旭川市内で産前産後の身体の不調でお困りの方は、「ヨシダカイロプラクティックオフィス」までご相談を!!

旭川市「骨盤の専門店」ヨシダカイプラクティックオフィス

産後 骨盤矯正

間違わないで!! 産後の骨盤ベルトの使用方法

更新日:

産後の骨盤ベルトの使用方法

骨盤ベルトや骨盤補正ショーツを着用している期間ですが、骨盤ベルトの付け始め時期は産後2ヵ月目を目安に骨盤矯正と平行して骨盤ベルトや骨盤補正ショーツを使いながら骨盤周りの筋肉を強化するエクササイズなどを行う事で効果的に骨盤のケアが出来ます。

また、締め付けられ感が嫌だといって直ぐに着用をお止めになる方も多数いますが、出来れば産後6カ月間は着用していた方がよろしいです。

締め付け感が嫌だからといって骨盤ベルトなどの着用を直ぐに止めてしまうと、後々骨盤が歪みやすくなる恐れがあるので、6カ月間は頑張って着用しましょう。

夏場に出産された方は補正下着などを使うと蒸れて嫌だと言う方もいますが、最近の産後の補正下着は蒸れずらく改善されているものが多いので少しの間我慢をし骨盤補正下着を着用ししっかりと骨盤のケアをすることにより、以前よりも美しい体型に生まれ変わる良いチャンスとも言えます。

 

使用者が多い「トコちゃんベルト」の注意点

当院にお越しになられる方でも多数の方が使用されている「トコちゃんベルト」ですが、商品としても大変素晴らしい商品ですが普段の日常生活でどうしても上にズレ上がることが多いかと思います。

骨盤を閉めるベルトの位置が上に上がってしまうと、せっかく骨盤を閉める為のベルトですが逆に骨盤を広げてしまう場合がございます。なので、これらのベルトはズレ上がったらコマ目に元の位置に戻すようにしましょうね。

そして、骨盤ベルトを巻くときに多くの方が骨盤の上部の方へ巻く方がいますがこれは間違った位置に巻いています。本来であれば骨盤中央部(大転子・足の骨の上あたり)に巻かなければなりません。

下記の画像を見ていただければお分かりになるかと思いますが、実際にベルトを巻く位置って意外と下の方になります。

産後に骨盤ベルトを使用されるのは良いことですが、間違った使用方法ですと本来の効果などが期待できない場合があるので使用方法をお間違いにならない様注意しましょう。

 

骨盤ベルトがどうしても嫌い!!だという方には

一般的に産後に着用する骨盤ベルトって普段の生活の中で徐々にズレてくるので嫌いだという方が多いですよね。なのでせっかく購入した骨盤ベルトも少しの間は着けていたが直ぐに着けなくなったという方が多いのではないでしょうか?

仕事柄「産後の骨盤ベルトは産後6か月目くらいまでは着けるよう」にと指導したいのが本当のところですが、イヤなモノを着け続けるのもそれこそストレスがかかります。

なのでそのような方の場合には、ガードルなどを身に着けるようにすると良いでしょう。

ガードルであれば骨盤ベルトのように普段の生活の中でもベルトがズレることがないのでそれほどストレスも感じず生活が出来るかと思います。また、ガードルといっても様々な種類の商品がございますがその辺で購入できる一般的な商品で構わないかと思います。

ただ、出来ればですが産後用に販売されているガードルの方が身体には優しい作りになっているので、改めて購入をされる様であれば「産後用のガードル」を購入されるのをおすすめいたします。

また、当院へお越しになられる方であれば「骨盤ベルト」と「ガードル」が一体化した商品もございますので気になるようでしたら一声下されば商品のご案内もさせていただきます。

 

【旭川市の整体院】
 ヨシダカイロプラクティックオフィス

【住所】   旭川市豊岡2条2丁目1-1 HGSビル
【駐車場】  専有駐車場 3台
駐車に関して詳しくは≫コチラをご覧ください
【営業時間】 10:00~19:00まで 最終受付18時
【定休日】  日曜・祝日
【お問合せ】 0166-32-6779
サイトURL 
yosida-chiro.com

-産後, 骨盤矯正
-, ,

Copyright© 旭川市「骨盤の専門店」ヨシダカイプラクティックオフィス , 2017 AllRights Reserved.