旭川市内で肩こりや腰痛・産前産後のお悩みはヨシダカイロまで

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

 0166-32-6779

住所     旭川市豊岡2条2丁目1-1 HGSビル1F
営業時間  10時~19時(最終受付18時)
定休日    日曜・祝日

スポーツ中に「足がつる(つった)」原因と予防

更新日:

試合中に足がつる

練習中や試合中などスポーツをしている最中に「足がツッて」悶絶したり、寝ている時にいきなり「足がツってしまい」いきなり目が覚めたりという経験をされた方などって意外と多いのではないでしょうか

そして、あの足がつっている時なんて本当に痛くて大人でさえも悶絶してしまいますが、なぜ足がつってしまうのか皆さんはご存知でしたか?

スポンサーリンク

「足がつる(つった)」原因って何?

基本的に足がつっている状態とは足の筋肉が痙攣をおこし伸縮が出来なくなっている状態のことです。※伸縮というと少し語弊があるかも知れませんが詳しくは筋肉が萎縮し戻らなくなっている状態です。

この様に筋肉が痙攣を起こす原因には様々な要因がありますが、身近に起こりやすい原因には発汗により身体の水分とミネラルが不足したときや神経の異常反射などが原因で起こります。

また、日頃の疲労が溜まり疲労がピークに達すると筋肉が異常収縮を起こし筋肉が痙攣することもあります。

なので、スポーツ時に起こる「足がつる」という現象は身体の水分やミネラル分が不足して起こることが多く、また寝ている時に起こる「足がつる」という現象は疲労がピークに達している時や神経の誤作動で起こりやすくなります。

足がつる原因には大きく分けて2通り

  • 身体のミネラル分の不足
  • 神経の誤作動

※これら以外にも横隔膜の動きが良くない時などもつりやすくなる傾向がありますが、大きな原因としては上記の2つです

 

足がつらない為の予防法

足が攣らない為の予防先ほどもお話をいたしましたが、スポーツを行っている時に足がつってしまうのは身体の中の水分やミネラル分が不足している時におこりやすくなります。

なので、コマ目に水分補給を心掛けることである程度の予防をすることが出来利用になります。

また、水分補給をコマ目に行っていても足がつりやすいという方が中にもいるかと思いますが、そのような方は「水」ではなく「スポーツドリンク」などをコマ目にとるようにした方が良いです。

 

なぜ水よりスポーツドリンクなのか

「スポーツドリンク」には身体に必要な水分とミネラルなどが「水」に比べると豊富に入っており、また身体の中に浸透しやすいようになっているのでただ水を飲むよりも効果的に足のつりを予防してくれます。(ミネラルの補給が出来るから)

また寝ている時に足がつるという方は、疲労がピークに達していることが多いので疲労を少しでも取り除く為に足のマッサージなどを行い血行を良くしてあげることが大事となってきます。

それと先ほど同様に寝ている時に足がつってしまう方の場合でもスポーツドリンクをコマ目にとってあげることで寝ている時の足のつりを予防することが出来ます。

しかし、身体のミネラル分が不足しているからと言ってミネラル補給にスポーツドリンクばかり飲むのは控えた方が良いと思います。

スポーツドリンクには糖分が非常に多く、普段からスポーツドリンクばかり摂取していると肥満の原因にもなりかねないので注意するようにしましょう。

 

試合中に行う足が攣らない為の水分補給の方法

先程も足が攣らない為にはコマ目な水分補給が大事だとお伝えいたしましたが、ここで試合前や試合中に行う足が攣らない為の水分補給の方法のお話をいたします。

スポーツ競技において試合中に水分補給できるタイミングはバラバラなので全ての競技に当てはまらない場合もありますが、出来れば15分~30分おきに200ml程度の水分を補給する様にしましょう。

よく練習中や試合中などに喉が渇いたからと言って一気に水分を補給される選手などがいますが、自分で喉が渇いたと認識した時点で脱水の症状が表れています。

また、喉が渇いたからと言って一気に大量の水分を補給したとしても、水分が身体に吸収されにくい状態なので自分で思っているほど身体には水分が吸収されていません。

なので、足が攣らないように水分補給をするには

ポイント

  1. コマ目に
  2. 少しづつ
  3. 喉が渇く前

といったように水分補給するようにしましょうね。

また、試合前には試合中の脱水を少しでも遅らせる為にも、試合の30分前に300ml前後の水分を補給するといいでしょう。これも一気の飲むのではなく少しづつ飲むのが1番良いですからね。

