多いかと思いますが、実は肩こりや腰痛などの症状は普段の何気ない行動で悪化させている可能性があります。 なので、普段の生活を少し改善することであのツラい肩こりや腰痛を自分である程度予防しながら改善することができます。 スポンサーリンク 肩こりや腰痛などといった症状は普段の生活習慣を見直すと予防と改善が図られます 最近ではスマホなどの普及により坐りながらや歩きながらのスマホ操作(本来、歩きスマホはダメですよ)で日常的に行われるようになり、姿勢が悪い方が非常に増えて ...

続きを読む

内巻き肩

予防 歪み 肩こり

2018/10/17

肩の高さが左右で違う?肩の傾きをセルフチェック

自分では気付きにくいですが、肩の高さが左右で違う方って意外と多いのをご存知でしたか? 肩の高さ違いをそのまま放置していると、肩こりや腰痛などの原因にもなるので早期に改善をいたしましょう。 スポンサーリンク 肩の高さが違うという方は背中の筋肉のアンバランスが原因かも 左右の肩がどちらかに下がっている。その原因は僧帽筋や広背筋の筋バランスの乱れが主な原因です。 僧帽筋とは首から肩甲骨にかけて肩甲骨の安定や手で重たいものを持つ時に肩甲骨が下に下がらないのを防ぐ役割があります。 また、広背筋は人体のもっとも面積の ...

続きを読む

予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/16

猫背は悪い姿勢の代表的な姿勢

猫背って昔は高齢者の方がなる様な姿勢という認識がありましたが、最近では小学生や若い方でも猫背の人が非常に増えてきましたよね。 また自分で猫背だという自覚はあるが、特別になにかをして猫背改善を図ろうとされる方も少ないのでは無いでしょうか? しかし猫背のままでいるとやがて「肩こり」や「腰痛」といった症状に悩まされるので、出来る限り早期に改善を図った方がいい症状なんですがね・・・ スポンサーリンク 普段の生活が猫背になりやすくしている 近年の昔と比べ仕事や遊びなど全てにおいて猫背になり易い行動をとる様になってき ...

続きを読む

ストレートネック

予防 歪み 肩こり 頭痛

2018/10/12

ストレートネックは肩こり・頭痛の原因になります

近年、スマホの普及や生活習慣の変化により現代病と言っていいほどストレートネックの方が多くなってきております。 このストレートネックになってしまうと慢性的な肩凝りや首の痛みなどの症状を頻繁に起こすようになります。 また、最悪の場合には首(頚椎)のヘルニアなどの症状になり、手や指先の痺れなどの症状を発症してしまします。 ですので、慢性的な肩こりや指先の痺れなどを訴えている方などはストレートネック予備軍かも知れませんよ。 その様になる前にストレートネック気味の方などは早急に改善するようにいたしましょう。 スポン ...

続きを読む

腰が反り過ぎている

スポーツ障害 予防 歪み 腰痛

2018/10/19

反り腰の影響で下っ腹がでたり下半身太りになる

女性や男性でもポッコリお腹にはなりたくないという方が大半かと思いますが、年齢が上がるにつれ下っ腹はポッコリと出てきやすくなります。しかし最近では若い女性のかたでも下っ腹がポッコリとしている方が増えてきています。 またポッコリお腹の女性に多く見かけますが、上半身は普通体型なのに関わらず下半身だけ・・・という方も増えてきています。 このポッコリお腹や下半身太りの原因には実は骨盤が過前湾することで起こる「反り腰」が影響をしていることをご存知でしたか? また反り腰でいると腰のある一定の箇所に負担がかかるので腰痛な ...

続きを読む

内巻き肩

予防 歪み 肩こり 腰痛

2018/10/12

内巻き肩は猫背予備軍ですよ!

最近パソコン作業が多くなったり、スマホの使いすぎで知らず知らずの内に自分の肩が内側に入ってしまっている方が増えてきております。 このままの状態でいるとやがて改善が難しい猫背などを引き起こす原因になります。 スポンサーリンク 気づきにくいが肩が内側に巻き込んでいるかも 鏡の前に立ち身体の力を抜いて自然に立ってみた時、両手が身体の横側ではなく身体の前側にくる方や鏡に親指ではなく手の甲が映っている方など、肩関節が内旋(内側に巻き込まれている)しているかも知れません。 通常自然体で立った時は両手は身体の側面に位置 ...

続きを読む

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

ご予約はお電話にて

0166-32-6779

〒078-8232 
旭川市豊岡2条2丁目1-1
専有駐車場 3台あり

旭川市豊岡2条2丁目1-1

 

-予防, 肩こり, 腰痛
-,

Copyright© 旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2018 All Rights Reserved.