肩こり・腰痛・産後骨盤矯正のことなら

旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス

 0166-32-6779

営業時間 10:00~19:00(最終受付18:00)
定休日  日曜・祝祭日

頭痛

女性に多い片頭痛!別名「血管の痛み」と言われている

女性に多い片頭痛

特に女性に多い頭痛の症状にで片頭痛があります。そして片頭痛(偏頭痛)は別名『血管の痛み』と言われています。

この血管の痛みと言われる由縁は、脳の血管が何らかの理由で急激され拡張しその周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し更に炎症物質が分泌されることで更に血管を拡張することで片頭痛を誘発されるからです。

なので片頭痛の際には肩やこめかみ・目などの辺りがズキンズキンと心臓の拍動に合わせるような痛みを伴うのです。

また、頭の左右どちらかの片側だけが痛むとは限らず左右両側が痛む場合もあり、日常生活に支障をきたすほどの痛みを伴う発作性の頭痛のことです。

 

片頭痛の原因とは

片頭痛の原因には週末など仕事が休みの際にストレスなどから解放された時に急に血管が拡張される際に起こりやすくなります。

また寝過ぎや寝不足・空腹・疲労などといった際にも起こりやすくなります。それと女性ホルモンの変動などが片頭痛の原因とされています。

それではもう少し詳しく片頭痛の原因についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

血管の拡張によりおこる片頭痛

先ほども申しましたが何らかの理由で脳の血管が急激に拡張することで片頭痛の症状が発症します。

一般的には心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張する傾向が強く、週末など仕事のストレスから解放された時など片頭痛が起こりやすくなります。

 

外的要因により起こる片頭痛

寝過ぎ、寝不足、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な低下(特に生理の前など)、空腹、疲労、天候(気圧の変化や、季節の変わり目、快晴、急激な気温差のある日)、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

それでは次に片頭痛の特徴についてのお話になります。

 

女性に多い片頭痛の症状・特徴

女性に特に多い片頭痛ですが、先ずはその特徴とはどのような症状なのでしょうか?

それでは片頭痛の特徴のお話をさせていただきます

片頭痛の特徴

  • 頭の片側だけに起こる場合もあれば、両側に起こる場合もある。
  • 月に数回の頻度で、繰り返し起こる。
  • 脈打つように「ズキンズキン」「ガンガン」と痛む。
  • 痛みは激しく、ひどいと何も手に付かない。
  • マッサージや運動、入浴などで悪化する。
  • 遺伝しやすい(母親の影響が強い)
  • 頭痛の直前に前兆が見える(視野の周辺にチカチカしたギザギザの線が見える。)

片頭痛になると上記の様な症状を訴える様になります。

また横になった際に身体を動かし頭の位置を変えたりすると頭痛が酷くなったりもしますので、片頭痛が酷い時などは極力身体を宇動かさないで安静にしていることが大事になります。

また頭痛以外に吐き気、嘔吐、下痢などの随伴症状があり、光、音、におい、気圧や温度の変化に対し敏感になることも特徴です。

そして個人差もございますが頭痛は数時間で収まる場合もあったり、何日も続くこともございます。

そして片頭痛の症状が多い方の場合、毎週1回くらいの頻度で頭痛の症状が現れる方もいるとのことです。

 

片頭痛を自分で予防するには

片頭痛を予防するには片頭痛になった時の状況をチェックすることが大事になります。

例えば寝過ぎた時や寝不足になったときに頭痛が起きたなど頭痛が起きた時の状況をチェックするこで、その片頭痛の原因を特定しやすくなりそれら環境を避けるようにするだけでも片頭痛は予防をするこが可能になります。

また片頭痛の原因とされている寝過ぎや寝不足などを極力減らし規則正しい生活を送ることも大事になりますし、空腹が続くような環境を作らないことも大事になってきます。

それと身体の疲労を貯め過ぎないことも大事になってきます。週末などは家でダラダラしないで少し家の外に出て身体を動かすことで疲労は軽減されるので軽い運動なども片頭痛の予防に繋がります。

 

頭痛を誘発する食べ物で片頭痛を予防する

片頭痛の予防には頭痛を誘発する食品の取り過ぎを注意することでも予防は可能です。

例えば頭痛を誘発する食品にはチョコレートやチーズといった食品から、赤ワインなども頭痛を誘発するといわれているのでそれら食品を取り過ぎないことで片頭痛を予防することが出来ます。

 

片頭痛になったときの対処法は

偏頭痛になった時は冷たいタオルなどを痛む箇所にあてると血管は収縮するので痛みを軽減されます。

稀にシャワーなどに入り温める方がいますが、身体を温めることで血管は拡張し余計に痛みが酷くなるので温めることは決してしない様にしましょうね。

また片頭痛の際には光や音などに敏感になるので暗い静かな場所で横になり、極力身体を動かさない様にしして安静にしていることも大事です。

そしてカフェイン入りの飲料を取ることでも対処が可能になります。

カフェイン入り飲料は血管を収取させる作用があるので、頭痛になりそうだなぁって思った時などは早めに少し摂取することでも対処するこが出来ます。

しかし過剰に摂取し過ぎるのは頭痛を誘発する恐れもございますので適量を摂取するようにしましょう。

これら片頭痛に対して予防などをしていても頻繁に頭痛の症状が出るという方は1度ヨシダカイロプラクティックまでご相談を下さい。

当院ではそれら片頭痛などの症状でお困りの方が多数ご来院し、何度目かの施術にて頭痛が起こる回数が激減したり頭痛の症状が起こらなくなった方が大勢います。

 

ヨシダカイロプラクティックの片頭痛に対する施術とは

頭部、頸部周囲の筋緊張を緩和させ、頸椎を中心とした背骨を矯正し自律神経のバランスを整え片頭痛を改善させます。

ご自身では片頭痛だと思っていても、違う種類の頭痛だったり、さまざまな種類の頭痛が混在しているケースも少なくありません。

症状の改善が見込めない時には専門の医療機関への受診をおススメいたします

 

旭川市近郊で肩こりのことならヨシダカイロプラクティックオフィスまでご相談を

肩こりについて

 

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

お勧め記事(一部広告含む)

-頭痛
-,

Copyright© 旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2019 All Rights Reserved.