それと、試合中などは水よりもスポーツドリンクなどの方が身体には吸収されやすいことは皆さんもご存知かと思いますが、一般的に売っているスポーツドリンクよりも更に水分が身体に吸収されやすい飲み物がございます。

それが「ハイポトニック」と呼ばれるドリンクです

 

アイソトニックとハイポトニックとは

ポカリスエットやアクエリアスなど一般的に購入できるスポーツドリンクなどは安静時に飲むと身体の体液などと同等の浸透圧でより早く吸収されやすくこれらドリンクのことを「アイソトニック」と呼ばれています。

また、スポーツ時に最適だと言われているのが先程もでてきた「ハイポトニック」と呼ばれるドリンクです。

ハイポトニックとは簡単に言ってしまうと、甘さをおさえたスポーツドリンクのことです。※詳しくは若干違いますがあえて簡単に説明しています。

身体へ吸収される水分は糖分濃度が高いものは体内への吸収速度が遅くなり、逆に糖分濃度が低い飲み物は身体への吸収速度が速くなります。その性質を利用した飲み物が「ハイポトニック」となります。

ですから、本当であれば試合中などは一般的なスポーツドリンクよりも「ハイポトニック」とよばれるドリンクを飲まれた方が水分補給としてはおすすめです。また、適度に冷やした方が身体への吸収が良いとされ約10℃前後のドリンクを飲むようしましょう。

少し話が反れてしまいましたが、試合中などに足が攣るような方は「ハイポトニック」を飲むようにし、寝ている時などに足が攣る様な方はスポーツドリンクを飲むようにするといいでしょう。

 

ハイポトニックは簡単に作れます

ここで、「ハイポトニック」の簡単な作り方の説明をいたします。

作り方などは特に難しくなく、1Lのスポーツドリンクを半分(500ml)にし水を半分足すだけで「ハイポトニック」になります。

スポーツ選手の中には一般的に売っているスポーツドリンクは甘くて嫌だと言われる方もいますが、これならば甘く無く且つ身体への水分補給が迅速に出来るのでおすすめですよ。

 

足がつった時の対処法

スポーツなどを行っている時に足がつってしまった時など、中々自分一人で回復させるには難しい場合があります。

自分一人で「足がつった状態」を回復させるのが難しい時には、周りの人に協力してもらい足を上にあげ足首を曲げふくらはぎを伸ばすようにしてもらうと足のつりは徐々に落ち着いてきます。

スポーツ中などにおこる「足がつっている状態」とは、ふくらはぎの筋肉がつっている場合が多いのでふくらはぎを伸ばしてあげると足のつりは収まりやすくなります。

また、周りに人がいなく自分一人で足のつりを回復させるには、立っている時なら運動前に行う準備運動のアキレス腱を伸ばすようにふくらはぎを伸ばすと良いでしょう。

そして倒れた状態の時には、自分一人で立つことも困難なのでうつ伏せに(下向き)になり足首を立ててふくらはぎが伸びるようにストレッチするとやがてふくらはぎがつっている状態が収まってきます。

あと、足がつっている状態が落ち着いてきたら、ふくらはぎを軽くマッサージし血流を促してあげることも忘れずに行いましょう。

稀に見かける行動ですが、足がつった直後にコールドスプレーなどで足を冷却する方がいますがこれは決してやってはいけないことです。

本来、足がつっている状態の時は血流を促してあげなくてはいけないのに患部を冷やして血流を抑えてしまうと収まる症状でも治まらなくなります。

なので、間違った処置はしないようにしましょうね。

 

スプレーするだけで足の攣りを早期に回復

スポーツのプレー中に足が攣ってしまうと中々プレーに戻ることが出来ませんよね。

そして、試合中に足が攣ってしまった時は先ほどの様にチームの仲間やメディカルトレーナーの方々に攣っている箇所を伸ばしてもらうのが1番良い方法ですがさらに良い方法を1つご紹介いたしますね。

その方法とは、攣っている箇所に直接マグネシウムを練って筋肉の攣りを素早く改善させる方法です。

マグネシウムはサプリメントなどの様に口から摂取するよりも、直接肌から取り入れた方が吸収率が高いと言われています。

ですので、足が攣った時にこの『マグネシウムスポーツローション』を攣っている箇所へ塗ると攣りが早期に改善しやすくなります。

使用方法は、1部位に対してスプレーを5~6回程度プッシュし適量を患部に軽くマッサージしながら塗り込みます。

この時はなるべく筋肉に沿って塗ると良いでしょう。※例えば、ふくらはぎなら下から上に筋肉を伸ばすように動かすと良いかと思います。

 

