旭川市内で産前産後の身体の不調でお困りの方は、「ヨシダカイロプラクティックオフィス」までご相談を!!

旭川市「骨盤の専門店」ヨシダカイプラクティックオフィス

骨盤

猫背改善! 骨盤を「たてる」ってどういう意味なの?

投稿日:

旭川市の整体院「ヨシダカイロプラクティックオフィス」です。

最近では猫背のような姿勢が悪い方が本当に増えましたよね。また、最近の猫背姿勢の大半の方は骨盤が後傾していることが多く普段の生活習慣の影響をモロに受けているように感じられます。

 

良い姿勢の保ち方が間違っています

猫背の方って見た目にも健康面でもあまり宜しくはないことは皆さんも重々承知かと思います。

なので、ご自身で普段からい姿勢などに気を使われているかとは思いますが、長時間良い姿勢を保とうとすると背中や腰が直ぐに痛くなり良い姿勢を保つのを断念しますよね。

なぜ良い姿勢を長く保てれないかと言うと、実は皆さんが思っている「良い姿勢」の作り方が間違っているからなんです。なので、間違った姿勢の作り方をしているのでこのように背中や腰などが痛くなるのです。

 

きれいな姿勢を作るには骨盤が大事です

実際に皆さんがきれいな姿勢で座ろうとすると大抵の方は背中などに力を入れて無理やりきれいな姿勢を作ろうとしますよね。

しかし、きれいな姿勢を作るためには先ずは「骨盤をたてる」ことをしなくてはいけません。

骨盤がたっていると自分で背中に力をそれほど入れなくても自然に背筋は伸びてきれいな姿勢になってくれるかと思います。もちろん多少は背中の方へにも意識し力を入れなくてはなりませんが、骨盤が「ねている状態」と「おきている状態(たっている)」では背中への力の入れ方は全然変わってきます。

なので長時間きれいな姿勢で座っていても今まで同様に背中や腰が痛くなることは無くなります。

 

「骨盤をたてる」って意味が分からない

私たちの様な仕事(整体師)をされている方なら「骨盤をたてる」といえば意味が通じますが、一般の方の場合「骨盤をたてる」と言われてもどのようにすればいいのか分からない方が多いかと思いますのでここで少し「骨盤をたてる」について詳しく説明させてもらいます。

 

「骨盤」っていう言葉自体皆さんにも十分認識された言葉なので分かるかと思いますが、本来私たち人間の背骨は首が前弯し背中は後湾しそして腰から下はまた前弯している状態です。※背骨は横から見るとS字カーブをしている

なので、図を見ていただければお分かりになるかと思いますが、本来骨盤は若干前側に倒れている状態でこの状態こそ理想的な「生理的湾曲」と言われています。

この「生理的湾曲」が崩れてくると猫背などの姿勢になりやすくなり、「肩こり」や「腰痛」などといった皆さんがいつも悩まされる症状を訴えるようになってしまいます。

 

また、これら生理的湾曲が崩れる要因の一つには普段の生活環境が大きく関与しています。

例えば普段皆さんは座る時に椅子などに浅く腰をかけ背もたれにもたれ掛かるように座りますが、この姿勢を横から見てみるとどのような姿勢になっているか想像できますか?

まず、椅子に浅く腰をかけるので骨盤はねている状態(後湾)になります。また背もたれによしかかるので背骨は前に丸めた状態(前弯)になり、そして最後に首は前側に出る状態になりますよね。この姿勢なら先ほど生理的湾曲のお話をいたしましたが、背骨は全く逆の状態になってしまいますよね。

普段からこのような姿勢でいることで私たちは知らず知らずのうちに、本来の姿勢が分からなくなり骨盤をたっている状態も自分では分からなくなってしまうのです。

 

自分の骨盤の状態をチェックしてみましょう

普段から悪い姿勢でいることで自分の骨盤がどの様な状態になっているのか分からない方の為に、今自分の骨盤がどの様な状態なのか簡単にチェックする方法を何通りか説明いたしますね。

 

座った状態でチェックする方法です。まず固めの椅子などに腰をかけてみます。本来であれば椅子と骨盤の骨(座骨)が当たっている(座骨が感じられる)状態になるのですが、骨盤がねているとお尻の肉しか感じられません。※当院にお越しになられる方へも施術前と後にこれと同じようなチェックをさせてもらいますが施術前にはお尻のお肉しか感じられ無かった方でも施術後には大抵の方が座骨を感じられる状態になります。

 

また、立ったままで骨盤の状態をチェックする方法は、まず壁に頭→背中→お尻→踵(かかと)と順に付けていきます。この時腰の隙間をチェックすると骨盤の状態が分かります。

本来良い姿勢であればこの立ち方でも楽に立っていられますし、腰と壁の隙間は手の平1枚半くらいあいています。しかし、骨盤がねている状態ですとこの状態で立っているとなんとなく窮屈な感じで腰と壁の隙間があまり無い状態になります。※手の平が1枚分もしくは1枚分もない

また、逆に腰と壁の隙間が2枚分以上開いている方は腰が起きすぎている状態となります。

※ここで紹介しているチェック法は簡易的なことなので必ずしも正確ではないこともございますので本当にご自身の骨盤の状況を知りたい方は専門的な整体院などでチェックすることをおすすめいたいます。

 

骨盤がねていると色々なデメリットがあります

ご自身の骨盤の状態はどうでしたか?ちゃんと骨盤はたっていましたかね?骨盤がたてるについて少し説明させていただきましたが、ここで少し骨盤がたてれないとどのような悪影響があるのかお分かりになりますか?

骨盤がねている状態のデメリット

  • ポッコリお腹になりやすい
  • 猫背になりやすい
  • お尻が垂れやすい
  • 消化吸収が上手くできない
  • 肩こり・腰痛になりやすい

簡単にデメリットをあげてみるとこんな感じになります。もちろん上記に挙げたデメリット以外にもたくさんのデメリットがございますよ。

 

もし、ご自身の骨盤の状態が悪いのであれば出来るだけ早いうちに本来の姿勢を取り戻すように努力をするようにしましょう。姿勢というのは若ければ若いうちに修正した方が変な癖などがないので改善しやすですよ。

【旭川市の整体院】
 ヨシダカイロプラクティックオフィス

【住所】   旭川市豊岡2条2丁目1-1 HGSビル
【駐車場】  専有駐車場 3台
駐車に関して詳しくは≫コチラをご覧ください
【営業時間】 10:00~19:00まで 最終受付18時
【定休日】  日曜・祝日
【お問合せ】 0166-32-6779
サイトURL 
yosida-chiro.com

-骨盤
-, , ,

Copyright© 旭川市「骨盤の専門店」ヨシダカイプラクティックオフィス , 2017 AllRights Reserved.