肩こり・腰痛・産後骨盤矯正のことなら

旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス

 0166-32-6779

営業時間 10:00~19:00(最終受付18:00)
定休日  日曜・祝祭日

障害

なぜスポーツ障害が起こるのか?その原因と予防

  1. HOME >
  2. スポーツ >
  3. 障害 >

なぜスポーツ障害が起こるのか?その原因と予防

スポーツ選手にとって試合に勝つ為には日頃ハードなトレーニングなどを行いますが、日頃ハードなトレーニングばかりしていて休息なども取り入れないとスポーツ障害を起こす原因になります。

日々の練習も大事ですが、しっかりと休むことも大事な練習だということを覚えておきましょう。

 

なぜスポーツ障害を起こしてしまうのか

スポーツ選手は自分が好きでやっているスポーツで「試合に勝ちたい」や「良いタイムを出したい」からトレーニングを行うかと思いますが、そのトレーニングのし過ぎで身体にスポーツ障害をおこし「試合に出れない」や「選考会に出れない」といった不本意な結果になることが多々あります。

それでは、なぜスポーツ障害を起こしてしまうのでしょうか?

ズバリ言いますがスポーツ障害を起こす原因は、日頃のハードトレーニングにより身体を使いすぎていることが挙げられます

「試合に勝ちたい」とか「良い結果を出したい」から皆さんは一生懸命練習をするかと思いますが、練習は身体を酷使するだけでは無く身体を休めることも立派な練習の一環です。

 

身体を鍛えるためには、負荷と修復が大事です

スポーツ選手が「試合で勝ちたい」や「良い結果を出す」為には、身体を鍛えたり体力の向上を図りますが、身体を鍛えるためには今ある現状の体力より身体に負荷がかかるようにトレーニング(練習)をしなくてはいけません。

ハードなトレーニングをすることで身体に負荷がかかり続ける為、負荷に耐えれなくなり身体は今まで以上に強化されていきます。

例えば、毎日ランニングを続けることで心肺機能は強化されより遠く又は長く走れれるようになったり、筋トレをすることにより筋肉が負荷に耐えられなくなり損傷しますが筋肉は修復と再生を繰り返すことで筋繊維を今まで以上に太くし筋力アップを図ることが出来ます。

この様に、我々人間の身体の組織は損傷と修復を繰り返すことにより体力や筋力といったモノが向上していきます。この修復する際に以前より強固な身体を作り出すことを超回復と言われております。

 

損傷と修復のバランスが大事です

我々人間の身体には超回復という素晴らしい機能が備わっていますが、練習方法を間違えると身体は超回復をしないでそのまま損傷ばかり溜め込み過ぎてスポーツ障害を起こします。

この間違った練習方法で代表的モノが昔の根性論で行う長時間の練習です。一昔前までは練習は長くやればやるほど良いという風潮があり身体が疲労しきっていても長時間の練習を行っていました。

勿論、合宿など短期間的に身体を苛め抜くことも大事ですが、合宿はあくまで短期間の為この間違った練習方法に当てはまりませんが、日々の練習で長時間の練習は間違った練習に当てはまります。

また、長時間の練習だけでなく休養時もしっかりと栄養を補給しないと身体はなかなか修復してくれなくて超回復は起こりずらくなります。

なので、体力の向上を図るためにはしっかりと身体の組織を一旦壊し(損傷させる)きちんと栄養を取りながら休息し身体をしっかりと修復させてからまたハードなトレーニングをするようにしましょう。

 

身体が修復するにはどのくらいの時間が必要なのか

損傷と修復の繰り返しで体力の向上が図られることが分かったが、身体が修復するのには一体どのくらいの時間が必要なのか分かりずらいですよね。

これは個人差があり一概にすべての方が「こうです」とはっきりとは申し上げにくいのですが、一般的に身体の修復にかかる時間は48~72時間と言われています。

また、72時間以上身体を休ませたのに疲労が抜けきらない又は溜まっているという時は練習がハード過ぎた場合がございますので練習メニューの改善が必要になってきます。

 

スポーツ障害の代表的な症例

スポーツ障害の中で代表的な症状では『疲労骨折』ではないでしょうか。

通常骨折と聞くと人とぶつかり合うようなコンタクトするようなスポーツで起こるイメージがございますが、日々の疲労が蓄積され常に同じ骨に力が加わり続けることでも骨は骨折してしまいます。

疲労骨折の代表的な箇所と言えば、常に腰に違和感を感じるようになる腰椎分離症(又はすべり症)や、陸上競技をしている方などはなんとなく足が痛いなぁーって時には脛の骨や足の骨に疲労骨折がある場合などがございます。

また、スポーツ障害で多いのが野球選手の野球肘やテニスプレーヤーのテニス肘ですね。

これら症状は別名で野球肘は肘の内側に損傷が多くみられ野球選手に多くみられるから野球肘と別名が付けられております。またテニス肘は野球肘とは逆に外側に損傷が起きた時につけらる名称です。

それと、バレーやバスケット選手に多いのがジャンパー膝で、ランニングをする方であればアキレス腱炎や足底腱膜炎などがございます。

 

スポーツ障害を予防するには

たんぱく質スポーツ障害を極力起こさないようにする為には、まずは十分な休養も立派な練習だということをしっかりと認識しなくてはいけません。

私もスポーツマンの端くれで試合が近くなると練習をせずにはいられなくなり逆に試合前に休むと不安が募りますが、休養をしないで試合に臨む場合と休養をして試合に臨む場合では試合でのパフォーマンスにしっかりと現れます。

また、しっかりと身体を休養することで怪我の予防などにも役立ちますので休養はしっかりと取るようにしましょう。

それと、ただ身体を休ませれば良いのかと思う方もいるかと思いますが、休養時食べる食事も大事です。身体の修復にはしっかりとした栄養がなくてはいけません。

管理栄養士などにしっかりと献立をたててもらえれば1番良いのかも知れませんが、一般的に身近に管理栄養士がいることなんて少ないかと思います。

なので、最低限のルールとしあまりジャンクフード類は摂らないようにし、バランスの良い食事を心がけるだけでも何も考えないで食事をするよりは良いかと思います。

またスポーツ障害に対する症状や対処法などコチラで説明しています

ご予約はお電話にて
0166-32-6779

旭川市の整体院
ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F

※駐車に関してはコチラをご確認ください

 

お勧め記事(一部広告含む)

-障害
-,

Copyright© 旭川整体 ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2019 All Rights Reserved.