普段からつりやすい方は食生活の見直しを

スポーツを行っている時に足がつるのは先ほどもお話いたしましたが、汗が大量に出ることにより身体の中のミネラル分が不足することで足がつりやすくなります。

しかし、スポーツなどを行っていない時にでも足がつりやすい方っていますよね。例えば『何気ない行動でいきなり足がつってしまった』とか『寝ている時に足がつって目が覚めた』とか・・・

この様な場合、普段から身体に疲労が溜まり身体の中の栄養のバランスが乱れていることが多いです。

そのような時は、食事でミネラルの補給をしてあげれば足がつる頻度がさがります。そして、ミネラルを摂取する場合にはマグネシウムとカルシウムが豊富な食事を心掛けると良いでしょう。

また、簡単にマグネシウムなどを摂取するためのサプリメントなら『超高濃度マグネシウム』などが手軽にマグネシウムを摂取することが可能です。

毎日、数滴をみそ汁やジュースなどに入れて呑むことでマグネシウムの摂取が出来るので毎回毎回試合などで足が攣るような方には良いかも知れません。

しかし、多少の苦みがあるのでお子さんなどが呑むときは記載されている適量より少なくし呑む回数を多めにして摂取する方が良いかも知れませんね。

そして、1番効果的な足がつる予防としては、毎日の食事に気を使い必要な栄養素を確実に摂取することが大事なんですがね・・・

しかしそれがなかなか出来ないのが現状ですよね。

それと普段から身体の中の栄養が足りていないという方は突然「まぶた」などがピクピクしだすこともございます。

突然、まぶたがピクピクこれってなぁに?

何もしていないのに突然「まぶた」がピクピク痙攣したり、自分の意志とは全く関係なく指が勝手に動く経験ありませんか? 全身の筋肉がピクピク痙攣するのはALS(筋委縮性側索硬化症/きんいしゅくせいそくさくこ ...

続きを見る

 

脛用のコンプレッションで足のつりを予防する

水分の補給も大事ですが足が攣らない様にするためには脛用のコンプレッションを着用するのが望ましいです。

私自身も20代までは運動時にそれほど足などつらなかったですが、30代を境に試合中によく足がつってしまうことが多くなりました。

そこで脛用のコンプレッションを使うようになると、それまであれほど試合中に足がつっていたのがウソの様に足のつりが無くなりました。

また実際に数種類のコンプレッションを使用しましたが、やはりスキンズのコンプレッションが私には合っていたように感じられましたね。

 

 

また試合後などふくらはぎに違和感が残っている様な場合には何らかの症状が隠れている場合もあるのでその様な時は無理をせず、お近くの整形外科や整骨院などを受診するのをおすすめいたします

ふくらはぎの違和感
練習や試合後にふくらはぎに違和感を感じた時の対処法

練習後や試合ごなど身体のいたるところに痛みや不具合といった症状が起きやすいですが、ふくらはぎに関しての痛みや不具合の場合はスポーツ障害が起きる前兆かも知れません。 このふくらはぎの違和感を放置していう ...

続きを見る

 

スポーツ障害に関連する記事

スポーツ障害

2018/10/30

突然、まぶたがピクピクこれってなぁに?

何もしていないのに突然「まぶた」がピクピク痙攣したり、自分の意志とは全く関係なく指が勝手に動く経験ありませんか? 全身の筋肉がピクピク痙攣するのはALS(筋委縮性側索硬化症/きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)という病気もありますが、「まぶた」や「指」などがピクピクする程度なら特に問題はありませんが身体が疲れている証拠ですよ スポンサーリンク 身体のミネラル分が不足することでピクピクを起こしやすくなる 通常、健康な方が一時的にまぶたなどがピクピクと痙攣しだすのは局所性痙攣の可能性が大半かと思われます。ま ...

ReadMore

試合中に足がつる

スポーツ障害

2018/11/15

スポーツ中に「足がつる(つった)」原因と予防

練習中や試合中などスポーツをしている最中に「足がツッて」悶絶したり、寝ている時にいきなり「足がツってしまい」いきなり目が覚めたりという経験をされた方などって意外と多いのではないでしょうか そして、あの足がつっている時なんて本当に痛くて大人でさえも悶絶してしまいますが、なぜ足がつってしまうのか皆さんはご存知でしたか? スポンサーリンク 「足がつる(つった)」原因って何? 基本的に足がつっている状態とは足の筋肉が痙攣をおこし伸縮が出来なくなっている状態のことです。※伸縮というと少し語弊があるかも知れませんが詳 ...

