旭川市内で産前産後の身体の不調でお困りの方は、「ヨシダカイロプラクティックオフィス」までご相談を!!

旭川市「骨盤の専門店」ヨシダカイプラクティックオフィス

自宅で簡単に骨盤を整えましょう

投稿日:

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。最近、産後の骨盤矯正の施術を受けに来られる方が非常に増えてきておりますが、出来れば産後の骨盤矯正の施術だけでは無くご自宅で骨盤体操などと併用することをおすすめいたします。

 

そこで、ここではご自宅で簡単に出来る骨盤体操をいくつかご紹介したいと思います。あまり難しくは無いものばかりなのでご自宅で時間をみつけてコツコツ運動をするようにしましょうね。

 

骨盤体操を習慣化しましょう

すこし厳しい言い方かも知れませんが、ここ最近では仕事や家事が忙しい方が多く普段運動をされる方がめっきり減ってきています。特に育児などに追われる20代~30代の方なんて本当に運動不足の方が多いかと思われます。なので普段運動などをしないので身体の筋肉などは自分が思っている以上に衰えているのに自分では気づいていない方が多いです。

 

また、普段から身体を動かす習慣が無いような方はいくら簡単な骨盤体操の方法を説明しても2~3回骨盤体操をして直ぐにやめてしまう方がいますがこれでは骨盤体操の意味が全くありません。これら簡単な骨盤体操は毎日コツコツと行うことで骨盤の歪みを整えてくれるので出来る限り継続して行うようにしてください。

 

そして、このコツコツが中々出来ないと言う方が多いかと思いますが、ここで紹介する骨盤体操は『さぁこれから骨盤体操をするぞ!!』とわざわざ時間を作る必要がないので比較的長続きする骨盤体操です。例えば家事の合間のたった30秒でも良いですし、朝歯を磨く時のついでに出来る骨盤体操ならコツコツが苦手なあなたにもきっと出来るはずです。

 

簡単に出来る骨盤体操のやり方

まず、ご用意していただきたいものがございます。それはトレーニングなどで使用するゴムチューブです。ヨシダカイロでもお取り扱いはしておりますが、スポーツショップやホームセンターなどでも購入が可能ですし、販売価格も2,000円以下で購入できるので是非ご用意して下さい。

このゴムチューブを骨盤の中心部に巻き、ただ巻いた状態で腰を大きく左右に回します。

しかし、このゴムを巻く位置にご注意を!!巻く位置を間違うと骨盤を整えるどころか逆に歪ませる原因になりますので、詳しい骨盤体操の方法をご覧になり実施して下さい。

また、このゴムチューブ骨盤体操以外にも骨盤を整える体操をこちら 簡単に出来る骨盤体操でご紹介しております。

FREETOO フィットネスチューブ スーパーハード トレーニングチューブ レギュラータイプ 機器 男性 筋力トレーニング リフティング筋肉 レッド 15ポンドから35ポンドまで

 

骨盤ゴムチューブ腰回し体操

以前『巻くだけダイエット』を購入されている方は、そのゴムを使用してもOKです。まだ記憶に残っている方も多くいるかと思いますが、数年前に流行った骨盤にゴムチューブを巻いて腰を回す骨盤体操です。

 

このゴムチューブを骨盤に巻いて腰を左右に回すことによりゴムの力で骨盤が正常な位置に戻るという体操は、とても簡単で骨盤矯正に大変効果の高い体操ですがゴムを巻く位置を間違えてしまうと骨盤を正常な位置に戻すばかりか、逆に骨盤を広げてしまう可能性がございます。

 

しっかりとゴムを巻く位置を確認し骨盤体操を実施して下さい。

それではさっそく骨盤ゴムチューブ腰回し体操の方法です。

やり方はいたって簡単です。
ゴムチューブを骨盤に巻き腰を左右に10回ずつ回しましょう。たったこれだけですがゴムの力で骨盤が正常な位置に戻ろうとするのです。また、このゴムチューブを巻いたまま家事などを行うことで家事をしながら骨盤体操をしている事になりますので、ご家庭にいる間は積極的にゴムチューブを骨盤に巻いて身体を動かしましょう。そして、ゴムチューブを骨盤に巻いたまま日常を送ることで骨盤ベルトと同等の効果が期待できるので骨盤が歪むのを予防してくれますよ。

 

