旭川市で肩こりや腰痛・産前産後のお悩みならヨシダカイロまで

旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス

 0166-32-6779

営業時間 10:00~19:00(最終受付18:00)
定休日  日曜・祝祭日

雑談

○○が痛い時には冷シップor温シップ

更新日:

捻挫や打撲などした際には、皆さんは湿布などを貼り痛みや炎症を取り除こうとしますよね。

しかし湿布には通常「冷シップ」と「温シップ」の2種類あります。

そして、いつも聞かれるのですが「○○な時って冷湿布を貼れば良いのかそれとも温湿布を貼れば良いの?」って・・・

まぁ一般的には○○な時ってどちらの湿布を貼っていいのかって分かりづらいですよね。

スポンサーリンク

目的にあった使用方法をしてください

一般的に湿布は2種類ありますが、実は2種類の湿布には使用目的が違ってきます。

例えば、慢性的な痛みに対しては患部を温める為に「温シップ」を使います。

また、捻挫や打撲などの時には患部を冷やす(炎症を抑える)ためには「冷シップ」と言われています。

しかし、ここだけの話実際にはどちらのシップを使っても余り効果に違いはそれほどないんですがね・・・

 

シップでは患部を冷やしたり温めたりは出来ません

一般的にシップには下記の様な認識があるかと思いますが、実際には「冷シップ」を使っても患部はさほど冷えませんし、「温シップ」を貼っても患部が温まるこということもありません。

湿布薬のイメージ

  • 『冷シップ』=患部を冷やす
  • 『温シップ』=患部を温める

それではなぜ冷シップや温シップを貼ると冷えた感覚や温められる感覚になるのでしょうか?

実は「冷シップ」を貼ると『l-メントール』の効果で皮膚の表面だけが冷えた感覚になるだけで、実際には炎症などを起こしいる深部までは冷やす事が出来ません。※患部を冷やすことはあまりできないが炎症を抑える効果は期待できます。

また「温シップ」を貼るとポカポカと患部が暖かく感じますが、これはトウガラシ成分が温シップに含まれているので皮膚を刺激する事により表面が温かく感じるだけです。

それと、皮膚の弱い方はこのトウガラシ成分の刺激で皮膚が『かぶれる』という症状が出る方も多いですよね。

しかし、昔から腰痛の時にシップを貼ると痛みを感じなくなる(緩和される)と言われますがそれは何故でしょうか?

実は、「冷シップ」・「温シップ」には消炎鎮痛剤(サリチル酸メチル)が含まれており、消炎鎮痛剤が痛みを誤魔化しているだけです。

つまり、腰痛などの原因はそのままで痛みを誤魔化し続けているということになります。

痛みを誤魔化し続けていると最悪の場合には『腰椎椎間板ヘルニア』などの症状を悪化させる恐れがございます。

痛みは誤魔化さないで原因の改善をするよう心がけましょう。

 

最近は消炎鎮痛シップが主流となってきている

少し昔なら冷湿布と温湿布しかありませんでしたが、最近では病院などで処方される湿布薬と言えば消炎鎮痛湿布が主流になってきていますよね。

この消炎鎮痛湿布は冷湿布や温湿布の様に温感を与える目的では無く、炎症を抑えることと鎮痛作用が以前の湿布よりも強力になった湿布薬になります。

主な主成分はインドメタシン、ジクロフェナック、フェルビナク、ロキソプロフェン、ケトプロフェンなどの非ステロイド系の消炎鎮痛剤を含んだモノで以前の湿布薬よりも痛みなどをより抑えてくれるので湿布を貼るとケガや打撲などが治ったと勘違いをされる方が多いですよね。

またこの消炎鎮痛湿布は急性期や慢性期のどちらに使用しても問題ないので、以前の様に冷湿布と温湿布どちらを貼れば良いのか分からないといったことが無いかと思います。

しかし、私個人的には打撲や捻挫をしたときなどは早期にアイシングで冷やすのが1番良い方法かと思っています。

そしてアイシングが出来ない就寝時などに消炎鎮痛湿布などを使えばいいかと思います。

 

打撲やケガを早期に改善する方法

あるアメリカの大学での臨床試験で面白い実験が行われたのでお話いたします。

捻挫をした学生を対象に行った実験です。

学生を対象とした実験

  • 患部にシップなどの消炎鎮痛剤を使用
  • 冷却スプレーで患部を冷やした
  • 患部を氷水(氷嚢を使用)で冷やした

捻挫をした学生にそれぞれの方法で完治までの日数の経過をたどると、患部に冷却スプレーを吹き付けただけの学生は完治までに3週間かかり、また消炎鎮痛剤を使用した学生は完治までに2週間かかったそうです。

また、アイシングを行った学生は10日で完治したという結果だったそうです。

上記の報告は怪我をしてから24時間以内に行った結果で、これが48時間経過してから処置を行うと完治までにかかる時間が1.5倍になったそうです。

ですので上記実験の結果からもお分かりかと思いますが、打撲やケガなどをした際には速やかに氷嚢などで患部を冷やし、後日整形外科や整骨院など専門的に診てくれるところに行くことをおすすめいたします。

 

より効果的な氷嚢の作り方

氷嚢のを作る際にはより効果的に冷やしてくれる氷嚢を作るにはちょっとしたコツがございます。

このちょっとしたコツさえ覚えておくと、より効果的に患部を冷やすことが出来るので覚えておいて損はないかと思いますよ。

ポイント

  1. 氷嚢を作る際には先ずは袋に氷をいれ少量の水を入れます。
  2. そして袋の空気を抜いて出来る限り密閉状態を作ります
  3. 密閉状態にした後に袋の口を閉じます。

たったこれだけでより長く冷却効果が持続する氷嚢を作ることが出来ます。

よく氷嚢を作る際に見かけるのですが、大抵は袋の中の空気を抜いていないから氷が早く溶けてしまうんですよね。

ちょっとした手間をかけるだけなので是非氷嚢を作る際には空気を抜く作業も行ってみてください。

ご予約はお電話にて,
0166-32-6779

ヨシダカイロプラクティックオフィス
〒078-8232
旭川市豊岡2条2丁目 1-1
HGSビル1F


-雑談
-

Copyright© 旭川市の整体院ヨシダカイロプラクティックオフィス , 2019 All Rights Reserved.