ReadMore

ふくらはぎの違和感

スポーツ障害

2018/10/12

練習や試合後にふくらはぎに違和感を感じた時の対処法

練習後や試合ごなど身体のいたるところに痛みや不具合といった症状が起きやすいですが、ふくらはぎに関しての痛みや不具合の場合はスポーツ障害が起きる前兆かも知れません。 このふくらはぎの違和感を放置していうと予期せぬスポーツ障害を招く場合があるので十分注意しましょう。 スポンサーリンク ふくらはぎの役割とは ふくらはぎとスポーツ障害の関係をお話する前に、先ずはふくらはぎとはどのような筋肉なのかお話をしたいと思います。 ふくらはぎは主に足を曲げたり伸ばしたりする時に働く筋肉です。 なので、全てのスポーツに関わるこ ...

ReadMore

スポーツ障害の原因と予防

スポーツ障害

2018/6/27

なぜスポーツ障害が起こるのか?その原因と予防

スポーツ選手にとって試合に勝つ為には日頃ハードなトレーニングなどを行いますが、日頃ハードなトレーニングばかりしていて休息なども取り入れないとスポーツ障害を起こす原因になります。 日々の練習も大事ですが、しっかりと休むことも大事な練習だということを覚えておきましょう。 スポンサーリンク なぜスポーツ障害を起こしてしまうのか スポーツ選手は自分が好きでやっているスポーツで「試合に勝ちたい」や「良いタイムを出したい」からトレーニングを行うかと思いますが、そのトレーニングのし過ぎで身体にスポーツ障害をおこし「試合 ...

ReadMore

スポーツ障害

2018/6/2

スポーツ時の障害やケガの症状&対処法

私自身カイロプラクティック院を経営しながら、40代を過ぎても現役のラガーマンをしております。 カイロプラクター兼ラガーマンのそんな私がスポーツ時の障害と外傷についてお話をしたいと思います。 もちろん仕事柄クライアントさまの身体を第一に考えますが、プレイヤーとしての悩みも(怪我をしていてもプレーをしたい)解消出来るように日々努力をさせていただいております。 スポンサーリンク スポーツ障害と外傷との違い スポーツをやられている方などに多い障害や怪我についてお話させていただきます。一般的にスポーツ障害とスポーツ ...

ReadMore

スポーツ障害

2018/10/30

腹筋運動は腰痛の原因?今後の腹筋トレーニングの影響は

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックです。 先日、日本バスケットボール協会から発表された記事を読んでいたのですが驚きの内容でした。 その内容とは、我々肩こりや腰痛などを専門に診るカイロプラクターにも大変重要なことかと思い、忘れない為にも備忘録的に書きとどめておきます。 スポンサーリンク 上体起こし(腹筋運動)は腰痛の原因になる 日本バスケットボール協会は昨年から指導者養成の場で「上体起こし(腹筋運動)は推奨出来ないトレーニング方法」として周知しているようです。 この様に指導者養成の場で上体起こし(腹筋 ...

ReadMore

スポーツ障害

2018/10/29

部活動中に起こり得るスポーツ障害

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィスです。 カイロプラクティック院にて日々肩こりや腰痛などのクライアント(患者さま)を診る傍ら、最近では学生の部活動などの支援(テーピングや筋トレ指導など)なども行っております。 しかし病院などで受診をして、この症状は「〇〇ですね」と診断されてもスポーツ障害などの診断名って難しく一般の方には理解しにくいのが本音ではないでしょうか? そこで、病院で診断されるスポーツ障害の代表的な症状を少しでも分かり易く解説をしていきたいと思います。 しかし、症状の解説はしています ...

ReadMore

スポーツ障害

2018/7/6

○○が痛い時には冷シップor温シップ

捻挫や打撲などした際には、皆さんは湿布などを貼り痛みや炎症を取り除こうとしますよね。 しかし湿布には通常「冷シップ」と「温シップ」の2種類あります。 そして、いつも聞かれるのですが「○○な時って冷湿布を貼れば良いのかそれとも温湿布を貼れば良いの?」って・・・ まぁ一般的には○○な時ってどちらの湿布を貼っていいのかって分かりづらいですよね。 スポンサーリンク 目的にあった使用方法をしてください 一般的に湿布は2種類ありますが、実は2種類の湿布には使用目的が違ってきます。 例えば、慢性的な痛みに対しては患部を ...

ReadMore

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

ご予約はお電話にて

0166-32-6779

〒078-8232 
旭川市豊岡2条2丁目1-1
専有駐車場 3台あり

旭川市豊岡2条2丁目1-1

 

-スポーツ障害
-, ,

Copyright© 旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2018 All Rights Reserved.