しかし、ここで1つ注意点がございます。このゴムチューブ腰回し体操や以前流行った巻くだけダイエットなんですが、ゴムを巻く位置を間違えて骨盤に巻いている方が非常に多いです。間違え位置にゴムを巻くと骨盤を整えるどころかかえって骨盤を広げてしまう可能性もございます。

『巻くだけダイエット』ではゴムを骨盤にただ巻くとしか説明が無くこのゴムを巻く位置まで正確に説明していなかった為、ヨシダカイロにお越しになった多数の患者さまはこれらの体操を実施したことにより骨盤が開き気味になってしまった方がいました。

ゴムチューブを骨盤に巻く位置は骨盤の上部ではなく、必ず中心部に巻く様にして下さい。

 

骨盤にゴムを巻く時の正確な位置

図を見ておわかりになるかと思いますが、大抵の方は骨盤と聞くと腰骨の辺りを触ってみると骨に当る位置が骨盤と思います。

 

これはこれで間違いではないのですが、ゴムチューブを巻く場合腰骨の辺りからさらに下の方へ進むと脚の骨(大転子)にあたります。この足の骨(大転子)と骨盤の間にゴムチューブを巻く様にしましょう。

 

そして、ゴムチューブを骨盤上部に巻くとゴムの力で骨盤の下部が広がりやすくなってしまいます。それはなぜかと言うと最近の女性は運動量が少なく骨盤周りの筋肉が弱いため骨盤上部にこのようなゴムチューブを巻くと骨盤上部にゴムの力が加わり骨盤上部だけ締めてしまい骨盤下部が広がってしまうのです。

言葉が悪いかも知れませんが、昔(今ほど車社会でない時代)ですと骨盤周りの筋肉がしっかりしていたので、骨盤上部にゴムチューブ等を巻いてもそれなりに骨盤は締まりましたが、現代人では骨盤上部にゴムチューブを巻くことは無謀な挑戦かと思われます。

 

骨盤の可動域を良くする仙骨体操

仙骨体操のお話をする前に仙骨について少し詳しくお話させていただきますね。

仙骨の働きとは・・・

骨盤とは左右の寛骨と仙骨からなり左右の寛骨は身体の前側で連結し恥骨結合を形成しています。

 

左右の寛骨に挟まれている仙骨で身体の荷重を左右の足へ負担を分散し左右の足へ荷重を移動させ、左右の足に掛かる重力に拮抗する力を骨盤内に分散させる働きあります。
何となく難しい説明ですが、簡単に説明すると普段かかる重力や身体からの重みを仙骨が左右の寛骨に力を逃がす働きを持っているとの事です。

この身体からの重みを上手く左右の寛骨に逃がす事が出来なくなると腰(腰椎)に負担が掛かり腰痛になったりしますので仙骨の可動域は骨盤にとってとても重要な事なのです。

 

仙骨体操の方法

 

それでは早速仙骨体操の方法を説明させていただきます。

ご用意する物は半円の枕になります。

ストレッチポールハーフカットタイプが楽天などでもお買い求めになれます。
参考までに楽天(ネットショップ)にてハーフカットタイプをお求めの場合下記商品となります
それではさっそく仙骨体操の方法です。

 

これもやり方は簡単です。

  1. 仰向けで寝て半円の枕を仙骨の下に入れます。
  2. 両膝を立てて膝同士をつけます。膝を付けた状態で膝を左右にゆっくり倒します。
  3. 左右往復で1回とカウントしこれを10回行います。
    自重(自分の体重の重さ)で骨盤が下方に押し込まれますが半円枕がこれを上に持ち上げる形となり、この時膝を左右に振る事で仙骨の可動域を広げる役割を果たします。

この仙骨体操をすることで仙骨の動きが良くなり骨盤周辺への負担が軽減されます。

簡単な骨盤体操を2つほどご紹介させていただきましたが本当に簡単に出来ることなのでご自宅で行うようにしてください。もちろん2~3回程度行っても効果なんて期待は出来ませんのでコツコツ続けるようにしてくださいね。

 

【旭川の整体院】
 ヨシダカイロプラクティックオフィス

【住所】  旭川市豊岡2条2丁目1-1 HGSビル
【駐車場】 正面専有3台 詳しくは ≫コチラ
【お問合せ】0166-32-6779
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】 日曜/祝日/不定休
【公式サイト】  https://yosida-chiro.com/

-骨盤矯正
-,

Copyright© 旭川市「骨盤の専門店」ヨシダカイプラクティックオフィス , 2017 AllRights Reserved.