旭川市で肩こりや腰痛・産前産後のお悩みならヨシダカイロまで

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

 0166-32-6779

営業時間 10:00~19:00(最終受付18:00)
定休日  日曜・祝祭日

産前産後 肩こり 腰痛

妊婦さんは肩こりや腰痛になりやすい

更新日:

妊婦さんは腰痛にご注意を

女性は子供を授かり妊婦さんになると肩こりや腰痛になりやすと言われています。

しかし、一体なぜ妊婦さんは肩こりや腰痛になり易いのでしょうか?

スポンサーリンク

妊婦さんが肩こりや腰痛になる原因とは

女性の身体は妊娠を期に身体の中で出産に向けた準備を致します。この準備の1つに通常時(妊娠していない時期)には分泌しないホルモン「リラキシン」が分泌されます。

この『リラキシン』というホルモンは、赤ちゃんが出産時にスムーズに産道を通りやすくしてくれる役割を持っており関節や靭帯などを緩ます働きがあります。

リラキシンについて詳しくはコチラを参照ください

ホルモン
出産の準備で分泌されるホルモン「リラキシン」

妊娠をすると女性の身体は様々な変化が現れます。 その一つに妊娠してから20週目くらいから出産を助ける ...

続きを見る

ですから、このリラキシンが分泌されることで骨盤周辺だけでは無く今まで身体を支えていた関節や靭帯なども緩みやすくなり、自分の姿勢を維持するのが難しくなり肩こりや腰痛などになり易くなります。

そこで妊婦さんが普段の生活で肩コリや腰痛になる原因として多いものをいくつか挙げてみましょう。

 

初めての出産からくる不安が起こす肩こりや腰痛

妊娠中でも家事や仕事など妊娠される前と変わらい生活を送る方が多いかと思いますが、今まで通りに身体が動かなく旦那や周りからは理解が得られない事よりストレスを感じてしまい肩こりや腰痛を引き起こしやすくなります。

ましてや初めて妊婦になった方などは出産や育児などついて色々と不安を抱え込んでしまう傾向があります。

常に不安でいる状態が長いと肩こりや腰痛を引き起こしやすくなるので偶には気分転換などをし不安の解消に努めるようにしましょう。

 

妊娠の影響で眠りが浅くなる

産後の悩み妊娠線

妊娠中ってお腹の中に赤ちゃんがいるのでどうしても寝る姿勢などが悪くなりがちになります。

また、本来睡眠中には寝返りを20~30回程度するのが望ましいと言われていますがお腹が大きなママさんなどはその理想とされる寝返りの回数には満たない方が多いかと思います。

ですので、色々な状況が重なり合い眠りの質が低下し睡眠不足気味になりがちになります。

そして、睡眠不足になると身体の疲れが取れにくくなり肩こりや腰痛などにもなり易くなります。

 

運動不足による血行不良からくる肩こり腰痛

妊娠中はどうしても身体を動かす機会が減りがちになりますよね。

また妊娠をされる前まではジムなどにかよって日々運動をされていた方などの場合には、妊娠を機に一気に普段の生活活動レベルが低下してしまいます。

そうなると身体の中で筋肉を動かさないので血行不良を起こし易くなり筋肉なども凝りやすくなります。血行不良気味ですと肩こりや腰痛にもなり易くなります。

 

妊婦さんは身体の重心の変化によって肩こりや腰痛をなりやすい

妊娠中期ごろよりお腹が大きくなり身体の重心が以前と比べると変わってきます。

身体全体でバランスを取る様になると腰を反る姿勢になり首も前傾してきます。

この不良姿勢の影響で肩こりや腰痛などを起こしやすくなります。

また、不安やストレスを多く抱えている方は、交感神経が活発に働く様になり血管が収縮し肩こりや腰痛を起こしやすくなります。

少しでも不安やストレスを感じたら身近な方に相談するなどし少しでも不安やストレスを解消しましょう。

それと、運動不足や重心の変化からくる肩こりや腰痛などは、ヨシダカイロで凝り固まった筋肉をほぐし関節の可動域を改善する施術(背骨や骨盤の矯正)を受けることで、少しでも身体に掛かる負担を減らすことをおススメいたします。

 

妊婦さんはホルモンバランスの乱れによって肩こりや腰痛になりやすい

妊娠すると女性の身体は色々な変化が現れます。

先程の身体の重心の変化などは目に見える変化なので分かりやすいですが、目に見えない変化もたくさん起こり得ます。

例えばホルモンバランスなどは目に見えない変化のもっとも大きな変化かと思います。

しかしホルモンバランスを自分でコントロールするのは容易なことではありませんが、ホルモンバランスの乱れでどの様な症状が起こるのか理解しとくのが大事かと思います。

そして、このホルモンバランスの変化で腰痛などが起こりやすくなる1番の原因には、妊娠すると分泌されるリラキシンの影響が1番かと思います。

このリラキシンは出産時に関節や靭帯などを緩める働きがあり、関節や靭帯が緩い状態で日常生活を送る様になる為に腰などに負担がかかりやすくなり腰痛などの症状がでやすくなります。

なので、妊婦さんは腰痛などの症状がでやすくなります。

リラキシンについてもっと知りたい方はコチラで詳しく説明しています。

 

妊婦さんの肩こり・腰痛は旦那さまの理解を得ましょう

先ほど、不安やストレスからも肩こりや腰痛などを引き起こすとお伝えいたしましたが、少しでも不安やストレスを解消するためには身近な存在の旦那さまの理解を得ることがとても大事になってきます。

わたくしも男性で妊婦の経験は無くどのくらい妊婦が大変か中々分からなかった時期がございました。

知人の方より男性でも妊婦の気持ちが分かる方法としてこの様な提案があったのでご紹介いたします。

 

旦那に妊婦の疑似体験をしてもらう

今回ご紹介する方法は身近にある物で妊婦の経験をしてもらう為の疑似体験ですが大きな病院などでは専用の装具もございますので、行きつけの産婦人科などでこの装具があるか聞いてみるのも良いかも知れません

  1. 市販されている10㌔入りお米を用意いたします。
  2. 日曜日などを活用し旦那に10㌔のお米をお腹に装着します
    ※10㌔のお米をお腹に装着するには『さらし』などを使用しお米をグルグル巻きにします。
  3. この状態で1日生活してもらいましょう

はっきり言って男性がこの様に妊婦さんの体験をされると半日程度で根を挙げるかと思います。
旦那さんに妊婦の大変さを教えてあげましょうね・・・・

妊婦の大変さが分かると旦那さまも奥様に対し優しさや気遣いもするようになり不安やストレスなど少しは改善しやすいかと思います。

旦那さまが中々妊婦に対してご理解が無い場合、1度実践してみるの面白いかと思いますよ。

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

お勧め記事(一部広告含む)

-産前産後, 肩こり, 腰痛
-, , , , ,

Copyright© 旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2019 All Rights Reserved.