ツラい肩こりの原因は肩甲骨が関係しているかも

投稿日:

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックです。

日本全国で慢性的な肩こりでお悩みの方って一体どのくらいいるのでしょうかね?

健康調査などの発表では日本全国で73.8%の方が肩こりで悩んでいるいるということなので、約9千万人以上の方が肩こりで悩んでいるということになります。ちなみに、日本の総人口が約1.27億人(2016年)です。

こんなにも多くの方が肩こりで悩まされてますが、実はその肩こりの原因には肩が関係していなくて別の個所が原因で肩こりを引き起こしている場合があるのをご存知でしたか?

スポンサーリンク

肩の筋肉をほぐしても直ぐに肩こりで悩まされます

肩こりなどで悩まされている多くの方は肩の筋肉などを揉んだりして肩こりのツラさから解放されようとしますが、実は肩の筋肉を揉んだりしてほぐしたとしても直ぐに肩こりの症状が表れ一時的な対処しかしていないことになります。

もちろん肩の筋肉などがはりコリなどが出来た場合には、そのコリを取り除けば肩こりのツラさからは解放されます。

しかし、なぜ肩の筋肉にコリなどが出来たのかその原因を解消しなければ、いくら肩の筋肉をほぐしたとしてもまた直ぐに同じように肩の筋肉にコリが生じて肩こりを引き起こしますよね。

 

肩の筋肉にコリが出来る原因は様々

肩の筋肉が張る原因は実に様々な要因がございます。

例えば、昔と比べ仕事の変化によりPC作業が増えたことで1日中パソコンのモニターとにらめっこしてたり、ここ数年で一気に普及したスマホの影響などもございます。

また、便利な日常を手に入れる反面で移動の際には車を使うようになり普段から全く歩かなくなり運動不足が影響していますよね。

もちろんこれら以外にも肩こりを引き起こす原因は沢山ありますが、肩こりの2大原因はこの2つでは無いでしょうか。

この様に昔に比べ仕事や日常の生活で肩にかかる負担が増える一方で、運動不足により筋肉を動かさなくなり余計に肩こりを引き起こしやすくなっているのが現状です。

 

肩を動かしているつもりだが実は肩関節は動いていない

よく当院へ肩こりなどでお越しになられる方なども言っていますが「普段から肩こりがツラいから肩を回しているんだけどね」という言葉をお聞きします。

しかし、実際には肩では無くただ腕を回しているだけの方が多数おられます。

肩こりの場合は肩周辺の筋肉を動かさなくてはいけないのですが、先程の様に腕だけを回しても肩周辺の筋肉はさほど動かず腕の運動をしているだけの場合があります。

もちろんそれでもやらないよりかはマシかも知れませんが、せっかく肩こりの為の運動をされるなら出来る限り効果の出る運動をされた方が良いのではないでしょうか?

そして、この肩周辺の筋肉を動かす運動とは実は背中にある肩甲骨が大いに関係しています。

 

慢性的な肩こりの人は肩甲骨の動きが自分で認識できない

慢性的な肩こりで悩まれている方は、自分で自分の肩甲骨の動かし方が分からないという方が多いです。

それは何故かというと、普段から背中にある肩甲骨を意識していないからです。

肩甲骨とは本来手を挙げる際に動く骨です。

例えば右腕を真横の位置まであげてみましょう。

この時はまだ肩甲骨は動きませんが、それよりも更に上へ上げていくと肩甲骨は下方へ滑る様な動きをし手を上げる補助をします。※大体、手が真横の位置(肩と水平な状態)から上に45°ほど上がってから肩甲骨が動き出します。

しかし、慢性的な肩こりでお悩みの方などの場合は普段の生活では腕などをあまり上へ上げる習慣が無く、この肩甲骨自体が動いていない状態が長く続いている恐れがあり肩甲骨の動き自体認識していない方が多く見受けられます。

なので、肩こり持ちの方は自分で肩甲骨を動かしてみてと言われても普段から動かしていないので肩甲骨の動かし方が分からないという方が大半かと思われます。

 

肩甲骨には肩こりを認識する筋肉(僧帽筋)が付着している

肩こりの方は普段から肩甲骨を動かすという習慣が少ないので、肩甲骨に付着している肩こりを認識する筋肉(僧帽筋など)の動きも悪くなります。

普段からそれら肩こりだと認識する筋肉を動かさなければやがて血行が悪くなり筋肉には柔軟性が無くなりコリなどを作ってしまいます。

それにより、肩甲骨に付着している肩こりを感じさせる筋肉(僧帽筋)が動かないので、これほどまでに慢性的な肩こりの方が増えたかと思われます。

もちろん、僧帽筋以外にも深部に付着している菱形筋やその他の筋肉も動かさなければ肩こりになってしまいますよ。

血流を悪くさせない為にも普段から筋肉を動かすための運動が必要なことは分かっていますが、健康の為にと時間を作ってまで運動される方が少ないのも現状ですよね。

 

猫背の方はより一層肩甲骨周辺が凝りやすい

 

猫背の方はよく肩こりが酷いというお話をお聞きしますが、それにはこの肩甲骨が関係しています。

猫背姿勢の方は肩が前方に出てしまいますが、これにより肩甲骨が左右外側に引っ張られてしまします。すると、肩甲骨が本来あるべく位置では無くなり肩甲骨に付着している僧帽筋などもずっと外に引っ張られ血流などが悪くなります。

なので、猫背で肩こりで困っている方などは肩甲骨の動きを取り戻すと共に猫背姿勢の改善も一緒に行わなければ中々肩こりの改善は見込めません。

また、肩こりが酷過ぎると今度は頭痛や吐き気などといった症状も現れるようになるのでお気を付けてください。


【旭川の整体院】
 ヨシダカイロプラクティックオフィス【住所】  旭川市豊岡2条2丁目1-1 HGSビル
【駐車場】 正面専有3台 詳しくは ≫コチラ
【お問合せ】0166-32-6779
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】 日曜/祝日/不定休
【公式サイト】  https://yosida-chiro.com/

よく読まれるページ

1

旭川市の整体院『ヨシダカイロプラクティックオフィス』のメニュー料金のご案内になります。   また、ご予約時にカイロコースまたは産後 ...

2

旭川市の整体院『ヨシダカイロプラクティックオフィス』へのアクセス方法のご説明を説明させていただきます。   旭川市の整体院「ヨシダ ...

3

旭川市の整体院『ヨシダカイロプラクティックオフィス』です。 妊娠→出産→育児とママさんの毎日は非常に忙しい日々を送られているかと思いますが、 ...

-肩こり
-,

Copyright© 旭川市「骨盤の専門店」ヨシダカイプラクティックオフィス , 2018 All Rights Reserved.